2021 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合三期

のんのんびより のんすとっぷ

1539
視聴者数
96.75%
満足度
818
評価数

基本情報

タイトル (かな)
のんのんびより のんすとっぷ
メディア
TV
リリース時期
2021年冬
放送開始日
2021-01-11
公式サイト
nonnontv.com
公式Twitter
@nonnontv
ハッシュタグ
#なのん
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5830
MyAnimeList
39808

動画サービス

シェア

長期休みはひか姉が帰ってくるので素晴らしい

0

吹雪の中でコントする正月
今度はバイバイ言えた

0
普通

吹雪の中で漫才する回...最近原作で読んだマジでつまらなかった回だ......アニメでも厳しい.....

それにしてもひかげはなっつんを上回るクソガキ

0
普通

のんのん厳しいなぁ....

0
良い

ええ話や・・・

0
とても良い

ひか姉さすが

0

さすがこのみ姉なんなー!
さすがひかねえ・・・怒涛のツッコミだ・・・!
れんちょん大人びているようでやはり成長してるね。

0
とても良い

Aパートの漫才で笑ってBパートのほのかちゃんとのやり取りで切なくなった
原作も完結したし、ちょっぴり悲しいのなんな

0
良い

ひかねえとほのかちんが大活躍で嬉しいのんなー

0

吹雪の中の謎の漫才笑

最後の話はちょっと泣ける。
明日会えるバイバイとは違うよね。

0
とても良い

めっっっっっっっちゃいい話だった。

やっぱりれんちょんはめっちゃ賢いしめっちゃやさしい子だなあ。

0
良い

お年玉をたかりまくる巻き舌ひか姉のゲスさが可笑しい。
猛吹雪の中でマイペースにコントをするれんちょんと夏海。ガラガラ〜。
Bパートは打って変わって良いお話。ピュアやね。わしには強すぎる…。

0
良い

お年玉の一件、ひかげ、調子に乗って裏目に出たな。このみ相手だから何かあるなとは思ったが。

雪の中、唐突に漫才が始まった。いいツッコミ、テンポもいい。

0

タイトルは中盤の吹雪漫才かな。ひかけのツッコミ連発は確かにおもろかったなぁ笑

出だしはお年玉をねだりまくるひかけが墓穴を掘る展開と笑。田舎だと大人ならお年玉あげなきゃ行けないのは大変だなぁとか思いつつ、れんげが大人過ぎて、お年玉渡すタイミング逃しそうになる駄菓子屋が微笑ましい。

ラストは帰省したほのかとれんげ。駄菓子屋のアシストもあり、しっかりバイバイを言えたれんげが見つめる青空が綺麗すぎた(*´-`)

0
とても良い

駄菓子屋がれんちょんにお年玉持ってきたときのひか姉の顔www

0
とても良い

ツッコミ役って大事なんだなって
・兄貴は印刷じゃなくてまさか手書き…?
・隠し玉
・このみトラップ発動!
・吹雪の中漫才やり遂げるとはやはり子供か
・冬休みは短いもんな…
・前半と後半の温度差で風邪ひくわ

0
とても良い

スン...
このみちゃん、恐ろしい子ッ!

すげぇ自然にコントやっててめっちゃ笑った。

ほのかちん今度はばいばいできてよかったね・・・
さよならはまた会うためのおまじないなんやで・・・

0
良い

駄菓子屋はほんとれんげ愛してるなぁ。ほのかちんかわいい。今度こそお別れ、うれし寂しい

0
とても良い

ひかねえの流れるようなツッコミw

0

雪上でも走れるれんげ
正月でもやってる駄菓子屋
駄菓子なんて、スーパー/コンビニのお菓子売り場にあるでしょ

0
良い

このみ姉つよい
このコントは予測不可能すぎる
別れが悲しい

0

久しぶりのれんちょんワールド

0
Shimba, Kojiサポーター
とても良い

ほのかちん!一期ぶりだっけ、懐かしい。あの回も最高だったし、今回はちゃんとお別れの挨拶ができて良かった…。しかしAパートとのギャップがすごいw

0
とても良い

駄菓子屋がちゃんとれんちょんにお年玉用意してるのいいな。れんちょんが駄菓子屋の経済状況に気を遣ってるのすごいw
欲張ったひかげが虻蜂取らずになるのイソップ物語みたいで草。
吹雪の中でボケまくるれんちょんと夏海にツッコミまくるひか姉w
のんのんびより村は冬は雪深いんだな。
夏休みに友達になったほのかちんとれんちょんが再会。今度はいつ帰るのかを最初から気にするれんちょん、成長したなぁ。そしてちゃんとバイバイできてよかった、れんちょん。

0

お年玉ね~
駄菓子屋・・・!やさしい。。。
ひかげお前ってやつは・・・
このみ先輩さすがやで!つよい!
ひかげのツッコミの嵐やばwwwww
ほのかちゃん(映画で出てきた子?)と遊んだ年始の思い出。。。またね。

0
統計
満足度
94.74%
記録数
235
評価数
57
コメント数
25
評価
記録数