けいおん!
かきふらい・芳文社/桜高軽音部

けいおん!

6602
視聴者数
94.04%
満足度
194
評価数

基本情報

タイトル (かな)
けいおん
タイトル (英)
K-On!
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
Wikipedia
しょぼいカレンダー

シェア

スタッフ

山田尚子
監督
吉田玲子
シリーズ構成
鶴岡陽太
音響監督
百石元
音楽
高橋博行
楽器設定
竹田明代
色彩設計
山本倫
撮影監督
小森茂生(F.M.F)
音楽プロデューサー
重村建吾
編集
堀口悠紀子
キャラクターデザイン・総作画監督
京都アニメーション
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

唯死んじゃったかーしか、知らなかったので見ることに。

主人公成長しすぎぃ!
もっと喧嘩するもんかなと思ってたけどそうでもなくて、
全員ヒューマンスキル高めに思えた。

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

◎かなり面白かった

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

日常にこそ、事件や冒険、ワクワクがつまっている。
そんなことを思い出した一作でした。
基本的にどの話も切り取った日常を映したものになっています。
どれもありふれた日常なはずなのに、吉田玲子先生にかかれば、それが良質な物語へと変換される。
一見誰でも書けそうな話なのに、その裏には綿密な計算の上で組み立てられた物語が存在する。
脚本家吉田玲子を強く意識したのは『若おかみは小学生』からですが、本作とメダロットでその凄みを存分に味わいました。
何を書かせても、物語る話が必ずおもしろい。
これは吉田玲子先生の作品を深堀りしなくちゃいけない、一生ついていきたい人だ。
そう思わせる魅力がけいおんにはありました。

ほとんど吉田玲子先生の話になってしまいましたが、まとめに一つ。
当たり前の日常だってドラマの一つ、アニメのシナリオを学びたければ、けいおんを見よう!

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
普通

かなり古い作品なので最近の京アニの作品と比べると作画が劣っているが、当時にしては凄かったんだと思う。内容については社会現象になる程の作品では無いと感じた。個人的にはたまこマーケットの方が好き。

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
普通
キャラクター
とても良い
全体
良い

けいおんは曲が良いな

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

最初から最後まで見ていてとても癒されるアニメでした。
キャラクター達の表情がコロコロ変わって本当に生き生きしていてめっちゃ可愛かったです。
自分自身がクソみたいな高校生活を送っていたので軽音部のゆるゆるで仲良しな雰囲気は本当に羨ましい、こんな青春送りたかったと思わせてくれました。嗚呼やり直してえ
最終回の学園祭でのステージはまさに"放課後ティータイムなりの武道館"という感じで、この5人で楽しんでやるからこそ素晴らしい演奏になるというのが体現されていて泣きそうになってしまいました。
2期、映画も直ぐに見たいと思います。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

ほのぼのできる
心温まる神作

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

ほのぼの~~~

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

自分の人生を変えた作品。

この作品に出会ってハマっていなければ今こうやって感想を書いていません。

この作品に巡り合わせてくれた全ての人に感謝

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

いつ見ても癒される

統計

Watchers

Status

関連作品

けいおん!シリーズ