ヒナまつり
大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

ヒナまつり

3153
視聴者数
97.1%
満足度
1157
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ひなまつり
タイトル (英)
Hinamatsuri
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!

暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか?

お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!

引用元: http://hina-matsuri.net/

スタッフ

大武政夫
原作
及川啓
監督
大知慶一郎
シリーズ構成
神本兼利
キャラクターデザイン
神本兼利
総作画監督
松原桂
助監督
枡田邦彰
キーアニメーター
竹内哲也
キーアニメーター
荒木涼
キーアニメーター
吉原俊一郎
美術監督
青木薫
美術設定
美峰
背景
岩井田洋
色彩設計
中村雄太
撮影監督
平木大輔
編集
本山哲
音響監督
三澤康広
音楽
日本コロムビア
音楽制作
feel.
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

評判通りギャグシーンでゲラゲラ笑い、予想もしていなかったハートフルなシーンでボロ泣きしました。毎回毎回中身が濃くて体感時間がとても短く感じられました。
特に6話は涙腺崩壊不可避です。泣かせにきてるアニメとは違い心の準備をしていない分余計に涙が止まらなくなると思います。オススメです。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

知人に面白いとは聞いていたけど、正直、予想していた何倍も良く面白かった。
キャラもよし、op.edの細かい変更の仕様や、feel特有の作画も最高にハマってた。
笑いのセンスが一級品だと思います。結構アニメ見てきたけど、ツッコミや表現の仕方、などほぼトップクラスといっても過言ではない。
アンズが特に好き。りえしょんのすごいね!がほんと好き。
もちろん皆好きになるキャラたちだった。
二期作りたい制作の想いも伝わってくる。
続編あるなら確実に見るだろう。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

設定4/脚本5/映像音楽5/個性5

評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

かなり爆笑した

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

2期ないんかな

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

最高に面白い
爆笑しました

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

コメディーに属するジャンル。
言うなれば、「日常」に近い。

原作から好きだった人はその雰囲気のまま楽しめると思う。

作画のクオリティも高いし、ギャグセンも高い。
ぜひ見たほうがいいと思う。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

夜の街に蔓延るやさしいせかい あんずちゃんみたいな娘がほしい 
超能力モノ? あれ、そうだったの

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

面白い。なんも考えず観れる。面白くてびっくりした

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

アンズは天使だったが、詩子のクズっぷりが嫌だった。
OP.EDもとてもよかった。
久々のシュールギャグアニメだったけどとても面白かった。

統計

Watchers

Status