あかねさす少女
Akanesasu Anime Project

あかねさす少女

682
視聴者数
78.78%
満足度
284
評価数

基本情報

タイトル (かな)
あかねさすしょうじょ
タイトル (英)
Akanesasu Shoujo
メディア
TV
リリース時期
開始日
2018-10-01
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

2018年、10月。
ある地方都市に住む少女たちが、
とある儀式を行っていた。

彼女たちは「鉱石ラヂオ研究会」。
明るさが取り柄の女の子、土宮明日架が
同じ高校に通う友人たちと立ち上げたサークルだ。

その儀式は都市伝説めいたものでしかなかった。
——しかし、いくつもの条件が偶然重なり、
遊びは遊びでは済まない事態となる——。

引用元: http://akanesasushojo.com/story/

スタッフ

打越鋼太郎
シナリオ原案
桂正和
キャラクター原案
浅田弘幸
コンセプトアーティスト
浅田弘幸
キャラクター原案
伊藤賢治
メインテーマ作曲
Ryu☆
音楽プロデューサー
玉村仁
監督
アベユーイチ
シリーズディレクター
ヤスカワショウゴ
シリーズ構成
山本弘
SF設定
原田大基
キャラクターデザイン
山本亮友
サブキャラクターデザイン
渡辺浩二
サブキャラクターデザイン
河島裕樹
サブキャラクターデザイン
山本亮友
総作画監督
ヒラタリョウ
イコライザーデザイン
森木靖泰
クラッターデザイン
今石進
プロップデザイン
渡辺浩二
プロップデザイン
ヒラタリョウ
プロップデザイン
高瀬さやか
プロップデザイン
のぼりはるこ
色彩設計
ブリュネ・スタニスラス
イメージボード
伊藤友沙
美術監督
平澤晃弘
美術設定
草薙
美術
佐藤敦
撮影監督
長谷川舞
編集
武田秀明
3DCGディレクター
森下広人
音響監督
KOHTA YAMAMOTO
劇伴制作
成田旬
劇伴制作
十文字
アニメーション制作
評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
普通
キャラクター
とても良い
全体
良い

打越鋼太郎の名前につられて観たけど、設定やストーリーは比較的シンプルで(その後メディアミックスで予定していたのかもしれないけど)打越的な劇的展開があるわけではなかった。が、女の子5人のやりとりが常にいきいきとかわいらしく、とりわけ軸になる明日架とアスカ、明日架と優の関係性描写がとてもよかった。声優さんもすごく良い。

評価
映像
良くない
音楽
普通
ストーリー
良くない
キャラクター
普通
全体
良くない

「1シーズンにひとつはある、凡庸な『戦闘美少女』モノ」の域を出るものではない、というのが正直な所。 少女たちが心の内に抱えた問題を、異世界との関わりを通じて解消していくプロットなのだが、優と明日架(シリ明日架・黄昏明日架)以外の掘り下げは浅く、二人以外の各ヒロインには約2話の時間しか与えられないので、いきなり「私は◎◎という問題を抱えていたけど、フラグメントでの出来事を経て変わった!」と言われても、説明があるので納得はできるのだがエモーショナルな揺さぶりは弱い。
スマホゲーで展開する予定で放置されたであろう伏線(キョウちゃんの失踪やフェードアウトしたエロ優など)もけっこうあり、見終えても不完全燃焼感が残るのもバッド。
ビジュアル面でも、桂正和デザインのキャラクターにはキャッチーさが足りない。良くも悪くも、ヒロインたちには(変身後含めて)ゼロ年代深夜アニメ的な垢抜けなさがあり、グッと引きつけるような、下品な言い方をすれば股間に響くような魅力がない。スマホゲー(のメディアミックス)としてこれは問題だと思う。 『艦これ』の島風や『アズレン』のイラストリアス、一航戦姉妹のような、思わず視線を外せなくなるインパクトのあるキャラの不在も早逝の一因だったのではないかと思ってしまう。
作画も質の高低が激しく、時々顔が溶けてたり、爬虫人類になっているようなシーンもあって、いまいち「萌え」という面でも弱い。つまらないと切って捨てるほどではないものの、昨今のスマホゲーを母艦とする人気メディアミックス作品と戦うにはあまりにも力不足と言わざるを得ない、そんな作品だった。

統計

Watchers

Status