けいおん!!
かきふらい・芳文社/桜高軽音部

けいおん!!

5377
視聴者数
96.33%
満足度
169
評価数

基本情報

タイトル (かな)
けいおん
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
Wikipedia
しょぼいカレンダー

シェア

スタッフ

山田尚子
監督
吉田玲子
シリーズ構成
鶴岡陽太
音響監督
堀口悠紀子
キャラクターデザイン・総作画監督
重村建吾
編集
高橋博行
楽器設定
山本倫
撮影監督
竹田明代
色彩設計
小森茂生(F.M.F)
音楽プロデューサー
京都アニメーション
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

1期のテンポの良さに比べると若干間延びしてるように感じる
でもまあ面白かった

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

見終わってしまった…もっともっとずっと見ていたかった…
彼女たちにとって永遠にも思えたであろうかけがえのない時間にもいつか終わりが来てしまう。ふとした瞬間に卒業を意識させるようなシーンが、ほのぼのとした雰囲気の中に折り込まれていてとても切ない気持ちになりました。だからこそ、いつだって今を楽しむ事が大切なんだと教えてくれる作品だと思います。
もう途中からは完全にあずにゃんに感情移入しちゃって何気ないシーンですら泣けてきてしまいました。特に20話、24話は間違いなく泣きます。
1期から通して、社会情勢も相まってか普通の日常の尊さが身に染みました。映画もすぐに見ようと思います。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

最高でした。はやくこれになりたい

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

女子高生の日常を見ているだけなのに心が温まるアニメ
最後は涙なしには見ることができない

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

卒業までの三年生を丸ごと。なんか軽音部成分は若干薄目で日常メインだったような…

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

一緒に成長しているように思えてくる作品。後半では、あずにゃんが一学年下ということで切ないことを表現しているのがすこい(語彙)最後泣くに決まってんだろ()

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

卒業までの日々が穏やかに緩やかに、煌めきをもって流れたいく様は視聴していてとても心地の良いものでした。2クールのため、日常を描くアニメとしては、冗長な部分が出てくる懸念がありましたが、個人的には、一つ一つの話の中に刺激を受ける部分が見られたので、最後まで楽しく視聴することができました。
特に20話の文化祭の話では、高校生活が永遠ではないという現実を受け止めるシーンで感涙してしまいました。
24話の最終回に天使にふれたよ! という曲の歌詞で、あずさにを優しく包むシーンは変化していく日常の中で変わらないものもある尊さを感じました。

良いアニメでした。

統計

Watchers

Status

関連作品

けいおん!シリーズ