ハイキュー!! TO THE TOP 第2クール
古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

ハイキュー!! TO THE TOP 第2クール

971
視聴者数
98.04%
満足度
279
評価数

基本情報

タイトル (かな)
はいきゅーとぅーざとっぷ
タイトル (英)
Haikyuu!!: To the Top 2nd Season
メディア
TV
リリース時期
開始日
2020-10-03
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

春の高校バレー宮城県予選、
激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。

全国大会を控えた彼らのもとに、
影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込んだ。
さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。
同じ1年生との差に焦る日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるも……!?

全国大会本番に向け、日向、影山、そして烏野高校排球部の更なる挑戦が始まる⸺!!

引用元: https://haikyu.jp/story/

スタッフ

古舘春一
原作
佐藤雅子
監督
石川真理子
副監督
岸本卓
シリーズ構成
岸田隆宏
キャラクターデザイン
米川麻衣
プロップデザイン
小林祐
総作画監督
高橋英樹
アクション作画監督
佐藤由紀
アクション作画監督
立田一郎
美術監督
立田一郎
設定
佐藤真由美
色彩設計
有澤法子
色彩設計補佐
中田祐美子
撮影監督
濱中亜希子
2Dワークス
星美弥子
特殊効果
植松淳一
編集
菊田浩巳
音響監督
林ゆうき
音楽
橘麻美
音楽
Production I.G
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

「最強の挑戦者」=稲荷崎高校との死闘を描いた4期の第2クール。相変わらず登場するキャラクターひとりひとりがそれぞれに個性的かつ魅力的で相手チームの選手にもつい感情移入してしまうのが凄い。ストーリーも両チームの何としても勝つんだという気持ちがビンビン伝わってきて本当に胸が熱くなった。願わくばアニメでこの続きが見たい。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
良い

どんどん進行速度が遅くなっているが(笑)、アツかった。最後はツインシュート(笑)みたいになってたぞ。。バレーボールの終盤の緊張感がそのまま表現されていたと思います。いやあライバルっていいですなあ。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

原作も素晴らしいがアニメも素晴らしい
稲荷崎の強者感と異端さが演出からにじみ出てた
緊迫している状況や点差が開いて焦っているときに視界が狭くなる状態を烏野チーム目線で画面全体に黒いもやを入れるなどの細かい表現もしっかりされている。
一緒に戦っているような雰囲気を味わうことができ、興奮してしまう部分が多々あった。
日向が終盤で綺麗にトスを上げるシーンは本当に素晴らしく合宿の全てが出たな、あの日向がよくぞここまで成長したなって感じれた、このシーンを見るためにこの作品を見ていたのではないかと思わせるほどの感動
菅原さん同様、泣いちゃったよ

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

とにかく演出面が輝いていた印象でした。
観ている間すごく濃密で、目が離せなかったのは久々な気がします。
日向がやっぱり主人公だなあと思えるシーンがいくつもあって、すごく胸が熱くなりました。
それぞれの学校のチームメイトとの関係性も、すごく丁寧に描かれていたのも本当に良かったです。
とても素晴らしいアニメでした。
今後のアニメ展開も楽しみです!

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

田中メインの回とか盛り上がる箇所はいくつかあったが、白鳥沢戦や青葉城西戦と比べると少し物足りなさを感じた。
ストーリー7 印象3.5 キャラ4 音楽,映像3.5 トータル3.6

評価
映像
とても良い
音楽
普通
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

音駒戦が楽しみ

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

主に稲荷崎戦となった今クール。
試合展開やその見せ方がとてもアツかった。
今までの積み重ねからの結果だったりもあるし、見ていてとても気持ちがいい。
早くゴミ捨て場の決戦もみたいなぁ。

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

vs稲荷崎メインで展開されており、ハイキューらしい熱さが随所に光るクールだった。ピンチサーバー組が特にいい。
日向のレシーブも神がかった演出だったし、これぞスポーツアニメ(漫画)の面白さだと感じた。
途中で音駒を挟んだことで烏野と稲荷崎の試合展開が記憶から抜けたのがもったいなかった気がした。
原作が完結しているので、アニメもラストまで描き切ってくれるのを期待したい。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

稲荷崎戦ほんと最高すぎるわ…
最後にイマジネーション流れて多動がやばかった
音駒戦も早く見たいべ!!

統計

Watchers

Status

関連作品