GOSICK―ゴシック―
2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

GOSICK―ゴシック―

1731
視聴者数
62.36%
満足度
60
評価数

基本情報

タイトル (英)
Gosick
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

聖マルグリット学園の図書館塔の上、
緑に覆われたその部屋で、
妖精のような少女 ―― ヴィクトリカは待っている。
自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を ――。
そして一人の少年〈春来たる死神〉を ――。
二人の出会いが、全ての始まり。
その物語、GOSICK。

引用元: http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gosick/story/index.html

スタッフ

桜庭一樹
原作
武田日向
キャラクター原案
岡田麿里
シリーズ構成
川元利浩
キャラクターデザイン
富岡隆司
キャラクターデザイン
富岡隆司
総作画監督
竹内志保
デザインワークス
近藤由美子
美術監督
岩沢れい子
色彩設計
京田知己
ビジュアルコーディネーター
古本真由子
撮影監督
定松剛
編集
原口昇
音響監督
倉橋静男
音響効果
日本コロムビア
音楽制作
ボンズ
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
普通
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
普通

ミステリーのようなファンタジーのようなロマンスのような?

序盤は割とミステリー色が強く感じ、中盤から最後にかけてはヴィクトリカ自身
の謎と父の企みの謎を追うといった感じですかね。

正直、何度も見るのをやめようかと思った。つまらないと言うより、
置いていかれている感が強くて。
悠木碧さんでなかったらやめてましたね。

統計

Watchers

Status