Kサポーター
評価
映像 とても良い
音楽 とても良い
ストーリー とても良い
キャラクター とても良い
全体 とても良い

【一人じゃない】
ーーー
その言葉は、これまでの数多ある物語ではヒーローから誰かへのメッセージだった。

【("君は") 一人じゃない】と。

私はかねてからこの言葉には疑念を抱いていた。その言葉で救われる想いもあっただろうが、私には逆に、その言葉を誰かから言われない限り、抜け出すことはできないという絶望を暗示しているようにも思えたからだ。
ーーー
本作に登場するスパイダーマンたちヒーローは、自身が皆、等しく孤独を感じていた。
そんなヒーローたちが次元を超えて他のヒーローたちと出会ったことで、仲間がいることの心強さを知る。

【("自分は") 一人じゃない】と。

各々が、ずっと一人で戦ってきたヒーローだからこその悩みがあり、体験や心情的な意味で、誰にも理解されることがなかったからこそ、この出会いは希望だったに違いない。
ーーー
しかし本作の主人公・マイルスは、スパイダーマンになったばかりで、他のヒーローたちのように活躍し誰かを救ったという実績もなければ、まだ自分で能力をコントロールすることもできなかった。

同じスパイダーマンだけれども、同じヒーローではない。
その事実が、より一層彼の無力さを、孤独を、彼自身に重く痛感させただろう。

そんな時、マイルスの父からの言葉を受けて、彼は彼自身の中で、覚悟と勇気を見出す。

【("自分は") 一人じゃない】と。
ーーー
本作は、ヒーローだから強いとかカッコいいとかではなく、マイルス自身が、"自ら奮い立つことでヒーローになった"のだということが、私にとっての大いなる希望に感じられたのだ。

物語を終えて、ヒーローたちは互いの次元を離れたが、【一人じゃない】という可能性が、この先の彼らにも、そして私にも、きっと胸に残り続けるだろう。

Kが書いた感想

Sony Pictures Digital Productions Inc.

スパイダーマン:スパイダーバース