時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

1073
視聴者数
89.56%
満足度
845
評価数

基本情報

タイトル (かな)
そーどあーとおんらいんおるたなてぃぶがんげいるおんらいん
メディア
TV
リリース時期
2018年春
公式サイト
gungale-online.net
公式Twitter
@ggo_anime
ハッシュタグ
#GGO_anime
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
4872
MyAnimeList
36475

動画サービス

シェア

Annictサポーターになると広告を非表示にできます
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

PV

あらすじ

銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》でソロプレイを満喫している女性プレイヤー・レン。可愛いものが大好きな彼女は全身をピンクの装備で統一し、コツコツと地道にプレイを重ね、実力をつけていた。そしてとあることからPK――プレイヤー狩りの面白さに目覚めたレンはPKにのめり込み、ついには「ピンクの悪魔」と呼ばれるまでになる。
そんなレンは美人でミステリアスなプレイヤー・ピトフーイと出会い、意気投合。彼女に言われるがまま、チーム戦イベント《スクワッド・ジャム》に参加することになる。

キャラクター

スタッフ

黒星紅白
原作イラスト
黒星紅白
キャラクターデザイン原案
黒田洋介
シリーズ構成
小堺能夫
キャラクターデザイン
小堺能夫
総作画監督
Studio 3Hz
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
セリフにいちいち毒があってというか不謹慎wで「これ、ゲームだからー」と思いながら見てた。 SAOシリーズ最初とは直接の関係はなくなってしまったが最後まで見てそういえばこういう話だった気もした。 もはやガンバトルだったのかよくわからないがアクションが軽快でよかったと思います。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
SAOシリーズはやはり間違いなかった
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
無印SAOは作中の「ソードアート・オンライン」というゲーム自体がまったく面白そうだと感じられなかったが、こちらはゲームとしてのルールをわりかしきちんと明示して、そのなかで戦略を見せるような造りになっているので楽しめる。 戦略そのものは「うそーん」って感じちゃうようなものばかりだったりもするけど、あくまで「現実」ではなく「ゲーム」の設定や穴を駆使した戦略だったりするところがリアルで良い。代表的なのは「死体は一定時間、破壊不能オブジェクトになる」というもの。文字通り仲間の死が無駄にならない、という状況が生まれたりする。 こういう面白さは現実の戦闘にはないわけで(死体を盾にはするでしょうが)、《仮想現実》がゲームとして面白く成り立つポイントについてかなり自覚的に描いていると思う。 とはいえキャラクターの能力値パラメータのバランスはゲームとして大丈夫なのかとか思いますけど。 メインキャラ4人は個性強くて面白いです。ゲーム内とゲーム外での描写がいずれもあるので表裏見えることでより人物が浮き彫りになる。アバターがあるという設定を普通にうまく活かしていると思います。無印SAOは設定の都合上書けてなかったところですね
Kサポーター
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
何気にMさんの変態性からすべての物語が始まっているのでは、、、妙ですね。笑 GGO内では、キャラクターが生き生きと躍動している様子が、見ていて惹き込まれますね。 目が離せないというのが、まさに、でした。 戦いに対する必死というか執着というか、うん、すごい。 GGOのチュートリアルだけ体験してみたいかも。いや、見てるだけがいいか笑 「素晴らしい、お前はクソムシの中でも最低のクソムシになった」 のくだりは今思い出しても笑ってしまう。 EDの「To see the future」がとても好きな曲になりました。 何度繰り返し聞いても味わいがあって、私の日常生活にすっかり溶け込んでいます。 ありがとうございました。

統計

Watchers

Status

商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます