ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会

アクダマドライブ

582
視聴者数
94.07%
満足度
366
評価数

基本情報

タイトル (かな)
あくだまどらいぶ
メディア
TV
リリース時期
2020年秋
放送開始日
2020-10-08
公式サイト
akudama-drive.com
公式Twitter
@akudamadrive
ハッシュタグ
#アクダマドライブ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5770
MyAnimeList
41433

動画サービス

シェア

アクダマ死すべし 慈悲はない

0
てんぷらサポーター
良い

詐欺師は最後に自らの死で民衆をだましたのか
義手がそうなるのか...!
いい終わり方だった

0
とても良い

巻き込まれただけの一般人ちゃんが最終的に世界を騙す詐欺師になって死ぬのエモだな……2人も逃げきれて本当によかった……
ただメインキャラ全員死ぬとは思ってませんでした 今度キャラソン出るって聞いたんですけど本当にどんな気持ちで聴けばいいのか……

0

ただ格好をつけたかっただけだからそれでもいいのかもしれないけど個人的にはあまり美德も美学も感じられなかったので常にずっとダサかった。善悪の彼岸ではなく善悪の(立場上の)逆転だからカタルシスもないし。

0
とても良い

内容についての賛否は分かれそうだけど11話の内容から最終話でよくここまでまとめきったなと感心した。世界観の説明不足の部分もあるが、その辺りも余白として感じられるくらい疾走感と演出が良かったと思う。音楽だけイマイチ。

0
とても良い

500YENで人生が変わることもある。
先週のハッカーに続き、一般人・運び屋の最期の余韻が良過ぎて…

詐欺師が命をかけて兄妹を守ったこと・民衆を騙したこと、民衆の手でケイサツが滅びそうなとこ、今までずっと印象的な背景ビジュアルとして描かれていたカンサイの電波塔?が倒れつつ運び屋がバイクで駆け抜けるところ、兄妹の歩く姿が静か過ぎるところ(トンネルを抜けた先に待つのが幸せであって欲しいけれど、幸せとは限らないところ)…全てが良い。良いという表現はおかしいかもだけど他に思いつかない。

万人向けでは無いけれど個人的には今期・今年観たアニメでトップクラスに好きかもしれない。

0
とても良い

"こんなに人生を変えた500イエンもないでしょう?"

かなり賛否分かれそうな終わり方だったけど僕は好き。
最初はただ巻き込まれただけの一般人だった彼女が、最後は本物の詐欺師となって散る。そしてクレジットも「詐欺師」エモでは?
運び屋も、最後の最後までかっこよかった。上出来だ。

最後の静かな余韻には思わず固唾を呑んだ。
トンネルを抜けた先に希望はあるのか。

0
とても良い

最後のラストは想像つかなかった。
個性あるキャラ達で面白い!
ぜひ、解禁バージョンで見たい!

0

シコクは初出?
メインがほぼ全滅というのは攻めました
供物を確保できないと、経年劣化でいずれはカントウは滅びる?

0
とても良い

正直ここまで面白くなるとは思わなかったし泣かされるとも思いませんですた。500イエンホスィ

0
とても良い

うぉぉ、すげぇ
最終回にして、誰一人として生き残らない。全員がアクダマとして与えられた役割を最大限果たして有終の美を飾る。
一般人、最後の最後に本物の最強の詐欺師になったな。
そして、何度もリフレインされたキボウの一筋の光。「冥土の土産」となずけられた約束の地。
一番最後、四国へたどり着き、門をくぐる兄と妹。そのくぐった先に何があるのか、本当に幸せな世界だったのか、またディストピアではないのか。そこまでは描かないオープンエンド。
その点も含めて、これ以上にない終わり方。

0
とても良い

命をかけてでも仕事を全うしたい
死んでも誰かを守り、そのためなら何万人をも欺く
楽しいことを追求するためなら、命だって惜しくない
自分の欲望のためなら手段を選ばない
目的を果たすためなら人を殺すことも厭わない
誰かとともに生きていけるなら、誰でも利用する
身勝手で、欲に忠実なアクダマたち。

欲望は時として、善となることもあれば、悪となることもある。
善と悪は表裏一体。
それをすごく感じたストーリーだった。

最初は悪いアクダマだったものたちが、
もちろん最後まで悪でしかない人もいたけれど、
それだけではいえない人も居て。
逆に正義だったはずの存在が人々を脅かす悪になってしまう。
小さな出来事、たったの500イエンぽっちから始まった物語。
人の立場がどんどんひっくり返されていく展開に、毎週ゾクゾクされっぱなしだった。
その感情を誘発させる感じがまた、危険な作品だなとも思ったり。

ラスト、どのぐらいの人が幸せになり、不幸になったのだろう。後日談も気になる。
作画、音楽、お話共に、スリル感あふれる良作でした。

0
とても良い

結局シンカンセンの爆撃に巻き込まれた形になったな。
一般人が命を懸けた芝居を打つことで
その処刑映像を見た民衆が動かされ、
警察・処刑課への反旗を翻してた。
ほんと最後には、掲示板しかり、映像しかりと
多くの民衆を騙す立派な詐欺師だったな。
最後のクレジットが詐欺師になってるのも熱い。

運び屋も一般人からの最後の依頼を果たし、
人生を変えた特別な意味を持つ500円玉を兄妹に託し、息絶えてた。

最終的にアクダマは全員死亡という展開だったけど
それぞれに見せ場があって、とても面白かった。
兄妹がたどり着いたシコクでいったい何が待っているのか
結局明らかにならなかったけど、
良い結末が待ってると信じたいなぁ・・・

0
良い

新幹線で関西への帰還中に処刑科から襲撃
一般人処刑
四国へ供物の運び

アクダマは使命を全うして全滅
運命を変える500イエンは託された

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

最後の最後に詐欺師になった。大一番だった。
人生を大きく変える500イエン。うまくいったもんだ。
誰か一人くらいは残るかなと思ってたけど全滅エンド。
それぞれアクダマの特徴が出た最期であった。

兄妹は逃げ切って暮らせてるかなぁ。

0
とても良い

おっと、まさかのアクダマ全滅エンド
トンネルを抜けた先の四国はどうなってるか、供物を確保できなかったことで滅びゆくだろうカントウなど、後日談を期待したいところ。

0

人生を変えた500円玉。
悪玉ってなんなんだろう・・・
主人公さすが詐欺師。。。立派な詐欺師になって。。。
追い詰められた運び屋!つよいなあ
マスメディアってこわいねえ。
バイクがいちばんつよい。
悪玉だけどみんな優しい、身勝手だけど、守ってくれたんだね
兄妹おつかれさまでした・・・幸せになってね。

0
統計
満足度
98.33%
記録数
97
評価数
30
コメント数
17
評価
記録数