蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

ゴブリンスレイヤー

1700
視聴者数
92.64%
満足度
1028
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ごぶりんすれいやー
メディア
TV
リリース時期
2018年秋
放送開始日
2018-10-07
公式サイト
www.goblinslayer.jp
公式Twitter
@goblinslayer_ga
ハッシュタグ
#ゴブスレ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5052
MyAnimeList
37349

動画サービス

シェア

Annictサポーターになると広告を非表示にできます
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

PV

あらすじ

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」

辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで
銀等級(序列三位)にまで
上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだ
パーティがピンチとなった女神官。
それを助けた者こそ、
ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。

彼は手段を選ばず、手間を惜しまず
ゴブリンだけを退治していく。
そんな彼に振り回される女神官、
感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。
そんな、彼の噂を聞き、
森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。

キャラクター

スタッフ

神奈月昇
キャラクター原案
倉田英之
シリーズ構成
永吉隆志
キャラクターデザイン
WHITE FOX
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
普通に良い。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
「剣と魔法の世界」を舞台にした他の作品では、ときに憎めないキャラだったりもするゴブリンたちが、この作品では人に害をなす完全な害獣として忌み嫌われ駆除される。その世界観を了解させるための1話目だとはなんとなく分かるもののかなりハードな内容で、視聴をやめるきっかけにも充分なり得た。 それでも自分が視聴継続したのはゴブリンスレイヤーさんというキャラクターに尽きる。 彼以外のほとんどのキャラは正直あまり新鮮味はなかったのだが、ゴブリンスレイヤーのみが際立って個性が立っており、彼の行く末に興味をひかれた。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
最初は胸くそ悪い感じで見るのやめようかと思ったけど結局みてしまったw
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
全体を通してみると1話だけ異色であり、2話以降はそこまで目くじらを立てて目立った性描写もなく、淡々と小鬼を退治する主人公ゴブリンスレイヤーの活躍を観ることができた。 正直、この作品の最悪な印象は3話から逆転したといっても良い。 新米の女神官さんではなく、ちゃんとした仲間に冒険に誘われて困惑しつつも受け入れていくゴブリンスレイヤーさんをみると女神官さんだけでは、作品として力不足だったのはいうまでもない。 印象に残ったのはやはり3話でチーズを出したゴブリンスレイヤーさんの姿だ。 パートボイスで「ああ」とか「そうだ」とか声に感情が乗っていなかったところに牧場のチーズを褒められると嬉しそうな「そうだ」が返ってくる。この機敏が楽しい。 そのほかで好きになったのは魔女さんの喋り方が他に類をみない喋り方でとても新鮮に映った。日笠さんとても楽しそうに演じてるのでそれを目当てに観るのも楽しいかもしれない。 不満だったのが尺の関係でカットされたと思われる剣の乙女さんの核心に至る部分。ゴブリンがトラウマなのか、ここは1話を観て察しろとばかりの投げっぱなしだったのがあまり良い印象ではない。剣の乙女と云われるくらいの「強さ」の部分が見たかった。 最終回は総力戦となり気合が入っていて後味は凄く良い。 地道な仕事が報われる姿はシンプルだが不変的な娯楽だと思った。 兜をとった報酬はあくまで視聴者にはちゃんと見せない。この演出だけで最終回とても満足がいった。 意外と美男子、よね
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
サイコー!
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
サイコー!
ttm_benサポーター
評価
全体
よくある剣と魔法の世界から理屈っぽいズラシが効いていて面白い。 ゴブリンだけを標的にするのは、自分に架した罰であり、そうしなければ正気を保ていられなかったのではないだろうか。 世界にとっては小さな不幸でも、当事者には忘れるこのできない大きな悲劇である。 彼の活動は云わば私怨にまみれた亡霊のそれであり、世界を救う冒険者の英雄譚ではないが、 誰かの小さな幸せを守っていることも確かだ。 当初は自分はもはやゴブリン殺しを快楽にする怪物となってしまったのではないかと自嘲していたが、 冒険者を夢見る少年であった自分を救える日がいつか来ることを予感させる、一瞬の幸福感があるラストでした。 1話をどう考えるかがとても難しい。 世界観の提示や物語の説得力を持たせるための”体験”として、非常に効果を発揮している。 もしあれがなければ、視聴側のゴブリン戦への緊張感もなく、どうせ勝でしょとどこかで安心して観ていたかもしれないし、 剣の乙女のエピソードでの彼女の行動への共感はなかったかもしれません。 だだあの1話は嫌いだ。でもないほうがいいとも言えない。困ったものです。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
1話から引き込まれた。淡々とゴブリンをスレインしていく男と女神官ら仲間たちの物語。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
事前知識全くなしで見ましたが面白かったです.ゴブリン退治だけで3か月も話が持つのか?などと作中の雑魚キャラのようなことを思っていましたが集団で襲ってくるゴブリンは手口も多様で戦闘の緊張感がありました.なんといってもゴブリンスレイヤーさんの寡黙な職人気質がよいしそれだけでギャグになるという....ちょっと注目してたMiliとフレッシュなそらるの音楽もマッチしていると思いました.
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
エグすぎ、トラウマになる。

統計

Watchers

Status

商品はありません
商品を登録する

関連作品

ゴブリンスレイヤーシリーズ

Annictサポーターになると広告を非表示にできます