渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

1770
視聴者数
96.64%
満足度
449
評価数

基本情報

タイトル (かな)
やはりおれのせいしゅんらぶこめはまちがっている。かん
メディア
TV
リリース時期
2020年夏
放送開始日
2020-07-10
公式サイト
www.tbs.co.jp
公式Twitter
@anime_oregairu
ハッシュタグ
#oregairu
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5595
MyAnimeList
39547

動画サービス

シェア

とても良い

初々しいかよ...砂糖吐きそう🤤
ゆいちゃ...😭
そういう終わり方なんだ
悪い言い方をすると彼女公認のキープが出来てしまったわけですねぇ・・・

0
とても良い

急にこんなにデレるのかw ゆい、いろはす、こまちの関係いいですね。素晴らしいアニメ、素晴らしい最終回でした!

0
とても良い

リア充爆発しろ

0
とても良い

いろはすの麻雀例えワロタ
前回まではガハマさん切なすぎてガハマエンド来いと思ってたけど、この最終回見たらこれで良いなと思ってしまった。
あと、制服小町かわいい

0
いたこサポーター

くぅ〜

0
とても良い

甘酸っぱい!
まさかあれ程までに視聴者の心を掻き乱してきた俺ガイルの最終回がここまでイチャイチャ成分に富んでいるとは思わなかったよ!
雪乃のいじらしい表情を目当てに何度でも見たくなるね!

これまで比企谷達は在るべき形にこだわり、それでいて関係を確定させる核心を恐れてきた。だから雪乃が共依存から脱することで奉仕部は不要になると思い、比企谷が雪乃か結衣と結ばれれば今まで通りでは居られないと考えるに至った
特に結衣はその傾向が強かったね

だというのにいろはと小町の動きは素晴らしいね
いろはの「諦めなくて良いのは女の子の特権です」との言葉は比企谷が雪乃と付き合うからといって恋が終わる訳ではないと結衣に教えた
小町は雪乃達を矯正させる場所だった奉仕部を単純に人が集まれる場所と再定義した
終わると思われていたものは終わらなかった

印象的だった雪乃の告白
前回の遠回しで直接的でない彼らの告白はとても『らしい』ものであり、二人はあの遣り取りで充分に伝え合っている
だというのに雪乃は改めてとても直接的な告白をした。これは失う事を恐れ核心を避けて想いを表すことに慎重になっていた頃よりも一歩進んだのだと判るシーンだったね

そして、結衣は再び比企谷と雪乃の前に戻って来た
終わる為に、終わらせる為に心を砕いてきた三人の日常は『何故だかよく判らないけど』終わらなかったし、ずっと続くと明言された
これは果たして青春ラブコメと呼ぶべきなのか、それとも間違ったラブコメなのか
何はともあれ終わらない日々に到達した彼らの青春ラブコメがとても尊いものに思える最終回でしたよ

0

良いENDでした。
ずっとずっと続きを見ていたい。

0
とても良い

雪の下可愛くなりすぎやろ・・1期とはえらい違いだな。

最終回は展開が若干飛ばし気味だったが、平塚先生との別離のシーンとか心に残る良回だった。
あと作画もおそらく普段よりいい。流石に最終回は力入ってるなと思った。

0

3シーズンもやって長いわりには印象に残らない内容だった。最初の頃は群像劇として面白かったけど、全体的にぬるま湯過ぎた。あとは変にワンチャン残すような事しないできっちり締めてほしかった。
似たような話のとらドラも後半迷走してはいたけど、最後はきっちり締めてたからなぁ。

0

てぇてぇ

0
良い

リア充爆発しろ。

0
とても良い

ほんと「リア充爆発しろ」だよ!!!

0
とても良い

リア充になりやがったwww
平塚先生と結婚したい!!

0
とても良い

初々しい。まさかこんなデートを見ることになろうとは。全員集合最終回だ。平塚先生最高かよ。これはまちがってないだろう…

0
とても良い

口から砂糖が止まらん

俺ガイルらしいところもあれば、俺ガイルっぽくないところもあった。
前回で3人の関係性は確定して、八幡と雪乃は実質的にそういう関係になったのは明白だが、「付き合っている」と明言されているシーンはどこにもない。
ここは直接的な表現をあまり使ってこなかった俺ガイルらしいが、雪乃の告白はまさにどストレートな言葉だったからちょっと意外だった。
遠回しな言葉でごまかすようなことをする必要も理由もなくなったということだろうか。

これで結衣はきっぱり、となると思っていたが、どうやらまだ完全には諦めていない?
新生奉仕部に今度は依頼人としてやってきて、あくまで「これからも仲良くしたい」という願いだったが、プロムの中でなにか八幡に伝えようとして留まったり、いろはすからそそのかされたりで、まだ自分の気持ちを諦めてはいないように思える。
八幡と雪乃の関係はそう簡単に終わるとは思えないから、結衣は苦しいだけだと思うんだがなぁ・・・そこだけちょっと気がかりだ。

平塚先生のシーン好きだなぁ。差し出された手は握らず立ち上がるも、立ち上がったあとその手を掴んで感謝と別れを告げる・・・。
だれか拾ってあげてくれーーーーーーーーーー!!!!!!!

0
とても良い

色々一区切り付きつつも次の作業に邁進する中、小休止として入ったサウナの後美少女三人にを待たせ「先輩おっそ~い」って言われながら飲む好きな銘柄のコーヒー、最高か!????!!??1

本筋には直接関わってこないように見えるのに、いつも平塚先生で話が締まるな 最後手を降ってるシーンが個人的に印象が強かったからカットされて少し残念
自分で立ち上がって手を取ることで平塚先生の気持ちにも一区切りつけさせるの素晴らしいな…

小町ちゃん制服着たら横顔が八幡の面影があって笑った
作画仕事してますね…

定例の生徒会権限バグってるやつだ
顧問はどうするのかな~

0
とても良い

一気にデレたなぁ

0

陽乃って、八幡視点で描かれてるから強キャラに見えるけど、客観的に考えると大学生になっても度々母校に顔を出して高校生の妹の人間関係にマジちょっかいかけてる結構アレな人だよね。
これ、確かにひとまず決着はついたけど、最終的な決着はついてなくね?
この場合の「決着」というのは作品タイトルにもあるラブコメとしての決着を指してるんだけど、それ決着つける必要って本当にあったのかなあ、という違和感がまずあった。
よくよく考えてみると、作品タイトルにはラブコメってあるけど、本作ってそもそもラブコメだっけ?という根本的な疑問が。
シリーズ当初は、奉仕部に持ち込まれる思春期にありがちなトラブルや悩みを八幡達が解決するというゲストキャラ主導のストーリーで、その解決方法のユニークさに魅力があった。
どんな活動をするのかよくわからない謎の部の活動を描くタイプの作品として始まってるよね。
しかし、シリーズが長く続くと、どうしたってメインキャラ三人自身のドラマを描かないわけにはいかない。そうするゲストキャラにはあまり尺を割けない。
なので、ゲストキャラの個人的な問題が奉仕部に持ち込まれることがなくなり「立ち上がったプロジェクトをいかにして完遂するか」ばかりになっていった。シリーズ当初の路線が好きだった者としては、残念に思う感情があったことは否定できない。
ついでに言うと、プロジェクトでの八幡達の仕事っぷりが、高校生離れし過ぎているというか完全に社会人のそれで、いくら八幡や雪乃が有能とはいっても高校生としてのリアリティに疑問を覚えるというか読んでて仕事のこと思い出してツラくなる。
というか今の高校生ってこういう仕事の仕方してるの?
作品を構成する要素に確かにラブコメはあったと思うけど、それが主軸というわけではなく、恋愛だけに限らない、人間関係において発生するいろんな問題を扱った作品である、というのが自分の認識。実際、好きとかきらいとかの単純な一言で片付くような段階ではない的なことは原作最終巻でも何度も書かれてるし。
にも関わらず、作品の着地点としては誰と誰がくっつかを避けるわけにはいかなかったんだなあ、というのが自分が抱いた違和感なんだと思う。
自分としてはそこを避けてくれても全然よかったんだけど、まあそんなわけにはいかないよね。

0

雪乃が普通の女子になってしまった
八幡が「そっち側」へ行ってしまった=裏切り

時間、人、資金が足りない状況で、あんな場所を押さえられるのは、いくらなんでも……
最後の引きつった表情の八幡と背後の笑顔ないろはと小町がなんとも

0
とても良い

最初の5分ほどは八雪のイチャイチャデート。ああもうマジでめんどくさいけどマジでいい...その後終盤にかけてはプロム。最後に雪ノ下さんが直接好きと言って二人共悶えてたのがヤバすぎる。そして「ユキトキ」。最終回だし流してくれないかな~と思ってたらマジで流してくれたから神。しかもフルだし。最後に由比ヶ浜は爆弾を落とす。自分の好きな人が自分にとって一番大切な友達と付き合っているかもしれないと。だからどうすれば良いかと。だからまた春が始まる。だからこそ比企谷八幡は言った。「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」と。

0
とても良い

素直になったゆきのん、可愛すぎかよ。
小町といろはすの絡みも良かった。

0
とても良い

・イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャetc…
・戸塚さんタオルの位置…
・女の子が諦めなかった結果がnice boat…いやあれは誠が悪いか

三期のゴタゴタがなんだったんだって位凄まじくハッピーエンドなんですけどコレ🙄

0
普通

下見のときの雪ノ下さんはとても可愛らしかった。

0
統計
満足度
95.95%
記録数
170
評価数
37
コメント数
24
評価
記録数