Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-
TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

1158
視聴者数
90.51%
満足度
857
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ふぇいとぐらんどおーだーぜったいまじゅつせんせんばびろにあ
メディア
TV
リリース時期
開始日
2019-10-05
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

西暦2010年。
カルデアに赴任する事になったロマニ・アーキマン。
彼はある少女の主治医となる。
「先輩」という言葉に興味を持つ召喚例第二号の少女マシュ・キリエライト。ふたりのふれあいは、マシュにひとつの望みを抱かせた。
その望みは、波紋となって拡がっていく。

それは君の物語であり、誰かの物語。
未来を紡ぐ旅、その始まりの物語。

引用元: https://anime.fate-go.jp/ep7-tv/story/

スタッフ

TYPE-MOON
原作
武内崇
リードキャラクターデザイナー
赤井俊文
監督
黒木美幸
副監督
高瀬智章
キャラクターデザイン
岩崎将大
サブキャラクターデザイン
河野恵美
クリーチャーデザイン
道下康太
プロップデザイン
河野恵美
アクションディレクター
大島塔也
アクションディレクター
宮原洋平
テクニカルディレクター
塩澤良憲
美術設定
薄井久代
美術監督
平柳悟
美術監督
中島和子
色彩設計
佐久間悠也
撮影監督
GEMBA
3DCG
江川久志
3Dディレクター
篠崎亨
3Dディレクター
三嶋章紀
編集
芳賀敬太
音楽
川﨑龍
音楽
岩浪美和
音響監督
CloverWorks
アニメーション制作

ゲーム未プレイでの視聴。
何となくの設定は知った上で観たが、十分に楽しめた。非常におもしろい。

バトルシーンは全般的にとても動きがよく、ストーリー展開もおもしろい。何よりstay nightとはうってかわってギルガメッシュの愉快なキャラクター性がとてもとてもツボ。涙あり笑いありであっという間に最終話だった。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

ゲームは未プレイだったが、想像以上に楽しめた。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

次はソロモン?

さらっと聖杯渡すのたまらない。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

原作未プレイのため世界観をあまり理解できておらず。特に敵が何しに来ているのかよくわかりませんでした。キャラは素晴らしいですね。ギルガメシュ王は濃すぎw 絵もクオリティ高い。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

用語難しくてよく分からんかったけど、映像はかっこよかった。人気あるのねえ。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

映像はしっかりしてました。見ごたえのあるアニメーションでした。

ストーリーはゲームやってないとわからない箇所が多々ありましたが、ゲーム未プレイでもそれなりに楽しめました。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

若干構成ミスった感は有るけど十分通用しましたね。少なくとも一定の完成度を誇っていたので個人的にはそこそこ満足です。七章クライマックスの際の高揚感をゲームと同じくアニメでもしっかり感じさせてくれたので。ただまさか終章までアニメ化するとは思わなかった。

統計

Watchers

Status

関連作品

Fate/Grand Orderシリーズ

Fateシリーズ