天空の城ラピュタ
1986 Studio Ghibli

天空の城ラピュタ

5059
視聴者数
-%
満足度
0
評価数

基本情報

タイトル (かな)
てんくうのしろらぴゅた
タイトル (英)
Tenkuu no Shiro Laputa
メディア
映画
リリース時期
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList
513

シェア

スタッフ

丹内司
作画監督
斯波重治
音響監督
久石譲
音楽
徳間康快
製作
宮崎駿
監督・脚本
高畑勲
プロデューサー
原徹
アニメーション制作
スタジオジブリ
アニメーション制作

動画サービス

評価
全体
良い

-

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

スタジオジブリ制作の第1作目。1986年。

大人になってからじっくり見ると、子供の頃には意識していなかった(覚えていない)シーンが沢山あって新鮮。

なぜ強大な力をもって地上を支配していたラピュタ王国が滅びたのかだろうとずっと考えながら見ていた。

その答えとして、
終盤にシータがムスカに言った言葉がささった。

「今、ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。
 ゴンドアの谷の詩にあるもの。
 『土に根をおろし、風と共に生きよう。
 種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。』

 どんなに恐ろしい武器を持っても、沢山のかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!」

ロマンブックでもパンフレットでも、「奇病によって地上におりざるをえなかった」ようである。

現実的に、人類は土に触れながらでなければ生きていけないのだろうかと考えるのは興味深い。

ところどころに、宮崎駿の茶目っ気というか、遊び心が見え、
登場人物それぞれの魅力、シリアス、笑いあり、考えさせられるところもあり、また見たいなあと思う。

エンディングでラピュタが宇宙に浮いているようにみえるが、同じ場所の上空にとどまっているし、ジブリの公式見解では、酸素のあるところにとどまっているそうなので、生き物は大丈夫らしい。
が、あれだけ高度で酸素濃度や気温は大丈夫なのか…と現実的なことを考え出すと野暮なのでやめておこう。

子供にとっては明るい活劇で楽しめるし、
大人の視聴にも十分耐えられる、名作でした。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

完成度高い!!やっぱり、パズーがシータをかっさらうシーンが1番好き。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
とても良い

よすぎる

評価
全体
とても良い

やっぱすげー

正直、バルスってつぶやいてる余裕ないくらい見入ってしまってた。

幼い頃に見た二人の純真さとそれへの憧れはそのままに
対比として変わってしまった自分に申し訳なさを感じる。

見る時代によって変わる何かをこれからも体験していくのかなぁ。

統計

Watchers

Status