石坂リューダイ・サイコミ / 花宮女子クライミング部応援団

いわかける! -Sport Climbing Girls-

500
視聴者数
86.34%
満足度
264
評価数

基本情報

タイトル (かな)
いわかけるすぽーつくらいみんぐがーるず
メディア
TV
リリース時期
2020年秋
放送開始日
2020-10-04
公式サイト
iwakakeru-anime.com
公式Twitter
@iwakakeru_anime
ハッシュタグ
#いわかける
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5760
MyAnimeList
41783

動画サービス

シェア

「ウルトラQ」
「好にできるなら、私にも」が、大場だけでなく隼にも
隼には春奈のレジャーとしてのボルダリングを受け入れる度量がありませんでしたという、悲しい中学時代
好のスゴさを他の選手のデキで語りますか
来栖の芝居の変化でも、好を描いているけど、貫禄ありすぎでしょ

0
とても良い

二人の関係がよくあるパターンで悪化しないと良いが

0
普通

眼鏡可愛いな

0

タイトルは隼の心境。鬱回になると、鬱になったキャラの一人EDになるんですかね笑。

集中力切れ、体力切れで4完ではなかったものの、圧倒的な才能を見せつけた好。予選最下位で新人の彼女の好成績に後続がそのプレッシャーに焦りを覚える中、隼にまで影響を与えてしまうとは。ボルダリングしかない彼女にとってかなり厳しい出来事。どう展開するか気になるところ。

0
良い

最終課題、集中力と体力が足りなかったかな。ジュンのメンタルが終ってしまった

0
良い

先週の読みが外れましたね。
外れたというか浅かった。
たしかにこのみんはオブザベが敵わず最後の4壁目完登ならずだったけれど、「クライマー失格」というサブタイトルはこのみんにかかったものじゃなかった。

0
良い

どんな奥の深い分野でも、気軽に遊びで始めてはいけないという道理はない。アプローチや関わり方は人それぞれ。プロ野球を目指す人が草野球を楽しむ人に迷惑だからやめろと言うのはおかしいわけで。
隼はそこのところに或る意味で傲慢な思い込みがある。ボルダリングに全てをかけてきたが故に自尊心が強過ぎて、好が一撃で3完登したことを意識して焦ってしまい、純粋に課題と向き合えなかった。自分でボルダリングをやる資格の有無を線引きしてしまっているのも、その固定観念の故のことかと。
大場選手もそうだったけど、彼女は最後に現実を受け入れて自分が今できることを考えてゾーンを獲ることに徹した。
おそらく、一流のクライマーは心構えも含めて自分のスタイルをしっかりと持っていて、他人の登り方を参考にはしてもそれにメンタルを大きく揺さぶられたりはしない。向き合うべきは目の前の課題と自分自身であることを知っているからだと思う。一流クライマーが難題に奮闘する動画をYouTubeで見まくってるとそんなふうに思えてくる。
好は4つ目の課題で、オブザベが出来なかった。完登できなかったのは体力不足もあるだろうけど、オブザベで妙な行き詰まり方をしたのが気になる。その後も様子がおかしかったし、何か問題が生じている印象。

0
良い

バレエの子は最後に認める強さもあったね
じゅんちゃんはボルダリング一筋だったし、プライドがあるからね
これからどうやって立ち直るんだろう
最後のカット何

0

眩しすぎる星は他を翳らせる的な

0
統計
満足度
90.0%
記録数
91
評価数
25
コメント数
9
評価
記録数