SSSS.GRIDMAN
円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

SSSS.GRIDMAN

3582
視聴者数
96.75%
満足度
1200
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ぐりっどまん
タイトル (英)
SSSS.Gridman
メディア
TV
リリース時期
開始日
2018-10-07
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

ツツジ台に住む高校1年生の響裕太は、ある日目覚めると記憶喪失になっていた。
そして裕太は古いパソコンに映る『ハイパーエージェント・グリッドマン』と出会う。
グリッドマンは使命を果たせと語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探し始める。
突然の事に戸惑いつつも、クラスメイトの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日を送る裕太だった。が、

その平穏な日々は、突然現れた怪獣によって容易く踏みつぶされた――。

引用元: https://gridman.net/story/#/overview

スタッフ

雨宮哲
監督
坂本勝
キャラクターデザイン
後藤正行
グリッドマンデザイン
野中剛
アシストウェポンデザイン
コヤマシゲト
アレクシスデザイン
西川伸司
怪獣デザイン
丸山浩
怪獣デザイン
板野一郎
怪獣デザイン
山口修
怪獣デザイン
前田真宏
怪獣デザイン
野中剛
アシストウェポンデザイン
三宮昌太
ジャンクデザイン
牟田口裕基
ヒロイック作画チーフ
宮風慎一
3DCG監督
グラフィニカ
3DCG制作
渡辺幸浩
美術監督
武田仁基
色彩設計
山本弥芳
撮影監督
吉武将人
編集
鷺巣詩郎
音楽
亀山俊樹
音響監督
森川永子
音響効果
竹内雅人
ラインプロデューサー
舛本和也
アニメーションプロデューサー
TRIGGER
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

特撮作品のグリッドマンは全く知らずに視聴した上、やや難解な描写も多く解釈が正しいか自信がないものの楽しめた。
これは全てを作り給うた神様と、作られた箱庭の世界で生きる人間達の物語。そしてその神様は箱庭の中で都合の良いように世界を設定するが、それで渇きが満たされるかといえばそんなこともなく。
自分の手に負えないイレギュラーを排除しようとするもどんどん自分のやっていることが本当に求めたものなのかわからなくなり、自責の念も募っていく。そんな中で自分が設計した一人形に過ぎない少女が自分のことを友達だと言う。自分を好きになるように設計したのだから当然だが、それを神様はどう思ったか…。
アカネにはアカネの、六花達には六花達の世界がある。それはそうだが、アカネが作った箱庭の世界であっても人は人で、アカネ以外を好きになる人もいれば、全てを知った上で「一緒にいたい」と言ってくれる人もいる。そこが(アカネにとっては)どうにもできないところで、同時に最後にアカネが"覚醒"する原因にもなった感動的なところなのかなと。
最終回の最後の実写描写はとても示唆的だと思った。
あと大筋以外で好きなところを挙げると、この作品全体を通して本当にキャラクターが実在しているかのような"空気感"が巧みだと思った。間の取り方やガヤなどでリアル高校生感を上手いこと生み出しているのかなと。
響君の元の人格やアンチ君がどうなったか等、まだまだ気になるところが残ったまま終わったものの、この物語の主軸を「新条アカネの世界」として捉えるなら綺麗に終わったようにも思う。
滅多に見ないものの、たまにあると嬉しくなるようなそんな作品でした。

評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
良くない
キャラクター
普通
全体
良くない

なんか評価高かったから見たけどこれの何がおもしろいの?まじで時間の無駄だった

展開が毎回アンパンマン(稚拙)、ロボットアニメオタクの声がいつもでかいのは常である。合体!友情!正義は必ず勝つ!そういうの好きな人にはおすすめ

女キャラが可愛いのは分かる。同人ゴロが群がってるので薄い本もたくさんあります。作画はかなり高いです。作画やキャラデザは高評価

評価
全体
良い

最終回がとにかく良かった。久しぶりに良い正義を見せてもらった感じがする。最初からもう一度見直したいと思う。
【★★★☆☆】💿

曲が最高。曲がよかったので見始めた。主人公の物分りが良すぎた。エヴァ見たあともあって、主人公がすぐに自分の「やるべき事」を見つけ、これは自分にしかできない使命だからやらなきゃ!ってなるの早って思った。立花ちゃんかわいい。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

世界観設定とビジュアルが最高だった。
特撮パートは園児・小学生の気持ちで楽しんで見れたし、日常パートはエロガキ目線でも楽しめる要素もあっておいしいところばかりだった。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

ここまで魅せる特撮は今までになかった
特撮に興味がなくても圧倒的キャラのかわいさから見入ってしまう。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

作風が特殊な感じで良かった
設定含めて良かったけどグリッドマンがちょっと痛かったかな

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

こういうのが良い

それは、1人の少女が創り出した世界の中で——

登場人物の数やキャラの濃さ・キャスティング・ストーリー・テンポなど、個人的にはちょうどよく見やすいアニメだった。確かにパロディ的な部分は多かったと思うけど。前段(特撮)との繋がりも少しあって、そういう演出はとても好き。
アンチくんがすごくかわいかった。よくがんばった。
あと、お母さんが新谷真弓さんだったのがとても◎ (フリクリ好き)

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
普通

裏にしっかりしたテーマがある物語
自分はそれに気づかず、ただのヒーロー物として見終わってしまったけど、そのテーマを念頭に置いてみたらかなりいい作品(になるんだと思う)

ヒーロー物観点で見てた側からすると、単純にワクワクした。おもちゃあったらちょっとほしい

統計

Watchers

Status

関連作品

GRIDMAN UNIVERSEシリーズ