劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

1490
視聴者数
-%
満足度
0
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ゔぁいおれっとえゔぁーがーでん
タイトル (英)
Violet Evergarden Movie
メディア
映画
リリース時期
開始日
2020-09-18
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
MyAnimeList

シェア

あらすじ

──あいしてるってなんですか?

かつて自分に愛を教え、与えてくれようとしてくれた、大切な人。

会いたくても会えない。
永遠に。
手を離してしまった、大切な大切な人。

代筆業に従事する彼女の名は、〈ヴァイオレット・エヴァーガーデン〉。
幼い頃から兵士として戦い、心を育む機会が与えられなかった彼女は、大切な上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア〉が残した言葉が理解できなかった。
──心から、愛してる。

人々に深い傷を負わせた戦争が終結して数年。
新しい技術の開発によって生活は変わり、人々は前を向いて進んでいこうとしていた。
しかし、ヴァイオレットはどこかでギルベルトが生きていることを信じ、ただ彼を想う日々を過ごす。
──親愛なるギルベルト少佐。また今日も少佐のことを思い出してしまいました。
ヴァイオレットの強い願いは、静かに夜の闇に溶けていく。

ギルベルトの母親の月命日に、ヴァイオレットは彼の代わりを担うかのように花を手向けていた。
ある日、彼の兄・ディートフリート大佐と鉢合わせる。
ディートフリートは、ギルベルトのことはもう忘れるべきだと訴えるが、ヴァイオレットはまっすぐ答えるだけだった。「忘れることは、できません」と。

そんな折、ヴァイオレットへ依頼の電話がかかってくる。依頼人はユリスという少年。
一方、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかり……。

引用元: http://violet-evergarden.jp/story/

スタッフ

暁佳奈
原作
石立太一
監督
吉田玲子
脚本
高瀬亜貴子
キャラクターデザイン
高瀬亜貴子
総作画監督
鈴木貴昭
世界観設定
渡邊美希子
美術監督
鵜ノ口穣二
3D美術
米田侑加
色彩設定
髙橋博行
小物設定
船本孝平
撮影監督
山本倫
3D監督
鶴岡陽太
音響監督
Evan Call
音楽
京都アニメーション
アニメーション制作
松竹
配給

動画サービス

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

🙏🙏🙏🙏🙏

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

う~ん、本当に映像がめちゃくちゃきれいだった…海なんて、実写か?!みたいな。もちろん背景も雰囲気もキャラとあってるし。目の色も、ブローチも、相変わらずきれい。表情もよく動くし、ヴァイオレットの義手も美しい。
声優は安定の声優陣だし全然気になるところなんてなかった。アイリス(戸松遥)の不満そうな演技可愛くて大好き。
ストーリーは、本編に出てきた、病気で亡くなった依頼人クラーラの娘アンの孫娘デイジーがヴァイオレットの足跡をたどりつつ…ヴァイオレットの人間としても、ドールとしても成長した姿が見られる。最後は少佐と再会しハッピーエンド。
途中少佐がうだうだしててイライラしちゃった。。。ヴァイオレットはひたすら健気で可愛いし、素直で、応援したくなるし見守りたくなる。社長の気持ちもわかる~!あとはね~最後の…「愛してる」は繰り返すとなんだか安っぽく感じちゃうんだよね~少佐ほかに言うことないの…?( ˘ω˘ )大佐が一番株上がったわ。(笑)ヴァイオレットは大佐に感謝して(笑)
「強く願えば願いは叶う」「電話は手紙にとって代わる、電話はリアルタイムで気持ちを伝えられる」「でも手紙なら普段言えないことも素直に言える」が伝えたかったことかなぁ。伝えるって、緊張するし、難しいよね。
私は本編のほうが感動したし好きかなぁ…なんかちょっと蛇足感ある。。。少佐は死んでも良かったんじゃ…な~んて、ね。
ところどころ音楽が「泣かせます!!」感がすごくてちょっと涙が引っ込んだりした。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

2回目。ネタバレ指定。

「あいしてるも、少しはわかったのです」
「わかっただけ…?」

いつもはクールな優等生のヴァイオレットが、感情むき出しに行動し始める熱さ。

初回の「職業観」とも関係するけど、「伝える」為の所作や小道具が多く登場する。
指切りとサムズアップ(親指)が、重要なシーンで度々使われるけど。また、小粋な小道具としての電話が登場するけれど。伝える力が一番強いと描写されていたのは言葉。とりわけ、口ではまとまらない気持ちをも伝えられる、文章。手紙。

ヴァイオレットに逢わないつもりでいたギルベルトだが、最後に彼の心を動かしたのは、ヴァイオレットからの手紙だった。
こう言ってはなんだが、純粋に情報としてだけ言えば、ギルベルトが全く知らなかった事実は手紙には書かれてなかった。そこに書かれていた「事実以上の何か」が、それがギルベルトの心を動かしたに違いない。
坂を転げ落ち、泥まみれになりつつもヴァイオレットを追うギルベルト。こんなにも彼を突き動かしたのは、言葉。言葉を尽くすということ。ヴァイオレットは無意味だったかもしれないと手紙を残して島を離れたが、意味はあった。あったどころではない。

「黙っていても伝わることもあるけど、それはむしろほんとの例外。
 言葉にしなければ、何も伝わらないよ。きみは私に何を伝えたいの?」

以前、自分にそう言った人がいたことを思い出した。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

海と波の表現が今まで自分が見みてきたアニメ、CGとかの作品のなかでいちばん綺麗で感情的だった気がする。
1回目は前半で心を持っていかれすぎて2人の物語のパートまで気が回らなかったけど2回めだしちゃんと最後まで見れた。
知らせを聞いて屋根上で呆然とするとことか、孤児院の門のところでため息して座り込むシーンが良かった。
あと監督さん絶対某ゲームやっただろ👍🚡

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

今まで見たアニメの中で一番泣いたし一番美しい作品だった。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

何も言えねえ…

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

とにかく全てにおいて美しい作品だった。
細やかな表情や感情の動き、映像、ストーリー、何を取っても素晴らしい、そう言いたい。
言いたいけれども、個人的にはヴァイオレットに向けられた「愛してる」、彼女が抱いた「愛してる」は私が思っていたものと異なるものとして描かれていた。
それ故に結末は本当に良かったと思う中で、どこか引っかかりを感じてしまった。
それでも絡まる想い、優しさ、葛藤、全てが涙を誘うとても良い作品だった。
たくさんの困難(という一言にはまとめられないけれど)の中、これだけ素晴らしい作品を作り上げてくださった製作陣に最大限の感謝を。
本当にありがとうございました。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

TVアニメが「愛している」をしるストーリーなのであればこの映画は「愛している」を知った彼女のストーリーである。
映画版までを見て私は確認した、この作品が「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のタイトルが一番であると
彼女が日本人であったのであれば、朝ドラや大河ドラマのテーマになっていただろう
ストーリーに目が行きがちだが、映像も素晴らしい部分が多かった、個人的には雨が上がったあとの雫が付いた花の描写が非常に印象に残っている
素晴らしすぎた
中身に関しては深くは触れないがハンカチを持って見に行くことをおススメする

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

開幕からアンと母の話で泣き、ユリスの手紙と電話で泣き、ヴァイオレットと少佐の再会でも泣き、終始泣きっぱなしの2時間半でした。そしてもう最後の指切りが素敵すぎました。上映中はあちこちから鼻をすする音が聞こえてきて、見ず知らずの人と感動を共有できたような気がして良い経験が出来ました。作画も本当に素晴らしくて、映画館の大画面で見ることが出来て本当に良かったです。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

語るより、みろ。

今は胸がいっぱいで言葉にならないけど、胸の中に言葉は溢れてる。

統計

Watchers

Status

関連作品