Tone Koken,hiro/ベアモータース

スーパーカブ

1076
視聴者数
95.8%
満足度
397
評価数

基本情報

タイトル (かな)
すーぱーかぶ
メディア
TV
リリース時期
2021年春
放送開始日
2021-04-07
公式サイト
supercub-anime.com
公式Twitter
@supercub_anime
ハッシュタグ
#スーパーカブ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5943
MyAnimeList
40685

動画サービス

シェア

とても良い

原付バイクで登校。
それだけなんだけど、カブを降りたあとの小熊が、もう。
ヘルメットかぶってたから髪型気にしたり、ヘルメットをどうしようかと悩んだり。
そして、立ち去る時にシートをぽんぽん、て。
かわいい!!

小熊の性格では、今日バイクで来たんだーなんて言えるわけないよなあw
でも、小熊にとっては大きな変化。一人でにんまりしちゃう気持ち、わかる。

カブつながりで声をかけてきた礼子。
引っ込み思案な小熊でなくても、ああまくしたてられると何も言えないと思うw

しかし、タダでもらったヘルメットとグローブ、ちゃんとしたものだったんだ。

まっすぐ帰らず、ちょっと遠出してお買い物。
本当に少しだけど、小熊の世界がまた広がって、それだけで感動してしまった……

0

最初は小さな寄り道からでええんやで

0

ミラーで髪型チェック。愛車をポンポン。
妄想発言。家庭科室の現実。カブ乗り邂逅。
ラジオ、切れかけのレトルト。
そつない「おはよう」。
友達(カブ)と昼食。
混んでる電子レンジは遠慮しちゃう性格。
右折してスーパーで激安レトルトゲット。

0
良い

バイクに乗ると世界が広がる。だがウインカー芋もやらかす。

0
良い

すぐにベタベタしないのがいいな

0
とても良い

小熊めちゃくちゃ可愛いな...。黒髪地味めかつ仕草がとてもいい。
礼子も他意はなく純粋にバイクが好きなんだなという感じで好感が持てるキャラ。
2人の距離感はあくまで同じカブ乗り仲間という感じで繊細で良いね。バイクが友達。
徐々に小熊の世界が広がっていく、視野が開けていく感覚がとても心地いい。個人的には1話より好きだったかな。

0

59円は安い。

0
とても良い

原付でどこまでも行きたいですね。

0

感応式信号で待ち続ける小熊ちゃん...

0
良い

今どきの高校って電子レンジが、教室にあるのかっ!
変なヤツが出てきた

0

覇権神アニメ

0

相変わらずきれいな作画と穏やかな構成に舌鼓を打ちつつ、前話では基本的に主人公とカブの間で完結していた世界観が、礼子という存在を通して、一歩先へ広がっていく様子、そして、白米に合うタレの開拓という、閉じた主人公の世界観に彩りをもたらすといった話の展開がとても好き。人と話したいものの、上手く行かない主人公が礼子を通してどんなふうに変わっていくかも楽しみな作品o(。>ᴗ<。)o︎

0
良い

小熊の日常を鮮やかに変え、小熊の生活の中で大きくなっていくカブの存在
それは学校での立ち位置まで颯爽と変えてくれるものではないけど、礼子との繋がりを生むきっかけとなった
そしてその礼子はというと……これまた濃いキャラが登場したなぁ(笑)

クラスメイトから下に見られてしまうカブは高校生が好む物としてはちょっとニッチだから同じようにカブを好む者を引き寄せる
だからって礼子のこだわりは強すぎるのだけど(笑) ああいった物に乗って登校する女子高生とか近所で噂になるレベルじゃないですかね……
あと、カブが友達というのは流石に大げさな冗談だよね……?

礼子が教えてくれた「何処までも行ける気分」
すぐには理解できなかったその感覚はカブに乗る内に小熊に理解させてくれる。
交差点を進む時、何もまっすぐ走るだけが道ではない。いつもと違う道へ曲がったって良い。そうすれば知らなかった場所をカブは教えてくれるし見せてくれる
カブがまた一つ小熊の日常の鮮やかさを増し、明日への楽しさを生むきっかけとなったようで、見ているこちらの心まで温かくなってしまう

それにしても小熊と礼子の距離感には感銘を受けたなぁ
オタク向けの作品ってマニアックな趣味を持つ者同士が出逢えばすぐ友達等になる事を『当たり前』として描いている作品が多いと思うだけに、本作のように話すきっかけになってもそのまま仲良しになるわけではない、距離感を測りかねているという展開はあまり見た覚えがなくて衝撃的だったかも

0
良い

カブに乗るのが楽しいのは伝わるけど何したいのかよくわからないな。

0
良い

バイクはともだち。

0
とても良い

コメリの主張が激しい

0

小熊は昼食のときだけ、センタースタンドだったような
普段はサイドスタンドなのに
ヘルメットホルダーは、リングのあごひもを切られて盗まれるし、ひもが痛むから使わない方が

走行距離=成長かと思ったら、違った
20km/hは、いずれ30になるのかな

0
良い

古いカブはいいぞ。耐久性も安定性もあるし、デザインも逆にエモい。中古でも原付としては安くはない。旧ジョグもエモいけど、カブの方が好き。
礼子はカブマニアだw
小熊の世界がほんの少しずつ広がっていくのが良き。
団地で一人暮らしなのが気になる。

0
とても良い

新しい友達、知らない場所。ないない女子だった子熊の静かな世界が、カブとの出会いをきっかけに少しずつ拡がり躍動してゆく様子が丹念に描かれた回でした。新しい出会いに戸惑いながらもその喜びを噛み締める子熊の姿がとても可愛らしくこちらまで心がじんわり温かくなります。

子熊は基本的に表情の変化が控えめなのですけど、その分ちょっとした仕草や振舞いを丹念に描写していて、別れ際にカブをポンポンと叩いたり、意を決したようにリュックの肩紐を掴んだりと、全体の姿を使って丁寧に心情を表現しているのがまるで実写映画を見ているような感じで好きです。

それと本作品は笑顔がすごくイイ。妄想した後の子熊のはにかむ顔やバイクを見せる礼子のキラキラした表情、一緒にお昼を過ごす二人の白い歯を覗かせる笑顔。表情の変化が控えめな分笑顔がより引き立つのもあって、嬉しいのがぱっと実感として伝わってきてこちらも頬が緩んでしまいます。

あと、改めて音響と劇伴はホント素晴らしい。エンジン音の臨場感にはゾクゾクしたし、劇伴は作品にそっと寄り添うような曲が選ばれていて拘りを感じます。優しく繊細な曲調はそのままに今回は子熊の変化に呼応するようにやや明るめで賑やかに躍動感のある曲調になったのが印象的でした。

0
良い

概要:
バイク通学の暴露
礼子とカブトーク

作品として:
3Dと2Dの絵がいい感じに溶け込んでる。音楽も雰囲気に合っていて良い感じ。ストーリー性は薄いがゆったり見ていられる。

今話:
友達ができた。次は遠出するのかな。

0
とても良い

やっぱりぼっち小熊に対して、意地の悪い貧乏イジりをするクラスメイトがいた😢。
カブ好きの礼子。カブのことになると早口になるオタク。でも、社交的な性格と美人な外見のおかげでクラスの皆とは上手くやってる。
小熊の礼子と仲良くなりたいけど、ビビってグイグイ行くことはできない感じが良い。見ていて脳が苦しくなる。
「どこにでも行ける」で行ったのが普段行かないスーパーで、そこでレトルト丼のまとめ買いというのが小熊らしくて可愛らしい。

0

スーパーカブ 第2話。主人公が口数少ないタイプなのもあって地味ね。この落ちついた雰囲気がいいという見方があるのもわかるが。

0
普通

礼子キャラ強すぎないか?素朴主人公の次にぶっこむのこの子でほんとにええんか??

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

「バイクで来たの」で人気者に!?
と思ったら妄想だったw

同じクラスの子、カブガチ勢だった。
郵便局のお下がりとは。

てか今どきの学校は電子レンジあるんだな。
でも温めないw

カブで寄り道。
世界が拡がっていく。

0
とても良い

キャラ強めの同級生現る。カブに乗ったことはないけど、「どこにでも行ける」楽しさは原付はじめて買ったときにあったなぁ。

0
良い

カブのヘルメットホルダーってめっちゃ使いにくいところにあって、アニメで見てもやっぱり使いにくそうで笑ってしまった。
しかし素朴ながら、バイクの良さが伝わるアニメで良いなぁ。

0
良い

郵便局のカブがめちゃくちゃいじられてる。郵便局の音がすごい。

0
とても良い

小熊と礼子の温度差・距離感が面白い。
礼子の言葉を受けて、初めて寄り道。
「チェーンキーは明日」の楽しみは取っておこう、でも内心めっちゃ楽しみっていうのが出ちゃってる感じ、かわいい。

0
良い

記録したつもりでしてなかった。

0
とても良い

カブオタクの礼子登場。何の断りもなくご飯に誘ったりカブを見て興奮しまくるなど典型的な不器用オタク。そんな礼子と共通の話題を持てた主人公は嬉しそうで何より。
後半の下校道、いつもはまっすぐ進むところを右に曲がった瞬間に色味が鮮やかになった。こういう演出はとても好き。繊細すぎてアニメとしては違和感が出るぐらい丁寧で緻密な絵だからこそ余計に映える演出なんだろうな。

0
統計
満足度
96.99%
記録数
264
評価数
83
コメント数
34
評価
記録数