甲鉄城のカバネリ
カバネリ製作委員会

甲鉄城のカバネリ

4506
視聴者数
71.55%
満足度
269
評価数

基本情報

タイトル (かな)
こうてつじょうのかばねり
タイトル (英)
Koutetsujou no Kabaneri
メディア
TV
リリース時期
開始日
2016-04-08
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

スタッフ

荒木哲郎
監督
大河内一楼
シリーズ構成
瀬古浩司
脚本
美樹本晴彦
キャラクター原案
江原康之
キャラクターデザイン
江原康之
総作画監督
丸藤広貴
総作画監督
浅野恭司
総作画監督
吉原俊一郎
美術監督
三間雅文
音響監督
澤野弘之
音楽
WIT STUDIO
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

一部設定などにおいて腑に落ちない点はあったが、テンポが良いので飽きずに楽しんで見れました
最終回の戦闘は熱い

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

見応えあった。セリフが口説くないから集中して見ないといけない。緊張感とスピード感があって1話が短く感じる。12話で終わるのが勿体ない…まだ楽しめそうなのに。ちょっと残念だと感じたのは最終回にイコマが覚醒した後に、急に掌から一発レーザービームがでてビバの副官を倒した瞬間。ここまでそんなこと無かったのに急にSF。カバネとかカバネリとか言ってるからそもそもSFなんだけど…レーザービームはチートだ

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
良い

海門編まで見終わりました。
ゾンビアニメです

キャラデザが古臭い、最近の流行りのキャラデザだったらどんなに良かったかと思いながら見てた
主人公の声優が下手くそすぎて草

作画神、ヒロイン可愛い、音楽良い、物語は正直微妙ww

動きや背景の作画がとにかく神がかっているのでアニメオタクにはそれだけでおすすめできます。
WITはほんとすごい、進撃の巨人の制作スタジオなのでほんと信頼がある

【★★★★☆】💿

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

〇面白かった

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

Amazon PrimeVideo のときは見なかったのですが、Gyaoでなんとなく見ることに。
実に惜しい。

みなさんも言及しているように「美馬」の登場から話がぼんやりと…
あれだけの人を動かしているのに動機が弱々しくて。
なんで皆従うのかとか辺りが端折られていて、置いてきぼり感がね…
わざわざ、甲鉄城から血を集める必要性があったのか?とかね。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

設定が深くない進撃の巨人。話のテンポが早くて良かった。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

超作画に澤野BGMとこの時点で成功を匂わせた。実際前半はとても面白かったが、後半に入って出てくる美馬さん周辺の説明不足が乏しく流れで楽しむ事ぐらいしか出来なかった。とても惜しい作品。

評価
映像
とても良い
音楽
普通
ストーリー
良くない
キャラクター
とても良い
全体
普通

話題作でしたが、放送当時数話だけ見て放置していました。Netflixで配信されていたので、一気見しました。
序盤は良かったのですが、美馬が出てきた辺りからストーリーが何だかおかしくなってきて、だんだん何でもありな話に。こっちもだんだんどうでもいいや、という気分に。私欲だけで動く美馬に、なぜあんなに多くの家臣が付き従っているのか謎です。動機の描写が無いので見ているこちらには理解不能な動きにしか見えません。
作画が化け物クオリティなだけに既視感のある強引ストーリーが本当にもったいないです。
声優の演技は良かったです。主演の畠中さんはまだ若い感じはあるものの、ある意味声優らしくなくて自然でした。
ですがBGMは…。澤野さんの歌入りの楽曲は使う場所を間違えるととんでもなくダサく聞こえます。ギルティクラウンなどは良いなと思いましたが、今回の作品は流れるシーンと相まってダサくなっているように感じました。インストゥルメンタルは悪くなかったです。
結末が本当に微妙なので、全体的には普通でした。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

惜しい作品

統計

Watchers

Status

関連作品