白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

魔女の旅々

1847
視聴者数
92.11%
満足度
1010
評価数

基本情報

タイトル (かな)
まじょのたびたび
メディア
TV
リリース時期
2020年秋
放送開始日
2020-10-02
公式サイト
majotabi.jp
公式Twitter
@majotabi_PR
ハッシュタグ
#魔女の旅々はいいぞ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5762
MyAnimeList
40571

動画サービス

シェア

なるほど注意書き

0
とても良い

これは凄い回だった....。

0
とても良い

久しぶりにリアタイで観たけどなんと感想を書いたものやら…。まるでまどマギを観たかのよう。エステルさん心なしか美樹さやかに似ていたような…。ラストに映されたラベンダーの花や舞い落ちる紅葉した落ち葉が刹那的に見えて一層美しく感じられた。

途中から黒のフードの二人組の強盗とはもしやエステルさんとイレイナさんでは?!なんて勘繰って見てたが、その線はなかったか。

普段淡々としているイレイナさんが激情に駆られて泣きじゃくる姿は印象的だった。これまで比較的に傍観者としての立場に留まり他者の人生に深く関わろうとはしなかったようにみえるイレイナさんが、他者を救えなかった自分の無力さに打ちひしがれて泣きじゃくる…。今話はイレイナさんのターニングポイントになるのだろうか。

0

楠木ともりさん

0

確かに、事前告知必要なぐらいエグい回でしたね。
EDも映画風の暗いテロップ流し。
いろいろ異なる回。

0

まぁ、ある意味ハッピーエンドという見方もできるけど、完全にイレイナは悲劇として捉えていて、「悪かったのか良かったのかどう考えるかはあなた次第」みたいな余韻をもたせられないのが本作の弱い所かも。
でもコメディタッチな切り裂き魔の後にダークな殺人鬼の話を持ってきたのは面白いかもしれない。

0

イレイナの初挫折?
えーでだから、カエデの落ち葉ってわけでもないよね
まあ、犯人は想定内で、もうひとつ思ったのがエステルの親が犯人
エステルは正当防衛でも緊急避難でも無くて、自分を裏切ったセレナの処刑=断首。エステルが免責ってのはどうなのよ

0
とても良い

今回のイレイナさん。傍観者モードではなく、ちゃんと当事者モードになってましたね。

0
とても良い

今回のはちょっとダークなお話。
悲劇を救おうと過去へ飛ぶ。
都合よく過去を変えて未来でグッドな世界をじゃなくて、過去を変えても自身がいた未来は変わらないとしたうえで自己満足だとエゴを自覚するエステルには好印象。
ただこの展開最初からなんか怪しいなと思ってたら案の定でしたね。
前提が違ったのだ。
あとセレナの父親きっしょ。

思い起こすのは3話ですが、3話は介入して悪化させたあとに知らんぷりしたように見えるのがわりと嫌いだったけど
今回のは前提が違った故の事故だしイレイナも親友を二度殺すことになるところを止めようとしてたのでそこまで胸糞な感じはなかった。
無力さを嘆く人だともわかったのもね。

あと冒頭にショックな描写に対する注意書きあったけど、なぜだろうね。
なぜか慣れたシーンだったね。不思議だね。L5とか学校の日々とかいろいろ

0
とても良い

・そう、私です…
救いのないENDも又吉。あの後殺される予定だったおじさんだけがある意味幸せか…?

0
良い

魔女の内山さん。時間転移も出来る魔法万能だけど犠牲が重い。まさかの犯人救われねえ。いつもの強きさとは違って自分の無力さを知っていて意外

0

魔女の旅々 第9話。9話目は重い話になると聞いてどんなものかと思ったが途中で真相はだいたい予想できたし、たしかに後味悪めの話だけどあいかわらず突き抜けっぷりが足りなくてぬるく感じられてしまった。

0

またキッツイのきたなぁ...

0
良い

イレイナさんもっとサイコな感じかと思ってた

0
良い

うわぁ、救われないな。
ただこの内容なら30分かけなくてもと思った。

0
とても良い

また救われない話が来たな・・・
結末はおおよそ想像できたが描写が重いことには変わりはなく。

イレイナは本当は情に厚くて、深く介入してしまうのが旅人として良くないからあえて無干渉で、ドライであろうとしていると聞いて今回のイレイナの様子にも納得。

0

ついに泣いちゃった

0
とても良い

やばつら

0
とても良い

冒頭に注意出てきてなんだと思ったらグロ注意とな

オチは割と想像できてたんだけど、そこでセレナが狂ったきっかけとか、エステルが最後思い出を代償にしてまで魔法を使うに至った所とかはもうちょっと突っ込んで視覚的な描写が欲しかったかなあと
まあそれを表現するのに30分枠じゃ少し尺足りなさそうだけど…

ともかく定期的に来る救われないエンドで満足

0
とても良い

 公式から過激な表現に注意してくださいといった趣旨の警告がなされていた。グロいとかではなく容赦ないなというのが率直な感想だった。さすがにイレイナも堪えた様子。結局エステルはセレナを殺してしまったけど、それで解決だったのだろうか。あの精神状態じゃ、あの場で殺すしか選択肢はなかったのかもしれないけど。
 セレナは家庭環境がひどく精神が異常になってしまうのはしかたのにこと(殺人を許容することはできないが)。エステルは親友だと思ってたセレナは自分の手で殺してしまった苦しみから解放されるのに加え、親友を善良な存在にしたいという思いで過去へ戻ったのに、実は元からセレナが殺人狂だったことにひどく絶望していた。イレイナは、なにも知らない人から見れば誰もが呆然としてしまうような場面に遭遇してしまった。誰も咎めることができず、これまで以上にすごくモヤモヤする話だった。なんとも言えない気持ちになった。自分が彼女らの立場だったらどうするだろう。そしてどうするのが正解だろう。なかなか堪えが出せないのも、このもどかしさの原因かもしれない。これからイレイナはどうするんだろう。簡単に首を突っ込むのをやめるんだろうか。

0

冒頭に注意書き初めて入ったけど…?しかもOPなし?
過去にさかのぼる薫衣の魔女エステルとイレイナ。エステルの親友、幼いセレナを助けるためだったが。。。
セレナ、、くるってる・・・エステル。。。あーーー・・・記憶と引き換えに魔力を。。。
お疲れ様、イレイナ。

0

時を戻る系だったので、何かしら悲劇が起きそうな予感はしていましたが、想像以上の展開に息を飲む。

エステルがセレナ両親を家から避難させることに成功するものの、めった刺しに違和感を覚えたイレイナは、エステルの推測の誤りを疑う。この時歩いていた路地でポツリポツリと滴る水滴の音はすでに殺された両親の血だったんだなとか、「両親に虐待を受けていた」という話が叔父の時の言い分と同じだなぁとか、もしかして初対面の時のバスケットの中身は黒フードとナイフだったのかなとか、考えると震えが止まらない。

出だしの「記憶を魔力に変える」といった説明が、ラストに繋がるといった構成、ホントそそるなぁ。

0

時間遡行の魔法の素材、血のドモホルンリンクル。なんとなく初見で一件目の両親が殺されたのも娘がやったんじゃないかと予想してその通りだったけど、その後の展開が凄すぎた…。短い1話の尺でここまで心を揺さぶる脚本、演出、構成に脱帽。親からの性的虐待もたった二言のセリフで伏線張ってて上手すぎるでしょ。
あと蛇足だけど、多世界解釈を理解してる割に、自ら過去に干渉しに行って元の時間軸に戻る前提って本末転倒な感じがしたけど、それを理解した上で助けに行くって設定がより悲惨さを増してるから、あれで良かったのかな。

0
とても良い

自分かなりグロ耐性あるみたいだ
めっちゃ面白かった・・・・

このひどさがいい、この救われなさ、イレイナの未熟さ・・・

0
良い

開幕から迫真の注意書き
描写も内容もやばかった
OPなし、EDは真っ黒
本人は記憶なくしたから悲しんでないけど、イレイナが泣くのは珍しい

0
とても良い

うぉぉ、またエグイ話を書きよる...
イレイナが容姿端麗なのが唯一の救いだなこのアニメは...
他は地獄みたいなエピソードばっかじゃんか

0

ようやく観れた

0
良い

ビックリする内容だった。

0
とても良い

注意喚起あったのはグロ注意でしたか。
今回は思いっきり救われない系でしたね。
当作品両極端な結末があるの結構好き。

0
manabu,ももーんサポーター
良い

セレナが両親を殺害していたってのは読めていたけども、エステルが処断するとこまではやらないだろうなぁって思ってただけに。
記憶を代償にしたのは正解かもしれない。

結果、一番しんどい思いをしたのはイレイナかもなぁ。

0
統計
満足度
98.53%
記録数
300
評価数
68
コメント数
33
評価
記録数