BanG Dream! 3rd Season
BanG Dream! Project

BanG Dream! 3rd Season

625
視聴者数
89.24%
満足度
200
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ばんどりさーどしーずん
タイトルの別名
バンドリ
タイトル (英)
BanG Dream! 3rd Season
メディア
TV
リリース時期
開始日
2020-01-23
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー

シェア

あらすじ

ポピパ主催ライブから4ヶ月。楽しい夏休みを経て、季節は秋。
蔵練、バイト、生徒会――いつもの日々を過ごす香澄たちPoppin'Partyは、
ライブハウスGalaxyで、あるポスターを見つける。

一方、運命のバンドメンバーを探す六花の元に、一通の招待状が届いて……

再びはじまるキラキラドキドキなステージ!

みんなと一緒なら、どんな夢だって撃ち抜ける!

引用元: https://anime.bang-dream.com/3rd/story/

スタッフ

木谷高明
製作総指揮
中村航
ストーリー原案
柿本広大
監督
綾奈ゆにこ
シリーズ構成
ひと和
キャラクター原案
Craft Egg
キャラクター原案
植田和幸
アニメーションキャラクターデザイン
茶之原拓也
サブキャラクターデザイン
八森優香
サブキャラクターデザイン
三村厚史
CGスーパーバイザー
武内泰久
モデリングディレクター
矢代奈津子
リギングディレクター
北川順子
色彩設計
井上麻梨
撮影監督
美輪奈樹
美術監督
牧野裕樹
美術監督補佐
成田偉保
美術設定
梅津朋美
編集
飯田里樹
音響監督
上松範康
音楽プロデューサー
藤田淳平
音楽プロデューサー
西藤和広
アニメーションプロデューサー
村上りゅうすけ
アニメーションプロデューサー
サンジゲン
アニメーション制作
パッショーネ
アニメーション制作協力

動画サービス

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

主軸はRASだけど、Roseliaが良い感じのライバルであり、
そしてPoppin'Partyは楽しそうでとキャラが立っててよかったですね。
ぶどう館はサイコーでした(笑)

バンドリシリーズは一気見したので全ての感想をここで。
個人的な意見、まず作画は圧倒的に一期が良かった。
RASのオタクとしてはとても満足な話だったけどボピパを一期から見守ってる視点から言うと最後RoseliaとRASと同じ土俵に立てるほどか、、?と思った。なんだか無理やり感が強いなあと思ったけど無理やり感が強いのは別にシリーズ通してだな、、、と気付いた。
一期最初の香澄と沙綾が友達になるシーンから無理矢理だったな、、普通はあんな風に友達作るんですか?JK強え、、
最終的な感想としてはパレちゃんかゎゅ!推しちゃんかわいくてはっぴーじゃむじゃむさいこーでした

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

RAS寄りのポピパ、ロゼリア3バンドが主役の3期。夢の武道館に向けてみんなそれぞれライブやらMV作りやら頑張るストーリー。バンドの演奏シーンもあるのでオールCGアニメ。ちょいちょい気になるけど慣れればそれほどでもない。
急な温泉回が謎だったけど、ストーリーも曲も悪くなかった。けど、相変わらず登場人物が多くてゲームしてないからわからないし2期から少し間があったので、「こいつ誰だっけ」「名前覚えられない」って感じだった。最後の2話くらいでやっとRASのメンバーの名前覚えた笑
ますきさん、演技下手だったけど、性格が普通にいい人だったな。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
普通

オトコがひとりもいねぇな by ポルコ・ロッソ

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

コンテスト決勝の結果は順当というところ。
ポピパはいつもの調子、主役はRASだった。

一時的とはいえ、パレオの脱退は予想外であり
この件でチュチュが過ちを認め
バンド内の不和は収束に向かった。このシナリオは
企画チームの間で意見が分かれたかもしれないが
悪くない落とし所を探り当てたと思う。

競合するグループへの敵対的言動を繰り返し
それに周囲が気遣う構図は歪みをはらんでおり
コンテスト途中経過の好成績に増長し
仲間への同調圧力に及ぶに至った状況には
これを打破するため「劇薬」が必要と感じた。
離反が無ければ、和解に至らなかっただろう。

六花とマスキングが行方知れずのメンバーを捜す場面は美しかった。

統計

Watchers

Status

関連作品