終末のイゼッタ

1921
視聴者数
74.58%
満足度
174
評価数

基本情報

タイトル (かな)
しゅうまつのいぜった
タイトル (英)
Shuumatsu no Izetta
メディア
TV
リリース時期
開始日
2016-10-01
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

スタッフ

藤森雅也
監督
吉野弘幸
シリーズ構成
吉野弘幸
脚本
BUNBUN
キャラクター原案
山下祐
キャラクターデザイン
山下祐
総作画監督
月刊PANZER
軍事ディレクション
和泉貴志
軍事ディレクション
柘植優介
軍事ディレクション
オレンジ
CG制作
GREEN
美術
長崎行男
音響監督
未知瑠
音楽
亜細亜堂
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
良い

〇面白かった

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

戦記モノ ライフルの上に乗っての戦闘シーンはほんと秀逸 見直してて思ったのはやっぱり2クール欲しかったなってところ イゼッタとフィーネの愛は本当美しい あのエンドも個人的には好き

評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

戦記モノでありながら「第二次世界大戦に魔女が参戦したら」というファンタジー要素を含んだ異色の作品。斬新な設定と大国の大軍勢を圧倒する迫力満点の戦闘シーンは良かったが、それ以上にイゼッタとフィーネの人間ドラマが美しかった。

エイルシュタット公国の公女・フィーネと、幼い頃に彼女が森で出会った少女・イゼッタ。
イゼッタは、この世界でただ一人の「魔女」の末裔だった。

欧州制圧を目論むゲルマニア帝国と、それに立ち向かう小国 エイルシュタット。フィーネの力になりたいイゼッタは「魔女」として戦争に身を投じることを決意する。
しかし、そこに現れたのは…

銃に跨った少女の絵がとても印象的、悪くない展開だった。兵器と魔法、約束と裏切り、そして終末…自己犠牲。個人的に唯一 受け入れがたかったのは百合要素。

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

1話がとても良くて、勉強になりました。
結末も好きです。
壮大な話なので1クールで語り尽くすのは難しかったのでは?

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
良くない
キャラクター
普通
全体
普通

愛する人に「あいつ、俺の死後、俺の国にするかわからんから殺しといてくれや」とか言われて恨むラスボスに対して「当たり前やろ!王様はみんなのことを考えるんや!1人くらい切り捨てるで!ワイは殺されても平気や!」の返しはどうなんすかこれ…
がっかり系。設定とイゼッタの戦闘はいいよね。ライフルで飛ぶんや!ゴーゴー!

統計

Watchers

Status