放課後さいころ倶楽部
中道裕大・小学館/放課後さいころ倶楽部製作委員会

放課後さいころ倶楽部

818
視聴者数
92.22%
満足度
613
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ほうかごさいころくらぶ
メディア
TV
リリース時期
開始日
2019-10-03
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

とびっきりの「楽しい」を、キミと!
いつもひとりでいること—。
人付き合いが苦手で引っ込み思案な武笠美姫にとっては、それが当たり前の日常。
そんな美姫が、天真爛漫なクラスメイトの高屋敷綾、クラス委員長の大野翠、ドイツからの転校生エミーリアと出会い、
ボードゲームを通して友情を深め、少しずつ前に進んでいく。
当たり前だった日常が、特別な毎日に変わっていく—。

引用元: http://saikoro-club.com/intro/index.html

スタッフ

中道裕大
原作
今泉賢一
監督
前川淳
シリーズ構成
伊部由起子
キャラクターデザイン
芳賀ひとみ
美術監督
篠原愛子
色彩設計
佐藤哲平
撮影監督
梅津朋美
編集
稲葉順一
アフレコ演出
ハマノカズゾウ
ダビング演出
片山修志
音楽
ライデンフィルム
アニメーション制作
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

原作既読。
百合アニメに見せかけたノンケアニメなので百合オタクさんが発狂しないかなと思ってたけど、そもそも観てる人が少なかったので盛り上がってなかった印象。原作ファンとしては複雑な思い。
ボドゲのルールをアニメで把握するのは難しい。
綾ちゃんが原作より可愛く感じられた。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

取り上げているのがメジャーなボードゲームばかりなので、ボドゲをあまり知らない人にも気軽に進められる。
また話の中心がボードゲームよりもキャラクターにあって、一話一話だれずに見れた。
キャラデザは地味だけどストーリーがあるので、話が進むにつれてキャラに愛着が湧くのがよかった。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

あのゲームデザイナー嫌な感じw 番組を見ただけでルールを理解するのはちと難しかった。ボードゲームに関しては完全に素人ですが、ハマってる人はちらほら近所でも見るしきっと楽しいんだろうなーと見ながら思いました。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

ボードゲームアニメだけど、そこを推しすぎずアニメとしてしっかりとしたストーリーがあって良かった
みどりのボードゲーム製作の部分が好き
後半になればなるほどキャラにも愛着が湧いて面白くなった
でも副会長の性格をあそこまで酷くする必要は無かったかな

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

昔はよくやってた気がするけど最近は個人的には触れないボード、アナログゲーム。
その楽しさを伝えてくれる作品だった。
キャラもメイン4キャラがそれぞれに魅力があって、キャラに声も合ってた気がする。
どのキャラも好きだけど、エミーの喋り方や声好きだった。
ゲームだけじゃなくキャラの成長も描かれていて○。
OP曲好き。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

引っ込み思案な主人公がボードゲームと出会って変わっていく物語。
ゲームデザイナー関連の話がしっかりとされつつも全体的なやさしい感じが損なわれていなくてよかった。
あとタイトル回収がよかったです。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

全体的にとても安定して良い作品でした。

テーブルゲームにしっかりと焦点を当てつつ、キャラクターの良さが際立っています。
それぞれキャラのストーリーがあり、テーブルゲームを通して面白く視聴が出来ました。

ただし副会長はダメ。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

今期が始まる前は一番期待していて、終わってみれば割といい感じだった。予想通り3人→4人を取り巻く優しい世界が広がっていてよかったけど、その背景はちょっと重苦しかった。それ以外にもゲームクリエイターの話が結構ガチで、見ていて面白かった。
ボードゲームのキャラや舞台が動いているのはいいかも。でも時々キャラたちが微妙な顔の作画になったのが気になった。
OP, EDに歌詞が流れるのは深夜アニメだとまず見かけないので意外だった。OP曲は今期の中でも結構良さげ。
みんないい子かよ~ってキャラクターにとても良いをつけたかったけど、副会長がうんこなので良い止まりで。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

今期私が見ていた中で一番安定していた作品でした。
翠ちゃんのゲーム製作に懸ける思いの熱さが特に印象に残りました。
京都が舞台ということで、京都の様子がとても丁寧に描かれているのが良かったです。
普段中々触れることの少ないボードゲームの入り口になるような作品でした。

メモ
Date:2019/10/04-2019/12/23
Ranking:3

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

原作未読。毎回ゲームを取り上げて紹介する緩い感じの作品なんだろうなという予想をしていたけど、それに加えて、わりとガチにゲームクリエイターを目指す翠のエピソードが絡んで来てなかなかアツかった。
そして作中に登場するゲームをやってみたくなった。

統計

Watchers

Status