ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

ゾンビランドサガ リベンジ

1255
視聴者数
97.04%
満足度
302
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ぞんびらんどさがりべんじ
メディア
TV
リリース時期
2021年春
放送開始日
2021-04-08
公式サイト
zombielandsaga.com
公式Twitter
@zombielandsaga
ハッシュタグ
#ゾンビランドサガ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5929
MyAnimeList
40174

動画サービス

シェア

良い

振り回。めっちゃ真面目にアイドルものやるやん!

0

令和の時代に昭和全開

0
良い

4:3の画角演出、ニンジャスレイヤー以来かも

0

停滞は死と同義。3号ソロ。
純子の憂鬱。屋根でアコギ。昭和画角

0
良い

3号がアイアンフリルの愛に似てるって、そりゃ言われるよね…
しかも直々にスカウトきた!どうする愛…
純子が歌うときって、話し声と違ってグッと大人っぽくなるのなんか好き。そして画角が変わる昭和演出w
ところどころたえの仕草が面白いw

0
良い

生首と普通に会話すな

0
とても良い

純子が屋根の上でアコースティックギターを弾き始めたところまでは我慢できたが、画角が4:3になったところでたまらず吹いた。純子の普段の声とは違う歌声、かっこよくてシビレる。
純子と愛の、互いに認め信頼する仲間であると同時に競い合うライバルでもあるという関係、本当にイイよネ……。
第一期で愛は自分の死という過去と対峙したが、今回はアイアンフリルという残された人達と対峙することに。どんなドラマを見せてくれるか、楽しみ。

0
良い

○ァミコンウォーズwww

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

前回書こうと思って忘れてたけど今回もOPが口上付きで良い。
そして動きがすごいな。

いい話してんのにさくらが首だけなのが無理w
体だけで戻ってくるしw

引き抜き。
見る人が見ればわかるもんなんだなぁ。

どんな一手で前座を乗り切るのか。

0

愛に依存しまくりの他メンバー、そしてアイアンフリルを意識する愛。そんな中で巽は愛以外のメンバーでライブへの参加を決定して、しどろもどろな純子。さらには愛へのアイアンフリルへの引き抜き提案と、混迷を極めるライブ直前。これをどんな爽快なストーリーに仕上げてくれるのか、続きが楽しみだ(*´-`)

0
とても良い

やっぱOP良すぎる~~~~飛ばせね~~~

純子ちゃんやっぱ歌声かっこよすぎる。
めっちゃ自然に生首と話し始めるし「あっ、前失礼します~」みたいに体戻ってくるしで真面目な話が頭に入ってこないw

アイアンフリル、引き抜きかぁ。なんと因果なものか。

0
良い

トップアイドルだった愛と純子の信頼関係が良い。
幸太郎が問題視したのは、メンバーが愛に頼り過ぎてる点?愛がアイアンフリルを意識し過ぎてる点?
世代的にPCが全然ダメな純子が可愛い。

0
とても良い

唯一現代のアイドル事情に詳しい愛ちゃんへの依存度が高いフランシュシュをなんとかさせるため、愛ちゃん抜きでアイドル活動をさせる脳筋改革。
1期で顔カプ人気のあった純愛にうまく肉付けが為されている印象。次回が楽しみ。

0
良い

愛さんがいなくて純子が苦労する回。純愛してるな

0
とても良い

フルメタル・ジャケットとFPSのパロディに笑った。

純子の弾き語りシーンで映像が4:3になってセピアカラーになったの良いなあ。

ついにアイアンフリルからの引き抜き打診。愛はどういう気持ちの整理をつけるのかな。

エンディング、曲調が織田哲郎っぽい。

0

メンバーが愛に依存しすぎている、とみて問題視したのか
幸太郎は双方に別行動をとらせる。距離を置かせたことで
この処置が、グループ崩壊の危機を招く。

親心のつもりかもしれないが、メンバーの態度に気になる面はあろうと
愛が必要だからであり、ほかに手の打ち様はあったのではと思える。
準備不足による過去の失態を悔やんでいながら
決断を躊躇しない幸太郎に無能上司の典型を感じてしまう。

0
良い

純子の曲の哀愁スゴかった。

0
とても良い

辺境の地佐賀で燻ってるような存在じゃないと過去のグループから言われるの堪えるね。
純愛の苦悩がフランシュシュを次のステージに進めてくれると信じてるぞ。

0
Shimba, Kojiサポーター
良い

エンディングのビーイング楽曲感がすごくて懐かしい気持ちになった。
愛ちゃんがたくさん見られて嬉しい。さくらと純子の会話シーンは映像が気になって会話が全然頭に入ってこなかったw

0
良い

東京のアイドルの前座…お話としていいところを突いてくるなぁと

前座はファンを増やす・知名度を上げる機会ではあるけど、“向こうのファンを奪ってやろう” “爪痕を残してやろう” という意欲が見え過ぎると主催側のファンにバチバチに嫌われたりもする…フランシュシュはどうかな

昭和のアイドル猫写良かった

0

屋根の上で歌は「時間ですよ」の浅田美代子さんかと思ったら、ギターを弾いていたのは別人、というか弾き語りではなかった

ミリタリーケイデンスは「Up in the Morning with Drizzling Rain」の替歌みたい

0
統計
満足度
96.67%
記録数
207
評価数
60
コメント数
21
評価
記録数