渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

1875
視聴者数
96.94%
満足度
492
評価数

基本情報

タイトル (かな)
やはりおれのせいしゅんらぶこめはまちがっている。かん
メディア
TV
リリース時期
2020年夏
放送開始日
2020-07-10
公式サイト
www.tbs.co.jp
公式Twitter
@anime_oregairu
ハッシュタグ
#oregairu
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5595
MyAnimeList
39547

動画サービス

シェア

会話/業務連絡
ダンスの意味合い
共依存という他者からの定義づけに
縛られる必要がないというアドバイス。

0
とても良い

最高だな・・・

0
とても良い

陽乃さんも随分と拗れていますね...奉仕部三人組の事を心配しているのだろうが。多分これまで何故居るのか分からなかった雪ノ下陽乃の意味がこのエピソードで何となく分かった。多分彼女は比企谷がもしも雪ノ下や由比ヶ浜と出会わなかった場合の写し鏡なんだと思う。比企谷に似ているからこそ共依存と言う言葉でしか彼らの関係性を妙な方向性で見てしまうのだと思う。故に比企谷は彼女によって自分の歪みに対して逐一気づかされていた。

雪ノ下陽乃が"酔えない"結末としての比企谷への教えなら平塚先生は反対の"正しい"としての比企谷への教え。正しい面から見るからこそ彼らの関係性は共依存という一言で括れない。そうやって先生は比企谷に対して常に何が正しいのかを教え続けてきた。比企谷はこれまで常に何かを決定的に確定させてしまうような言い草は避けてきた。だが平塚先生の後押しにより踏み出せてきた。

雪ノ下雪乃は何かを比企谷に伝えようとしていた、だが言えなかった。比企谷も物事を決定づけてしまう事を恐れ雪ノ下陽乃が言うようにまた逃げてしまった。彼女自身もそれを恐れて言えなかった。正反対だが妙に似ている歪みを抱えている二人組。だが次には全ての決着がつく。

今回も、雪ノ下陽乃という歪みと正しい平塚先生、そして雪ノ下雪乃によって比企谷はまた動く。―――もう直ぐ春が、やって来る―――。

余談だがいろはすが物凄くあざと可愛いかった。

0

無事プロム、雪ノ下母への進路報告。いろいろ問題なく進み、いろは、由比ヶ浜、雪ノ下、各々が、その終わりに向け交錯する中で、その結末を認めない陽乃。そして本物を探す比企谷。

そこで現れるのが平塚先生なんだなぁというのが熱い。そもそも奉仕部としてきっかけをくれたのも、いつでも打開の糸口となるのも平塚先生なんだなとしみじみ。

ラストの何かを決意した比企谷の言葉が気になるところ。

0
とても良い

プロムが実施され雪乃は母と表面上は和解、刻々と終わりが近づいているのだと感じさせる内容
一方で平塚によって終わりに向かう比企谷と奉仕部の物語に対し別の方向性が提示されたのはとても良かった

比企谷達の言動に見える、言葉や在るべき形にこだわり過ぎる傾向
それが陽乃と似通っていた為に特に比企谷や雪乃は陽乃の言葉に翻弄され、彼らは共依存を打破しようとし、自分達の関係を終わらせる道を選ぶ事になった
それ事態は間違っていないとは思う。でも、それが本当に選びたかった道なのかとも思ってしまう

在るべき形よりも好む未来の形を優先するいろはは印象的
奉仕部としての形にこだわる比企谷に対しておどけた風を装いながらも現実的で理想的な未来を示す
比企谷はきっと受け入れないだろうと判って、しかも無理に受け入れずに済むようにとも配慮している。いろはとしては終わる以外の道もあるのだと教えたかったのだろうね

同じように比企谷を諭す平塚先生。比企谷の内面を自然に引き出し、無理強いしない彼女だから出来る助言
第三期の奉仕部は自分達の関係に戸惑い、それをどうにか在るべき姿に変えようとした
でも、変える中で苦しいと思うのはそこには言語化出来ない気持ちがあるからなんだよね
終わりに踏み切れなかった比企谷、比企谷の袖を離せなかった雪乃
そこには言葉にも形にもならない『本物』の気持ちがある

願い事について結衣は「だいたい叶っちゃった」と言い、雪乃は結衣の願いを叶えるよう促す
どちらにせよ比企谷の願い事が3人の関係が終わる決定打となるのだろうね
『本物』の気持ちを基にした願い、それを口にする事で比企谷は終わりではない別の道を見つけることが出来るのだろうか?

0
とても良い

由比ヶ浜踊ってるとき嬉しそうだったが、「次で最後にするね」て言ってるときの言い方が切ないなと思った。

あと今回は陽乃さんの本音が垣間見えてよかった。陽乃は毎回核心をつくようなことを言ってくるが、それって雪乃のことを思えばこそで(おせっかいといわれればそれまでだが)、物語の進行上、めちゃくちゃ大事な人物だと思うんだよな。俺は彼女を嫌いになれない。

0
とても良い

切なさがピークではちきれそう
OPの「結末は雪じゃなく雨が降ればいい」になるのかどうか・・・無理なんだろうなぁ

0

偽物だから本物が欲しい。

0
とても良い

あの姉さん、なんでそこまで八幡たちにこだわるのかと思っていたら、自分がそうだったから……
実はやさしい人なのかもしれないなあ。

そして、先生が出てくると、なんだか安心する。
びしっと八幡にヒントを与えてくれて。ほんと頼りになる。
誰か嫁にもらってやってくれえー

こうなってくると、八幡が出す答えがわからなくなってきた。
共依存なんて簡単なものじゃない。どっちを選ぶかなんて話でもないだろう。どうか3人笑っていられる結末を……

0
良い

どの子も強い…結衣とのダンス正統派な感じがする。奉仕部の終わりかそれとも

0
とても良い

いろはがインカムを外し、雪乃と八幡の2人だけになったあとのやり取りはいつもどおりというか、彼ららしくて安心感すらあったが、それも短い間で、最後にはお願いを絶対叶えてほしいと念押し。

結衣と雪乃にこの先どうしたいか(言葉はないけれど)問われたシーンや、雪乃がまだなにか言いたげに八幡の服を掴むシーンも、自分がなにかの決定打になってしまうことを未だに避けているように思える。
陽乃は今回も八幡たちに鋭い当たりをしているが、今回は特に自分を八幡に重ねているように見えた。まるで「自分と同じ道をたどってほしくない」というような。

0

ヒッキーたち、2年生だった……
調整卓のフェーダーが全部下がっていたような……

0
とても良い

由比ヶ浜の「もう言わないから」「次で最後にするね」が重い
雲をつかむようだった陽乃の本質が、偽物みたいな20年という数字で急に小さく見えてきた

0
とても良い

陽乃さんの本音が少し見えたような気がする。

0
とても良い

・川崎さんホント三期出番ねぇなぁ…しょうがないけど😔
・プロムあっさりだな(小声)
・平塚先生ホントいい人…なんで結k(ry
姉のん相変わらず面倒臭いけど、人生まるまる母親に振り回されてるんだろうなぁと思うと…いや、やっぱり面倒臭いわ

0
とても良い

いよいよラストスパートって感じ。最後にどんな展開が来るのか正直想像つかんし、想像したくもない。比企谷はなんか羨ましい。
先生とお姉さんが反対の関係なのが面白い

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

いろはの空気察知力はすごい。場所は提供してあげるかぁ。
陽乃さんは陽乃さんでいろいろ我慢したり辛かったんだろうけども。
フリオ・フランコは草。
平塚先生が先生してるなぁ。軽口叩くけどいつもそうだった。

0
統計
満足度
96.88%
記録数
179
評価数
32
コメント数
17
評価
記録数