見る前はゆるゆる百合でもお話なのかなと思っていましたが、実際見てみると、二人の人間性を深くエグっていく展開に目が離せなくなりました。

出だしは主体性が薄かった主人公が、村上に惹かれたり、時間停止の能力が失われる中で、積極的に村上を理解しようとする姿勢の変化が心地良い。そんな中での村上の大量の単語帳は衝撃的で。そこまで村上遥を作り上げていた彼女に、本当の気持ちを気付かさせた主人公の終盤シーンが本当に印象的で、不器用さが本当に青春だなぁと。百合だけでない深い人間描写にすんごい満足感

アシアシが書いた感想

2019 さと(秋田書店)/「フラグタイム」製作委員会

フラグタイム