泣きたい私は猫をかぶる
2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

泣きたい私は猫をかぶる

635
視聴者数
-%
満足度
0
評価数

基本情報

タイトル (かな)
なきたいわたしはねこをかぶる
タイトルの別名
泣き猫
タイトル (英)
Nakitai Watashi wa Neko wo Kaburu
メディア
Web
リリース時期
開始日
2020-06-18
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
MyAnimeList

シェア

キャラクター

キャラクターはいません

スタッフ

佐藤順一
監督
柴山智隆
監督
岡田麿里
脚本
池田由美
キャラクターデザイン
清水勇司
演出
加藤ふみ
作画監督
横田匡史
作画監督
永江彰浩
作画監督
村山正直
作画監督
薮本和彦
作画監督
石川準
作画監督
藤巻裕一
作画監督
植村淳
作画監督
小峰正頼
作画監督
橋本尚典
作画監督
石舘波子
作画監督
加藤万由子
作画監督
小野田貴之
作画監督
田澤潮
作画監督
竹田悠介
美術監督
益城貴昌
美術監督
田中美穂
色彩設計
さいとうつかさ
CGディレクター
松井伸哉
撮影監督
西山茂
編集
窪田ミナ
音楽
スタジオコロリド
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

猫になりてぇ。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

思春期の少年少女が仮面に隠した気持ちをさらけ出せるようになるまでの物語。岡田麿里さんの脚本による青春全開なストーリーと美しい作画がマッチしていてとても良かった。結末も爽やかで自分も頑張ろうと思えた。
個人的には日之出くんの"美代"に見せる顔と"太郎"に見せる顔のギャップがとても良かった。あれは好きになってしまうわ笑

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

岡田麿里さんの作品がとても好きで楽しみに見たけど
最近の中では微妙だったかな
全体的に好きではあるけどなぜかそこまで心にこなかったというかうーんのんだろ

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

よかったけど
ちょっと子供向けかな?

都合が良すぎる、とか。
辻褄あってんのかな、これ?
って思うところあったりなかったり。

まぁ、展開は読めるがある意味王道で、可愛い作品だった。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

愛されたい、じゃなくて愛したい、って言えるようになったのがすごいなぁと思った。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

物語の展開の中で、登場人物達がディスコミュニケーションに悩まされたり、立場の転換によって視界が広がったりして、作品のテーマである「自分の居場所」を見つけていくことになる。コンパクトに纏まっていて見やすい作品でした。気軽に見たいアニメ映画を探している方におススメです。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

毒気のない青春ラブだった

終盤微妙

評価
映像
良くない
音楽
普通
ストーリー
普通
キャラクター
良い
全体
良くない

志田未来だけでもってる

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

最高だった!エンディングロールまで泣けたなあ。いいなあ中学生、猫も、いいなあ!

統計

Watchers

Status