特別上映版 はたらく細胞!! 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!
清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction (c)清水茜/講談社・アニプレックス

特別上映版 はたらく細胞!! 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!

344
視聴者数
-%
満足度
0
評価数

基本情報

タイトル (かな)
とくべつじょうえいばんはたらくさいぼうさいきょうのてきふたたびからだのなかにはちょうおおさわぎ
タイトル (英)
Hataraku Saibou!! Movie
メディア
映画
リリース時期
開始日
2020-09-05
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia

シェア

スタッフ

清水茜
原作
小倉宏文
監督
柿原優子
シリーズ構成
柿原優子
脚本
吉田隆彦
キャラクターデザイン
玉置敬子
サブキャラクターデザイン
三室健太
細菌キャラクターデザイン
三室健太
プロップデザイン
吉田隆彦
総作画監督
玉置敬子
総作画監督
北尾勝
総作画監督
細井友保
美術監督
曽野由大
美術設定
水野愛子
色彩設計
大島由貴
撮影監督
石井規仁
3DCG監督
廣瀬清志
編集
明田川仁
音響監督
MAYUKO
音楽
若松剛
アニメーションプロデューサー
david production
アニメーション制作
講談社
製作

動画サービス

しかし、がん細胞は使徒だなww (CV.石田彰)

細胞のあのダサTシャツはちゃんと意味があったのかww

本編と変わらず、今回もまったり展開と、アクションな展開の両端備えた緩急溢れる構成に癒されつつ。制御細胞さんの細胞認識のガバガバ感が最後の決め手となるギャグ寄りの展開には笑いつつ。あの細胞Tシャツは重要だったのねと笑。ちょっとしたキラーT細胞との回想にもしみじみ。

少し気になったのは何度も重複して細胞の解説が入ったところ。分割して放送でもする予定なのか分からないけど、流石に1本ものだとくどかったなぁ。まぁ乳酸菌の大切さは理解しました笑

それにしてもあれだけの勢力率いる善玉菌がなぜ悪玉菌に圧されてたのかは気になるな。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

原作を読んでいて「5巻は映画で観たい!」と思っていたので、この特別上映版の情報が入ってきたときはとても嬉しかった(´ω`)
原作未読・2期待機勢にとってはネタバレにしかならないのであんまり詳しい感想は書けないけど、書けることがあるとしたら「血小板ちゃんかわいい!」「乳酸菌かわいい!」

…だけだと思ってました。
その「映画で観たい」の部分の大本命であった“アレ”の回は想像以上だった。
ますます2期が待ち遠しい!

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

乳酸菌取ってるぅ?

評価
映像
良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

・乳酸菌増やしたい。にゅー
・腸内環境だいじ。
・使徒(CV:石田彰)
二期からの先行上映ということらしいですが、しっかり一本の映画になっており、最後までわくわくハラハラさせられて楽しめました。
しかし、あの体の持ち主はもっと体をいたわろうよ……

統計

Watchers

Status

関連作品