野崎まど・講談社/ツインエンジン

バビロン

857
視聴者数
87.86%
満足度
472
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ばびろん
メディア
TV
リリース時期
2019年秋
放送開始日
2019-10-07
公式サイト
babylon-anime.com
公式Twitter
@babylon_anime
ハッシュタグ
#バビロン
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5437
MyAnimeList
37525

動画サービス

シェア

とても良い

珍しくリアルタイム視聴。それだけ続きが待ちきれなかった。放映中はショッキングな展開に悲鳴を上げまくりだったが、落ち着いて振り返ると政治や生死問答から一気にオカルトに振り切ってしまったようで少し戸惑ってしまう。なにはともあれ曲世コワーイ!

0

自殺をめぐる問題提起と
殺人の問題は別なのではないかという気もするが、マガセさん。

0
良い

タイトル通りだ

0
普通

今後のために必要な回なのだろうけれどグロい・・・ 自殺法の意義は分からないでもないけれど、猟奇的な殺人とどう結びつけるのか。

0
とても良い

衝撃的展開すぎた。
コレは、、、キツい、、、。

主人公を通して、視聴者に「考えること」を強制してくるこの作風(作品を通して視聴者の考え方にインタラプトしてくる感じ)。読む劇薬の謳い文句は伊達じゃない感。
野崎まどの処女作 [映]アムリタを初めて読んだときの衝撃が彷彿させられた。

正解するカドでのコレジャナイ感が念頭にあったので、バビロンも途中からブレたりしないか心配していたのだけど、杞憂だったようだ。
これは、、、まさしく野崎まどの作品、、、。

それにしても、この話、どういう結末になるんだろう。

0
普通

公式がめっちゃ煽るから身構えて見たけど、思ったほどグロくはなかった。
声フェチとしては滅多に聞けない系の声がいっぱい聞けて楽しかった。ストーリー的には曲世がチート過ぎてつまらん。都合の良いキャラなのね。
今更キービジュアルちゃんと見たけど、ああってなった。

0
良い

絵で見ると怖すぎる悪人マガセ

0

アニメを見て、感動じゃなく恐怖とショックで泣いたのは初めてかも。中村さん、雪野さん、櫻井さんの演技がみんな本当に凄い…

0

ああぁ、これはヤバい。

0
とても良い

これはひどい

0
とても良い

気持ち悪くて、もっかい見てしまった。
声優の演技力がほんと秀逸だなぁ。。つらい。。

次回が12/30って、このアニメ、何話で終わるんだろう。。

0
良くない

うーん、超能力者バトルになってしまった…いや別に異質な力っていうのが悪いのではなくて。ただ今まで人をどうやって自殺に見せかけて殺したか、時間かけて丁寧に追ってきたのにその答えがスーパーパワーでしたってのがなぁ…密室殺人で「犯人は瞬間移動を使ったのです」ってやられた時の虚しさ。面白くみてただけに残念

0
とても良い

まじで最悪だ。。衝撃的過ぎて気持ち悪くなった。
自分で手を下す必要なさそうなのに、瀬黒を殺すところを見せつけた意図ってなんだ?絶対的に正義を信じている正崎を許せないから?
斎との公開討論も完全に負けてるし、このままだと曲世が自殺を唆しても違和感を持たれない世界ができてしまう。

0
とても良い

斎は、息子のために自殺法を作ったのか…これは読めなくなったな。曲世だけはほんとに怪物なようだ。流石にグロくてトラウマになるわ

0
とても良い

ほんとに最悪やん……久々にアニメ見てて心臓キュッてなった…
展開のショッキングさもあるけど、何より今回は声優さんの演技が凄かったなー!櫻井さん中村さんMAOさんゆきのさん流石ですほんとに!

正直曲世さんの話全然耳に入ってこんかった……ひたすら善ちゃんとリンクしてゔあ゛あ゛あ゛あ゛ってなってたわ

0

これで次回は1ヶ月以上後とか、鬼か。見ていて気分が悪くなるという、TVアニメとしては稀有な体験だった。なまじ直接的な描写がない分、目を逸らすことなく見続けてしまえるのが質が悪い。曲世愛がずっと何かしゃべっていたけど、視覚から入る刺激が強烈過ぎて、いったい何を言っているのかさっぱり把握できなかったのも稀有な体験。
前半もなかなかに興味深い問題提起があったはずなのだが、後半が強烈過ぎてどっか行っちゃったよ。死にせよ戦争にせよ、絶対悪と定めて排除しようとするだけでは、思考停止にほかならないと思う。相手をよく知ることは大事。

0
とても良い

うわぁ…曲世愛に心が支配されてしまった。マジで何者なんだこいつは…

このなんとも言えない恐怖を描くのが本当にうまいわ
次の放送が年末ってのもうまいな。それまでずっと早くこの劇薬を摂取したいという気持ちでいなければいけないのか

0
良くない

こんな話をあんな数行の注意文で放送するのは倫理観の無さすぎると思う。

0

なら、自殺法じゃなく、生体臓器提供法とかにすればいいのに
検察・警察が返り討ち。曲世は瀬黒を殺したの?

0

稲垣吾郎の「催眠」みたいな話と思ってみていたけど、齋の主張で議論は進むかと思ったが、曲世は合法的に殺人ができるように自殺法を利用しているだけってことで「悪とはなにか?」みたいな方に話が行っちゃった。
そうなると新域とか自殺法とかの設定ってなんだったのかと。風呂敷広げた割に小さく畳むなぁ〜って印象。
手を汚さずに悪をなす曲世が瀬黒を切断するのは矛盾するのでフェイクなのかな。すでに瀬黒が自死しているとしても死体損壊罪になるし。
ということで次は1ヶ月後。コメンタリーで場をつなぐ。

0
とても良い

なんとおぞましい展開なんでしょう。
きっと曲世は正崎さんをいつでも殺せたと思いますが、あえて生かしたとするならば曲世の行いを目撃させるためだったかもしれませんね。

ところでこんな中途半端なところで次回が1ヶ月も先延ばしにされるとは思いませんでした。気になって仕方ないのに・・・。

0
とても良い

4人がかりで政治的に斎を追い詰めようとしてたけど
息子だったという事実、
斎自身が自分の臓器を息子に与えるために
自殺という選択肢が必要だと考えている当事者意識。
上手い具合に今の状況を利用して自分の意見を述べていた。
なんとなく世間の自殺に対するイメージが
討論会で変えられてしまいそうだと思ってたけど
見事にその通りになってしまいそうで怖い。

死と上手に付き合っていくという新たな死の価値感。
心臓提供の申し込みがあっても、受けずに
誰かの死よりも自分の死を選ぶという斎の価値観がわかったけど
自殺法を受け入れされるための強い決意が現れてたのかな?

斎を拉致する計画だったけど
通信がつかないなど、どんどん不穏な状況に。
九字院が正崎に伝えに聞いてくれたことで、
斎の妻として登場してた女が曲世だということ
曲世耳元でささやくだけで自殺してしまいたくなってしまうことが
はっきりと明らかになった。
九字院が言ってた言葉を鵜呑みにするなら
いわゆる射精の感覚みたいなものが自殺へのトリガーなのかな?
その感覚に陥る直前まで、耐えながら九字院は
正崎にこのことを伝えに来てくれたのか・・・

一番最初の集団自殺も
新域庁舎へ向かう10キロの間に片っ端から
曲世が自殺教唆していたという事実も明らかになった。
斎がやってたわけではないし、
曲世が自殺教唆をしているという証拠もない。
そして、最悪なことに正崎に協力してくれてた
寅尾管理官を始めとした捜査員全員が自殺・・・
それに瀬黒までもあんな殺され方をされてしまった・・・
瀬黒ー!って最後だったな。悲鳴が聞いてて辛かったな・・・
筒井の購入していた斧の件も回収された。

本当に一人残されてしまった正崎。
人間では相手にできるはずがないと九字院にまで言わせてた
曲世に対して正崎はどう迫っていくのか、
こんな絶望的な状況から物語はどう続いていくのか気になる。
曲世が配信してたから証拠になりそうな気もするけど
それで曲世を逮捕しようとしても、
根本的な解決にならないし、場所もわからないからなぁ・・・

時々家族が描かれるのも不穏でしかない・・・

0
てんぷらサポーター
とても良い

これは完全に洗脳されちまう
いやAパートやばすぎんだろ...
Bパートマジで倫理的に終わりに終わってる...
やばすぎて過呼吸

0
とても良い

正義とは、何か常に考え続けるもの。主人公がそう言っていたが曲世愛は悪を理解させようとしていた。主人公は悪とは何かを考えていなかったからこんな結果になってしまったのかも。

この二人の関係はまさに正義と悪そのもの。

0
とても良い

人間悪の集大成みたいな。とにかくバビロンの中で一番アカンエピソードだった。恐ろしい恐ろしい。脳汁ドバドバ出ました。

0
良い

齋が子どもと話し、異変が起こり、目の前で自殺される。
捜査員が自殺し瀬黒が拉致され、曲世からの配信。

0
統計
満足度
87.5%
記録数
167
評価数
44
コメント数
29
評価
記録数