宇宙よりも遠い場所
YORIMOI PARTNERS

宇宙よりも遠い場所

4153
視聴者数
96.43%
満足度
1442
評価数

基本情報

タイトル (かな)
そらよりもとおいばしょ
タイトルの別名
よりもい
タイトル (英)
Sora yori mo Tooi Basho
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

いつだってボクらの一歩は好奇心から始まった。

見たことのない風景を、聞いたことのない音を、嗅いだことのない香りを、触れたことのない質感を、味わったことのない食物を、そして感じたことのない胸の高鳴りを、

いつの間にか忘れてしまった欠片を、置き去りにしてきた感動を拾い集める旅。

そこにたどり着いたとき、ボクたちは何を思うのだろう。

吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度、荒れる海原を超えた先にある原生地域。地球の天辺にある文明を遠く離れた遥か南の果て。

これは《南極》[宇宙よりも遠い場所]に向かう4人の女の子たちの旅の物語。

ボクらは彼女たちを通して、明日を生きるキラメキを思い出す。

引用元: http://yorimoi.com/

スタッフ

よりもい
原作
花田十輝
シリーズ構成
花田十輝
脚本
吉松孝博
キャラクターデザイン
吉松孝博
総作画監督
平澤晃弘
美術設定
山根左帆
美術監督
大野春恵
色彩設計
川下裕樹
撮影監督
日下大輔
3D監督
明田川仁
音響監督
上野励
音響効果
藤澤慶昌
音楽
KADOKAWA
音楽制作
MADHOUSE
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

メール!泣ける!
南極のことを知れてよかった!

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

2周目
後から思えばすごいところまで来たなぁと思わされる道のりがそれだけ4人の成長を示していた。
爽快感溢れる青春成長譚、自分も何か大きいことをしたい!と思わされてしまった。
訓話めいてはいないが人生の教科書的なアニメ

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

自分のアニメランキング1位のアニメ

全てにおいて最高なアニメ 
挿入歌のタイミング絶妙!

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

2周目完走。描写が丁寧なので安心して見れる。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

2018年の最強アニメと聞いて見てみましたが本当にこの作品は面白かった
出てくるキャラクターもみんな個性的だし、脚本、音楽なども良くてこれがオリジナルアニメと聞いて驚いた
南極への旅立ちの朝や帰路に着く途中の地下鉄のホームの雰囲気とかもすごいリアルで一緒に旅をしてるような気になれました

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

女子高生の一風変わった青春物語。いわゆる変わり者集団に見られるような女の子たちが周りを見返す、そして大事なものを見つける物語は涙なくてはみられません。満足度100%

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

・ちょっと残念な女子高生たちが本気で南極を目指す作品→彼女たちの強い想いに何度泣かされたことか

・キマリが表の主人公なら、裏主人公はまちがいなく報瀬→報瀬がいなければ、この物語は始まることさえなかった→高校生にして100万円を貯める努力家、なのにところどころ残念な性格、だけど友達のためなら熱くなれる、サイコーにいい女!

・頻繁に使われるスマホによる演出→LINEのやりとりに伏線が隠されていたり、物語のメッセージ性を象徴する存在として使われたりと、実は重要なアイテム→中でも最終回で使われた二つの場面は、どちらも名シーンだった。

・『友達のために本気で熱くなれる少女たち』というフレーズにピンときたならオススメのアニメ!

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

普通の女子高生たちが南極へ行くことを通して成長し、友情を深める話。
自分の気持ちを全力でぶつけて、叫び、笑い、涙を流す彼女たちの姿がとても眩しい。

物語というのは、正直テーマはなんでもよくて、それを通して描かれる登場人物の感情をどれだけ克明に描けるのかというのが大事。
その意味で、この作品ではキャラが女子高生として悩み苛立ち心配し、あるいは喜び楽しんでいることがよく分かるし、女子高生らしくその気持ちを素直にぶつけていく姿が心に響くように描かれていて、とてもよく人物が描けていることの証左である。

僕はしばらくあんなに気持ちをぶつけてはいないけど、言葉にされないうちに失われつつある自分の気持ちがあるのだほうなぁ。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

南極を通じた4人の高校生の成長物語。笑いあり、涙あり、話にスピード感もあって、密度の濃い13話だった。挿入歌も作品の雰囲気に合っていて、良かった。

評価
全体
良い

【★★★☆☆】💿

統計

Watchers

Status