評価
映像 良い
音楽 良い
ストーリー 良い
キャラクター とても良い
全体 とても良い

特に前半、登場人物の描写が丁寧に行われたことで、物語にすぐに入り込むことが出来た。
特に印象的だったエピソードは2話。例年ならばキャラクター紹介が始まっている話数で、それよりも優先して主人公であるのどかの「強さ」や、ラビリンとのパートナーシップが描いていたことに驚かされた。
またドキドキ!プリキュア同様、今作は各プリキュアに担当妖精が就くシステムだった。妖精たちは例年以上に魅力的なキャラクターで、パートナーとの絆が多く描かれたのもよかった。

レギュラーキャラクターは皆魅力的だったけど、それでも、主人公であるのどかが文字通り中心となって話を引っ張っていたと思う。
劇中、のどかの美点は「やさしさ」であると言われていたが、それは彼女が苦しみを知っていたが故。また、病人であるのどかを心配した隣人達が、のどかに分け与えた「強さ」に由来していた。
やさしさと強さが無関係ではないものとして描かれ、のどかの「やさしさ」よりさらに本質的な部分での「強さ」が、プリキュアの資質として強い説得力で描かれていた様に思う。

のどかの闘病や、プリキュアたち各々の人生の苦境への克服。のどかはこれらを「戦い」と呼んだ。
事実、体内を舞台としてのどかとダルイゼンは、本来の意味でも戦い続けていたのだけど。42話はこうした「戦い」のひとつの区切りであり、結論と向き合うことへの葛藤をラビリンに吐露しながらも、出した答えの「強さ」に魅力を感じた。
個人的には、隣人や地球に害を及ぼすビョーゲンズを救わなければいけない道理がないと思う。ダルイゼンは救いを求めるばかりで反省もなく、取引するに足る譲歩もなかった。正解のない問いだったかも知れないが、のどかに対しては「自分と立場が一致する」ことではなく、葛藤の末の決断と、その力強さに魅力を感じた。

最終話で、苦境を克服する為の「戦い」こそが「生きる」ことであると総括された。
「生きる」とはありふれた言葉だけど、のどかの「強さ」に魅力を感じたことをふまえて、ヒーリングっど♥プリキュアとは壮絶な生の物語だったと感じた。

ぷーざが書いた感想

ABC-A・東映アニメーション

ヒーリングっど♥プリキュア