魔法少女まどか☆マギカ

5434
視聴者数
95.59%
満足度
88
評価数

基本情報

タイトル (かな)
まほうしょうじょまどかまぎか
メディア
TV
リリース時期
2011年冬
公式サイト
www.madoka-magica.com
公式Twitter
@madoka_magica
ハッシュタグ
#madoka_magica
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
2077

動画サービス

シェア

Annictサポーターになると広告を非表示にできます
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

みんなの感想

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
お気に入りリスト
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
今まで典型的な魔法少女モノだと思って意図的に見ていなかったけど、間違ってた。ここまで人間の心理を的確に表現できた作品なんてかなり珍しいと言っていいだろう。間違いなくこの作品はアニメの歴史に名を残したと言っても過言ではないと個人的に思っている。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
絵と題名で勝手に決めたらだめだと感じた 食わず嫌いだったなと思う ダークファンタジーだった ほむらのループ地獄な鬱展開がなんとも泣ける 助けたいのに助けられない 気になって見だしたら一気見してしまった
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
この作品をリアルタイムで観ることができなかった、つまりリアタイできなかったことが非常に悔やまれるばかりである。視聴すれば、「生き方」について考えさせられ、そして、自己−他人の関係性を見つめ直すことができるだろう。「希望と絶望は差し引きゼロ」この言葉を胸に刻んでいきたい。推しはまどかである。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
絵と題名で観なかったことを恥じました。 最高です。
大好き、イヌカレーさん目当てでリアタイ視聴してて本当に良かったと3話で思った。 そしてそれ以上に衝撃的な10話、すごかった‥‥。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
発展途上で危うく脆い少女たちだからこその葛藤や絶望・希望とは何であるかなどについて考えさせられた。キャラクターと背景の作画のアンバランスさが逆に良かった。独特の世界観が面白い。最初から最後までほむらちゃんがすごく好き。杏子ちゃんの最期のセリフとその後のエンディングの曲の組み合わせが最高。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
見た感じの絵は、微妙なタッチ、、、と思って見てたけど。。。 かなりおもしろかった! 4話くらいまで観たら、最後まで観ちゃいます!
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
良き
衝撃の魔法少女作品
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
神アニメ 2話迄はつまらないが、これが逆に3話との落差を作っているので良い 8話から10話は涙なしには見られない 10話のまどかとほむらのシーンは特に感動できる 音楽はSAOなどでも活躍している梶浦由記さんが担当しているが、これがまたシーンそれぞれに合っていて素晴らしい 独特な世界観を持ってる魔女は劇団イヌカレーによるものだが、その世界観には引き込まれる ストーリーもよく練られており、詐欺と称されるopが実は話の伏線というのも驚きだ 10話見て全てが分かった 兎に角神アニメなので、是非一回は見てほしい
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ここまでの作品だと思っていなかった。間違いなく見るべきアニメ。テクニカルな要素で全く飽きさせないところはさすがだし教訓は本当に刺さる。また見返したい。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
PV詐欺系アニメ(褒)伏線回収も綺麗で鬱系アニメ最高峰。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
本編と同じく、長閑な始まり→謎に次ぐ謎で緩急つけつつ衝撃の終わりに繋ぐ構成。ファンムービー的な側面が強い
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
記録
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
はからずも魔法少女となった少女の、永く果てしない孤独な戦いの物語。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
キャラデザからは想像もできない展開が続く 「あなたを救う。それが私の最初の気持ち。今となっては…たった一つだけ最後に残った道しるべ」第11話の暁美ほむらの台詞ですが、この台詞に辿り着くまでの彼女の孤独な戦いの心情を思い描くと切なくなりました。 今でこそアニメ史に残る作品といわれていますが、放送当時私もこの作品の考察にとても夢中なったことを覚えています。 このまどかマギカの物語の真の主人公は誰なのか。その問いは紛れもなく暁美ほむらという女の子でしょう。 第01話でまどかのクラスに転校して自己紹介をされ、まどかを知っているかのような振りまいを見せたほむら。 まどかはこの時点で夢の中の不思議な女の子としか認識していなかったけれど、キュウべえと出会い、巴マミの案内を得て魔女という存在を知ったまどかは、暁美ほむらに幾度となく助けられていたことに気付きます。 10話をみてまた1話から見直すと今までまどかが主役と思っていたストーリーが見事にほむら主役に見えるというギミックは本当に見事で、観ればみるほどほむらに感情移入してしまう構成には涙しました。 11話のワルプルギスの夜戦の重火器のオンパレードは劇場版クラスの派手さです。 キャラクターデザインの可愛さ、魔女空間デザインの奇抜さ、劇半曲のおどろおどろしさもあって何度見ても飽きなくて自分でも驚いています。 当時まどかの下した最後の行為は賛否両論の議論を呼びました。一人が犠牲になり残された者は戦い続けるという結末はとても神話的です。 まどかのいない世界で戦い続ける暁美ほむらはそれで幸せなのかい?という視聴者の疑問は、まどかマギカ劇場版3部作の完成をもって新たなステージに移行しました。 自衛隊の駐屯地やヤクザの事務所から銃火器を盗むほむらの様子とかそういうのはPSPのゲーム版がばっちりフォローしていますのでそちらもおすすめです。