「SHIROBAKO」製作委員会

SHIROBAKO

5670
視聴者数
97.71%
満足度
610
評価数

基本情報

タイトル (かな)
しろばこ
メディア
TV
リリース時期
2014年秋
放送開始日
2014-10-08
公式サイト
shirobako-anime.com
公式Twitter
@shirobako_anime
ハッシュタグ
#musani
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
3524
MyAnimeList
25835

動画サービス

シェア

SHIMIZU Takuサポーター

思った以上にイデオン色強かった。

0

遠藤さんの葛藤を中心に作画から3DCGへ移っていくのか?という不安と対立が描かれて、ひたすら煽るタロウと何だかんだでまとめてしまうみゃーもり。自分は将来なにがしたいか分からないという悩みへの突破口となる体験になっていくんだよな。

0

やっぱりアニメで平和は生まれる

0
Shimba, Kojiサポーター

遠藤さんの奥さんの中の人、妹ちょの美月を演じた人だったのか。落ち着いた声も良いなあ。

0
とても良い

伏線回収回、最高じゃん

0
Shimba, Kojiサポーター
とても良い

やっぱり水島さんが選んだ(と思われる)声優さんの声はどれも好みだな、と、役者1と2を演じた高橋李依さんと下地紫野さんの名前を見て思った。高橋さんは他の回でもちょこちょこモブキャラを演じてるな。出番の少ない主要キャラより出てるようなw

0
bakorerサポーター
良い

原点回帰、たまにするといいよね。

0
とても良い

絵が描けなくて3Dを始めたと言うみーちゃん・・2Dを見て勉強しなきゃって・・・VRが盛り上がっている今、改めて聴けてイイ台詞だなぁ・・・。あと遠藤さんと下柳さんが和解して本当に良かった・・・熱い意思がやばい・・・

0

私たちの仕事だって厳しいじゃない、厳しさの種類が違うだけだよ。
ああ~しろばこは名言ばっかり!歩み寄りが・・・だいじ・・・

0
とても良い

原点回帰してきますっ!

0
とても良い

☆☆☆☆(4)
 何かを好きな気持ち。上司にはきちんと報告しよう。木下監督の気持ちはわかるような気がする。うる星やつら?

0
とても良い

イデポンの意志

0
とても良い

みゃーもりとは仕事したいな

0
とても良い

最後に作り上げたものが流れる演出、リテイクのときと同様のものだったが、やはり良い。

0
とても良い

毎回見ごたえのある展開で退屈しない、いいね

0
とても良い

イデポン展での意気投合からの、最後の遠藤さんと下柳さんのやり取り。
女の子とかじゃなく、大人の男同士の会話にもグッときてしまう。そんな作品なんだよなあ。

0
良い

タローを介さず、作画と3D直接会えば目指すところは同じなので無事解決。最後は手描き作画マンの意地を見せる。
人材不足の業界。ムサニの制作進行はカナンに引き抜き?人が減ったら、少しはタローも意識を変えるかな。

0

「イデオン」を知っていると、また違って見えるのかも
3DCG VS 作画 といっても、それなりの技量があってはじめて対立しえるもの 「ジュラシック・パーク」のCGとアニマトロニクスみたいな感じ
瀬川と遠藤の住環境の差はなんなの?

0
良い

仲違いしていたCGスタッフと手書きスタッフが過去の名作(イデポン)の回顧展をきっかけにそれぞれの原点を振り返り仲直りする内容。イデポンの元ネタを知ってるとさらに楽しめるかも? というか今のアニメ関係者にとってイデオンはやはり特別な存在なのかなぁ。あんなすごいのそうそうないもんな。

0
統計
満足度
98.15%
記録数
340
評価数
27
コメント数
19
評価
記録数