Fate/Grand Order –First Order–

1261
視聴者数
-%
満足度
0
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ふぇいと ぐらんど おーだー ふぁーすと おーだー
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー

シェア

スタッフ

TYPE-MOON
原作
奈須きのこ
ストーリー原案
武内崇
キャラクター原案
塚田拓郎
助監督
後藤圭佑
キャラクターデザイン
赤石沢貴士
デザインワークス
竹澤聡
色彩設計
佐藤豪志
美術デザイン
海老澤卓也
美術監督
松井伸哉
撮影監督
定松剛
編集
川崎龍
音楽
高寺たけし
音響監督
HALF H・P STUDIO
音響制作
Lay-duce
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
良い
全体
良い

FGOやってなかったので背景を知るために放映してくれたのは助かりました。

評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

FGO新規勢で2章やってる途中にこのアニメの存在を知って視聴
最初のチュートリアルのサーヴァント戦を省略して、アニメのためにちゃんと構成は考えてあった。
登場キャラクターの説明は丁寧にやってくれていて、特異点Fに飛ぶまでの主人公の個性とかもちゃんとわかりやすくアニメになっていた。
特に序盤はスマホゲームの方で死ぬほどやったリセマラでみた光景まんまといっても良いくらい良い出来のアニメになっている。
作画崩れも特になく、特にマシュの盾のデザインなど見所はしっかりあったように思う。
今作は劇中で説明があった通り、冬木の聖杯戦争の特異点で原作staynightの続編的な見方も出来るように作られているので、ゲームのFGOを知らなくても、Staynightファンならすんなり世界観に入れるのではないだろうか。
いつもならランサーで召喚されるはずのクーフーリンの兄貴がキャスターで召喚されているのが変更点として新鮮に映った。
アニメとしてはゲームでは省略された舞台背景や戦闘シーンの数々、話としてはいつも敵のキャスターが味方でいつも味方のセイバー(アーサー王)が敵という点も見所が多い。
途中マシュの宝具の解放がクーフーリンとの模擬戦ではなく、マスターとの絆での解放なのも良い変更点だった。
最後に登場するレフの黒幕感も声がつき、所長の絶命の瞬間などアニメに魅入った。
(好みがわかれるだろうが、ゲーム版の目が丸くなるレフの狂気の表情が好きなので違うのは気になった…)
FGO自体がfateシリーズのマルチバース形式、すなわち色んなfate作品にアクセスして事件を解決する作品なので沢山のキャラが出せるソシャゲや単発アニメにするには丁度いい作品なのかもしれない。

評価
映像
良くない
音楽
良くない
ストーリー
良くない
キャラクター
良くない
全体
良くない

微妙よこれ。無心になる

評価
全体
良くない

原作は良いんだけど(ゲームの方)Lay-duceにはがっかりだよ。

オルガ所長可愛いなって思ってたら・・・

ゲームをやりたくなるい作品だった

統計

Watchers

Status

関連作品

Fate/Grand Orderシリーズ

Fateシリーズ