pet -ペット-
三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

pet -ペット-

407
視聴者数
80.88%
満足度
204
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ぺっと
タイトル (英)
Pet
メディア
TV
リリース時期
開始日
2020-01-06
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

動画サービス

シェア

あらすじ

人の脳内に潜り込み、記憶を操る能力を持つ者達がいた。
彼らのその力は、事件の揉み消しや暗殺など、裏の世界で利用されてきた。
人の精神を壊すほどのその力は、同時に彼ら自身の心を蝕んだ。
彼らはお互いを鎖で縛り付け合うように、脆く危うい心を守った。
彼らは恐れと蔑みからpet(ペット)と呼ばれた。

引用元: https://pet-anime.com/

スタッフ

三宅乱丈
原作
大森貴弘
監督
小竹歩
監督補佐
村井さだゆき
シリーズ構成
羽山淳一
キャラクター設計
工藤昌史
アニメーションキャラクターデザイン
島秀行
音楽
山田正樹
総作画監督
日向正樹
総作画監督
山田起生
エフェクト・アクション作画監督
新妻大輔
プロップデザイン
秋山健太郎
美術監督
座間智子
美術監督
岩沢れい子
色彩設計
原一晃
3DCGディレクター
森谷若奈
撮影監督
関一彦
編集
Ai Addiction
音響制作
ジェノスタジオ
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

雰囲気がすき

評価
映像
良くない
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

設定が難解だったけどおもしろかった
映像のクオリティが内容に追いついてないところが惜しい
徐々にこじれて個人が壊れていくのは見ていて歯がゆい
キャラの性格や行動がパッとしないので全体に地味だが逆にリアリティがある

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

難解、かつうすら寒い恐ろしい話だった・・・。ヤマとか扉とか鍵とかいろいろコンセプトが最初難しかったし、アイディアが強力すぎて世界観を自分の中でどう確立していいのか戸惑った感はあったが、昔の暖かい記憶みたいなのが人の行動原理の底にあるというモデルなのかなーと思いました。ラストは意外感もあり切ないですな。セリフの半分ぐらいが中国語というのも異例で、日本人の声優さんでは相当大変だったのではないかと。

評価
映像
良くない
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
普通

絵柄がいまいち好きになれない

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

殺伐とした展開が延々と続く、陰鬱なストーリーだが
所謂「精神世界」へ視聴者を引き込む演出は巧みである。

主要人物は裏稼業に身を投じ、当初は悪事に荷担するも
仲間を守ろうとしたがために、雇い主に敵視され
組織から追われる身となり、複数の世界を巡って
駆け引きが繰り広げられる。

すでに廃人と化し、死人同然に扱われていた者と
再会を果たせるかもしれない、と匂わせた場面で幕を閉じるが
現世では破滅同然の日常を送る者たちが、いかにして
精神世界に活路を見いだすか、その先を知りたくなった。

統計

Watchers

Status