群青のマグメル
第年秒/翻翻動漫・群青のマグメル製作委員会

群青のマグメル

290
視聴者数
61.84%
満足度
89
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ぐんじょうのまぐめる
タイトル (英)
Gunjou no Magmel
メディア
TV
リリース時期
開始日
2019-04-07
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

動画サービス

シェア

PV

あらすじ

突如、世界の中心に現れた
新大陸・マグメル。
未知なる生物や資源が眠る大陸の出現に、
世界は再び探検家時代に突入!
そんな欲望渦巻くマグメルで
少年・因又 (インヨウ) は、探検家達の
救助を生業としていて…。

引用元: http://gunjyo-magumeru.com/story.html

スタッフ

伊達勇登
監督
久城りおん
助監督
御笠ノ忠次
シナリオ構成
石井明治
キャラクターデザイン
高梨康治
音楽
久我嘉輝
プロップ&クリーチャーデザイン
宮川治雄
プロップ&クリーチャーデザイン
新谷真昼
プロップ&クリーチャーデザイン
村田護郎
プロップ&クリーチャーデザイン
秋篠Denforword日和
プロップ&クリーチャーデザイン
宇佐美晧一
アクション・エフェクト監修
松本浩樹
美術監督
長島真弓
色彩設計
鯨井亮
撮影監督
福士直也
CG監督
えびなやすのり
音響監督
ぴえろプラス
アニメーション制作

動画サービス

最初面白いかと思ったけど、間延びしたー。
主人公の感情が分かりにくいのがいかんのかな?
ゼロ誘拐されるし。改造人種なの?うーん…擦られまくってる。
せっかくのギャグキャラのおじさんもいじり方つまらん。最後、土下座したらラスボス許してくれるって言ってるんなら、しろ。人命より大事なプライドなら捨てちまえー!

評価
映像
普通
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

原作が中国の漫画とのこと。なるほど言われてみればそれっぽい。
世界観は悪くなさそうなんだけど能力面も含めてイマイチ説明不足感。

評価
映像
普通
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
良い

中国から来た漫画家原作のアニメ。制作チームにも中国の方の名前が多数入っていました。なので日本人では思いつかないであろうテイストがしっかり入っていて面白いです。
ストーリーは全体的には小学校高学年から中学生くらいまでは楽しめるかと思えますが、内容は中々ビターなテイスト。
他の中華アニメも同じですが、優しいご都合主義がありません。善人キャラでも平気で殺されます。ここまで台詞喋ってるし、まだ子供キャラなんだから酷いことにはならないだろう、という予想を打ち砕いてくるので、そういう意味では新鮮。利益の前では他人の尊厳を考えない、弱いものが先に死ぬ、というあまりにリアリティのある展開が頻発するので、だんだん慣れてクセになりました。主人公の因又は非情な面のある少年。悟りでも開いてますか、と聞きたくなる個性的なキャラです。
映像の動きはあまり良くはありません。シーン展開も少しおかしいところがあり、4コマ漫画を無理やり連続で繋げた、という感じでした。台詞にしても、日本語から考えているとは思いますが、文章回しが多少おかしく感じるところがありました。キャラデザは良いですが、漫画の絵の方が味わいがあって上手いので、気に入った方は漫画を読んだほうがいいかも。音楽はさすがの高梨さん、中国アジア音楽を取り入れていてクオリティは高いです。
声優は主要キャストでは無いものの、三上哲さんと家中宏さんがほぼレギュラー脇役として出演しています。主演の河西さんもクールなキャラによく合っていました。

評価
映像
普通
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
普通
全体
良い

マグメルの舞台設定もよいし毎回最後はちょっと苦いオチで終わるのが良かったですね。主人公の技が何でもありすぎてどういうスキルかよくわからなかったな。

評価
映像
普通
音楽
良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

1話完結型だとはね

統計

Watchers

Status