少女終末旅行
つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

少女終末旅行

2356
視聴者数
93.49%
満足度
837
評価数

基本情報

タイトル (かな)
しょうじょしゅうまつりょこう
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
Wikipedia
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が終わりを迎えてから長い年月が過ぎた。人間たちのほとんどが死に絶え、生き物さえもいなくなった終わりを迎えた世界。複雑に建造された都市はまるで迷路のような廃墟となり、整備するものがいなくなった機械たちは徐々にその動きを止めていく。いつ終わってしまったのか、いつから終わっているのか、そんなことを考えることさえなくなった終末の世界であてのない旅を続ける二人の少女。チトとユーリは今日も愛車ケッテンクラートに乗って廃墟の中を彷徨っていた。

終末の世界をほのぼのと生き抜くディストピアファンタジーが今、幕を開ける。

引用元: http://girls-last-tour.com/intro.html

キャラクター

スタッフ

つくみず
原作
尾崎隆晴
監督
戸田麻衣
キャラクターデザイン
戸田麻衣
総作画監督
相馬洋
ケッテンクラートデザイン
相馬洋
モデリング
岩畑剛一
プロップデザイン
鈴木典孝
プロップデザイン
ヒラタリョウ
美術設定
イシモリレン
美術設定
森木靖泰
美術設定
三宅昌和
美術監督
金光洋靖
色彩設計
谷口久美子
特効監修
染谷和正
撮影監督
菱川パトリシア
3Dディレクター
後藤正浩
編集
明田川仁
音響監督
古谷友二
音響効果
KADOKAWA
音楽制作
WHITE FOX
アニメーション制作
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

全話見たと思っていたら肝心の最後の方を見ていなかったので改めて。退廃した感じ。世界で生きているのは君と私だけ(同性だからこそ生産性がなくて良いのだろうか)。いろいろな世界設定がちゃんとあるんだろうけれど、それらは匂わされるだけで詳細には語られない。だからこそ想像が掻き立てられる。カメラの日付が本当なら1000年後の世界なのかな。エリンギたちは腐海みたいなモノ?自我を持っているのに無表情なのが怖い。ただ、本を燃やすシーンは本好きとしてはめちゃくちゃモヤった。やめてー!ってなったもの。ヌコとは一緒に入れんかったんかね。寂しかった。いっちゃったとき。2人芝居がずっと続いた最後に島本さんのエリンギ。すごく想像を超えてきたラスト。裏設定知りたいなー。

つまらなかった

サブタイトルのデザインがかっこいい。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

ほのぼの終末生活、面白かった

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

2017.11.14~2018.2.11

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

映像美、キャラクターよし。
OPの映像すき。EDもだるーい感じがよい。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

私向きではなかった。
食べ物を争ってマジ闘争するのは終末感あってよかったです。

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

好き

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

☆☆☆☆

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体

あんまりほのぼの系って見ないというか好まないのですが、このアニメの世界観にハマりました。
最初らへんは、癒しと思ってゆっくり見てたのですが、どんどんどうして終末の世界になってしまったのかと気になり過ぎてめちゃ早く見てました。
世界観はとてつもなくダークなのにキャラクターはとてもいい子で癒されるし可愛いでもうハマってしまいました。毎回何故か癒されるために見ながらもハラハラしてた自分もいました。ちょっと怖くなっちゃって笑

統計

Watchers

Status

関連作品

少女終末旅行シリーズ

Work Image
TVシリーズ
Work Image
ミニキャラアニメ