アクセル・ワールド
2012 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Project

アクセル・ワールド

3214
視聴者数
89.93%
満足度
37
評価数

基本情報

タイトル (かな)
あくせるわーるど
タイトル (英)
Accel World
メディア
TV
リリース時期
開始日
2012-04-07
公式サイト
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

スタッフ

川原礫
原作
小原正和
監督
吉野弘幸
シリーズ構成
鶴岡陽太
音響監督
J.C.STAFF
撮影
今井大介
編集
横山さよ子
色彩設計
佐藤敦
撮影監督
井野元英二
CGプロデューサー
HIMA
原作イラスト
田畑壽之、阿部望
メインアニメーター
椛島洋介
デュエルアバターデザイン・アクション監督
愛敬由紀子
キャラクターデザイン・アニメーションディレクター
GENCO
プロジェクト統括
studio2010
録音スタジオ
サンライズ
アニメーション制作
評価
映像
良い
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

2期やんないかな

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

悪いわけではないけど、そこまで見入る感じでもなかった

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
良くない
キャラクター
良い
全体
普通

途中19話あたりで一気に最終話まで飛ばして見ました。それ以外のエピソードも二倍速で再生して、恋愛シーンなどはスキップしましたが、最後まで全話をしっかり見れなかったのは自分でも驚きです。まさに驚きの退屈さ。
どこから見ても話が進みません。逆に言えばどこからでも初見で見れます。
基本はバーチャル世界で主人公が強くなる。そしてヒロインなど女子キャラに惚れられて纏わりつかれる。という二つのシーンで構成されています。
ここまではよくあるラノベの話だし、主人公がイケメンじゃないからモテるなんておかしい、という無粋なことは言いません。
にしても、主人公は本当に陰キャですが、突然黒雪姫さんに見初められて現実世界でリア充を達成してしまいます。その時点で、すでにバーチャル世界でそれ以上強くなる必要がないのではないでしょうか。現実でリア充だったら、ゲームに引きこもってはいられないでしょうから。
この物語は、ほとんどがバーチャルでの努力や友情や勝利が描かれます。私にはそれが非常に無駄なことに思えたので、物語全部がとにかく無駄なことに時間を使っているようにしか見えませんでした。どういう人を視聴ターゲットにしているか分かりませんでした。

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

好きな話だった。

もっと先へ――『加速』してみたくはないか、少年。

おもしろかったかな?

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良くない
キャラクター
良い
全体
良い

デブが主人公
主人公がださいので、好み分かれそう
三澤紗千香が好きだから見てた

統計

Watchers

Status

関連作品