Tone Koken,hiro/ベアモータース

スーパーカブ

1209
視聴者数
95.69%
満足度
687
評価数

基本情報

タイトル (かな)
すーぱーかぶ
メディア
TV
リリース時期
2021年春
放送開始日
2021-04-07
公式サイト
supercub-anime.com
公式Twitter
@supercub_anime
ハッシュタグ
#スーパーカブ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5943
MyAnimeList
40685

動画サービス

シェア

良い

近くて遠い場所、とはそういう意味か。
確かに山梨なら近い。でも、遠い。
というか、バイクで登ることが可能だったのは知らなかった。

しかし、壮絶だった……
普通の女子高生がやるようなことじゃない。
小熊に言った言葉を証明するために、自分で自分を奮い立たせていたのが礼子らしいというか。

そんな礼子の行動に、バカみたいと小熊は言ったけど、
礼子と同様に小熊もカブの可能性を感じているように見えた。

これまでとは毛色の違った話だったけど、「スーパーカブ」の可能性を見せる、
この作品らしい話だったように思う。
そして、小熊のカブは二種登録されちゃう?

0

カブノススメ

0

お茶より水がいい
お好み焼き
柱をギューッ
ご安全に
軽快なBGMからの転倒
二輪冒険家
オフロード カスタム
転倒,転倒,また転倒,握りこぶし
山に体を立ててはいけない。体を沿わせる
重畳輸送の途中で拾われるカブ
お好み焼きは残り1ピース
寝袋とベッド

0

うぉぉ林道攻めてるぞ!

0
とても良い

いきなりハードなアニメになったぞ。
林道や坂道みたいな急斜面で、スプロケットの改造が効いてくるんだろうな~

しかし小熊ちゃん、原二でも取るんだろうか。
エンジンのボアアップみたいなことを礼子が言ってたけど……110ccにクラスアップするのかしら?
50ccだとツーリングは不便だからね……

0
良い

めちゃくちゃ危険なのに加えて高所恐怖症ワイ、震えながら視聴。現場のおっちゃんめちゃくちゃ漢気あるね。
寝袋に入ってる小熊が可愛い。なんだかんだ趣味を通じてめちゃくちゃ距離が縮まってるなぁ。

0
とても良い

夏の間に礼子が何をしていたか明かされる回。いやバカでしょ礼子、かっこいいけど発想がトンでる(褒め言葉)。それを許すバイト先のリーダーもすごいな。
あんだけ身体吹っ飛んでたらバイクより先に礼子がイカれそうな気もするが、なぜ彼女はあれほど頑丈なのか。モーターカブの強さを垣間見ることができた(?)
主人公ちゃんはどんどん挑戦的になっていってる、かっこいい。雰囲気的に目標が一緒になるのかな?

0

違うアニメになったというか、本性を現したな。

0

礼子はキレイ系かと思いきや、パンクな女だな。
こんな行為、自治体や在籍校に伝わったら
やめさせるだろう。

現場監督っぽいおじさんは、
礼子の状況を知りながら黙認してるもよう。
従業員が怪我したら業務に差し支えるのに
当人の意志を尊重してのことだろうか。

路面の凹凸を見つけ次第、取り除きながら登るべきだと思うけど
ノンストップで駆けあがることがポリシーなのか。
土手から転げ落ちたら怪我だけですまないかもしれないのに。

ログハウスに車体乗り入れしているところは
微笑ましかった。

0
とても良い

小熊の場合はカブが新しい世界へ連れて行ってくれるという印象を受けたけど、礼子の場合は可能性を切り開く為の武器がカブという感じなのかな
カブ仲間はカブ仲間でもカブへの見方が随分違ったのは意外だったかも

自由を阻む高い壁の具現化的存在として富士山を相手に考えた礼子
普通は許されないバイクでの登山。それは自由が制限された空間であると同時に限界を試される空間でも有るのだろうね
玲子の場合、富士山に登るのは「そこに山があるから」ではなく「普通は登れないから」なのかもしれないね

ただし、限界を攻めれば自分を追い込むような行為になってしまう。苛立ちが続けば全てに対して悪感情を抱いてしまう
残酷なのは礼子が挑む富士山は世界一高い山ではないということ。富士山以上に高い山を登った人間は存在しているのに礼子は富士山すら満足に登れない

でも、一方で富士山は敵ではないんだよね。それに気付けたから礼子は逆境を楽しめるようになった
カブで富士山を登る千載一遇の好機。例え登り切ることは出来なくても「カブなら何処までも行ける」事は証明できる
だから挑戦は成功せずに終わっても礼子は悪くない気分を味わえたのだろうね

話を聞いた直後は礼子の挑戦を「馬鹿みたい」と言った小熊。だというのに眠る時には「私のカブなら頂上まで登れる」「出来ない事はないと思う」なんて言ってしまう
礼子の挑戦が小熊にも影響して「カブなら何処までも行ける」という心を伝播させたのかもしれないと思うと礼子の挑戦はある意味成功と言えるのかな

0
良い

バイクはバカにしか乗れん!

0
良い

礼子回。何度も転倒する姿からカブで登山挑戦する厳しさを感じつつ、やり切った清々しさも。それと共に、遠くを見るような話し方だったり、突然親しげになる掴み所のなさなど、礼子のちょっと不思議な性格が印象深くもありました。あけすけで気持ちの良い子でもあるんですけどね。

そして今回、回想をメインにストーリーが進みましたけど、子熊の問いからタイトルカットを挟んで礼子の回想へ、更に山小屋店主の問いから富士山を目指し始めた経緯の回想へジャンプ、と時間を行ったり来たりしつつも自然にお話が展開してゆく繋ぎの巧さが印象的でした。

それにしても、昔原付でコケた時めちゃくちゃ痛くてしばらく起き上がれないほどだったので、何度も転倒する姿はまあ見ていて痛々しかったです。よくもまあ無傷で済んだなと。

0
とても良い

礼子、ただのカブ好き家太お嬢様だと思ってたら、かなりアツいヤツだった。好きになった。
それはそれとして、ジャンル変わりすぎだろ笑

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

カブで富士山頭頂を目指すとかなんて無茶な…って思ったけど実績あるんかぁ。

最後滑落だよねぇ。だいぶ危険そうだ。
本人は達成感あったようで良かったけど。
レストアも大変そう。

私のカブなら登れてたって負けず嫌いだなw

0
良い

滑落怖すぎるわよ...。それにしても礼子はロックなやつ。

0

カブで富士山登るか。高山病がやはり気になるところ。5合目で何日も生活していれば慣れるのだろうか。

0
普通

ギアいじったっけ、ロー入っちゃって、もうウィリーさ

0
とても良い

世の中には常人に理解できないやばいオタクがいるということがよく分かるアニメ

0
良い

/^o^\フッジッサーン

0

山梨ならほうとうじゃ?
タイヤはノーマル?キャタピラの跡なんて走れないような

「2段階右折あるある」はなしで原付きは卒業な感じ
で、親不在で統一か?

0
普通

ちょっとよく分かんない

0
良い

礼子ちゃん意識高くて、見てるこっちは恥ずかしい〜。何一人で熱くなってんの?
小熊の「バカみたい」というツッコミに救われたお話。
動画枚数少なめ?

0
良い

ヒルクライム女子強すぎィ!

0
良い

カブってそんな命かけで乗るものだったのか・・

0
良い

富士山の物資運搬の道なのかな。悔しがる意味は変わらん。壁を超えるのとどこにでもいけるを体現したかったのね。量産より高精度とか金かかりそうだなぁ

0
良い

前回の流れの通り、礼子の「近くて遠い場所」についてエピソード。
コケて悔しがる熱血漢の礼子。小熊とは対照的なキャラクターに好感。

体験談を聞くなり「馬鹿みたい」と評する小熊も可笑しい。
客観的には「馬鹿みたい」なんだけど、決して馬鹿にしているわけではない。この距離感が良い。

0
良い

何も言わずに協力してくれたのは同じ山を登るものとしての覚悟を見たからなのかねぇ
小熊が馬鹿みたいって言ったり私のカブなら登れるって言ったの面白かった。大人しそうに見えて結構気が強いんだよな

0
良い

お好み焼きいいねぇ~!
礼子の夏休みのお話か
宅配便のバイトか?
重機みたいな乗り物だな…?
ご安全に!
あー!そういうこと!
自動二輪は良いぞ
ちょっと何言ってるかわかんないw

0
良い

うろ覚えだけど、昔、世界的な二輪冒険家の原点がスーパーカブでの登山だったと何かで読んだ。
肘と膝にプロテクター着けずにそんなに何度も転んだら大怪我すると思うけど。
オンロードで250ccの後ろに乗ってて横滑りしたとき、路面に脛の側面を擦っただけで血だらけになったし。
1963年にカブで富士山初登頂したのは鍋田進さん。富士登山のベテランでもある鍋田さんでさえ、富士宮口から14時間かけての登頂だったとか。
小熊は二輪免許を取りたいと。カブにこだわるなら排気量を上げてもよさそう。

0
Shimba, Kojiサポーター
良い

富士山登ってるときのBGMが激しくてちょっと笑ってしまったw 礼子の両親ってどんな人なんだろう。

0
統計
満足度
94.37%
記録数
254
評価数
71
コメント数
35
評価
記録数