プリオタですが、プリキュア以外のアニメも観ます。ダイ大のことも、プリキュア同様推してます。
precure.ml

サービス開始日: 2020-08-10 (273日目)

視聴状況

お気に入りの声優

早見沙織
22作品見た
西村ちなみ
12作品見た
悠木碧
14作品見た
斎藤千和
23作品見た
大原さやか
26作品見た
広橋涼
18作品見た

お気に入りのスタッフ

田中裕太
1作品見た
成田良美
7作品見た
吉田玲子
21作品見た
佐藤順一
10作品見た
牧野由依
10作品見た
ぷーざ が記録しました
良い

本日の朝実況。
「若おかみは中学生」とでも言うべきシリーズの初回。

海が好きと知っていたのどかが、煮詰まったちゆを海に連れ出した。この気遣いの本質が旅館業のもてなしに近いという気付きから、ちゆの迷いがなくなった。
ちゆへの心配から、若女将っぷりを覗きに行こうと言ったひなたの悪戯っ気も、のどかの気遣いと本質的には同じ。

ちゆの行動的な一面はもちろんだけど、プリキュアたちの支え合いも見どころと思う。

ぷーざ が記録しました
とても良い

今日はコーラルの誕生日だったので、例によって当番回を。
まだ11話しかない回から当番回を選ぶとなると、ほぼ自動的に変身初回になってしまうw

まだ記憶に新しい回だけど、さんごのメンタルがプリキュアにふさわしいものに変わってゆく過程が適切に描かれている。
改めて、よくできた変身回と思う。

ぷーざ が記録しました
とても良い

本日の夜実況。
シロップにとってのキュアローズガーデンと、うららにとっての亡き母の想い出。
それらが互いのルーツにつながっていると気付いたうららは、「わたしたち、ちょっと似てるね」と言った。ふたりは互いの夢を応援する関係になった。

自分の「歌声」とローズパクトとの取引を拒否したうららの気持ちを知るには、この18話での関係を踏まえる必要がある。
18話のラストにシロップから手渡された「乗車券」が、この回で遂に使われた。空中デートとでも言うべき甘酸っぱいラストシーンだけでも「とても良い」につり合う。

片や。一度はローズパクトを手にしたシビレッタだったが、タコの墨を吹き掛けられ、混乱している間にパクトを手放してしまった。そういえば、ココをタコの姿に変えたのは、そもそもシビレッタではなかったか?
「世界を創造する」という神のごとき能力を持ったシビレッタが、その能力をもってしても結果を出せないどころか、むしろ自分に隙を作ってしまうとは、自業自得とはいえ気の毒になるほどの詰めの甘さw

ぷーざ が記録しました
良い

イベント企画して皆を楽しませ、何より自分たちも楽しむことが出来た。よって、今回のイベント自体は成功でよいとして。
優勝のサグラダファミリア、題材が既に降雨フラグで吹いたw

ローラのうかない表情が気になった。
プリキュア活動に専念して欲しいのか?
あるいは単に、もう少しかまってほしいのか?
どうやら次回に持ち越された模様。きっと大事な話。

ぷーざ が記録しました
とても良い

リアタイにて視聴。
総作画監督はプリキュアでもおなじみの香川さん。もうひとり、作画監督にクレジットされていたのは、横田守さん…って、え!?

「とても良い」は作画に対して。全編手に汗握るバトル描写、このあたりは「ドラゴンボール」も手がけている東映アニメさん、実績のお家芸。
バランの赤く禍々しい原作と異なるカラーリングが、今日のバトル回で特に映えていた様に思う。良キャラデザを再認識。

バトルが多かったこともあり「すごい!」以外に書くことがあまりないけどw、もうひとつだけ。脚本面で、原作の台詞を大胆に修正していたことに気付いた。
テランのフォルケン王が、ふたりの戦いに対して「どちらの竜の騎士様が正しいのかを」選ばなければいけないと言ったシーンが特に印象的。ダイの紋章が拳に移ったことについて、母ソアラの意志とその場の者たちが解釈していたことにも通じる。
バラン編のテーマにも直結する、わかりやすさに好感。

さて、ザオラルのゆくえは…。

ぷーざ が記録しました
普通

本日の朝実況。
男2女1というグループが「大樹の下で永遠の友情を誓う」という、フラグを立てている様にしか見えないシーンw
この懸念がまさに話の中心だった。「この3人が昔のように戻れるように」という動機に全く共感できず。また、このことを気にして、仲直りをプリキュアに頼むエレメントさんにも不自然さを感じた。
いい仲になってしまったほうの男女、ふたりとも指輪が映るシーンがある。この出来事を思い出し、「些細なこと」と評した男にイラッとした。永遠の友情とやらを誓うほど、相手のことをわかっていない。

樹はなくても誓いはできるとばかりに、プリキュアたち3人が友情の誓いをするシーンは前向きでいい。また、いつはウザいバテテモーダが、今回に限っては面白かった。プチョヘンザじゃねえよw
いい話が所々なくはないんだけど、納得できなかった回。

ぷーざ が記録しました
良い

ビブリーは、自分がノワールに騙されていたことを知った。シエルがビブリーのことをずっと気にかけていたので、正気に戻ってくれてうれしい。
ビブリーが仲間になったこと、最後にもう少し意味を持たせてくれるとよかったのだが。

今まで「昔のプリキュアさん」と呼ばれていたルミエルが顔見せに登場。
割烹着いい。服装は和だが街並みは日本ではない、不思議な舞台。

ぷーざ が記録しました
良い

いつきが皆と打ち解け、ファッション部の中で「生徒会長」から「いつき」、あるいは「いつきさん」に変わった回。
「武道もかわいいものも好き」という自分を、皆の前でも表現できるようになり、すこし成長した。

いつきの当番回だけど、えりかが皆をぐいぐい引っ張るリーダーシップも見どころ。
「ファッション部で合宿なんて言っても、結局海に行って遊ぶんだろう?この頃のプリキュアだから、どうせ水着イベントないけどw」などと思ってたら、えりかの仕切りで真面目に部活もやってる。
この回にて遂に、今作の重要イベント「ファッションショー」についての言及。新展開の区切りとしても重要な展開と気付く。

なみなみが登場してた。毎回は出席できないと言っていたなみなみが、合宿には参加できてよかった。
いつも言ってるけど、サブキャラを大事にするのもハトプリのいいところ。

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。
サブタイの通り最後の国王、モンブラン国王を救出する。

衰弱したモンブラン国王を救うことに自信が持てなかったかれんを、こまちがフォローしたシーンがよかった。今回の様に、かれんが特別な状況でなくとも常時フォローしている関係であるという描写もあり。
助言の内容はといえば、「のぞみのように自信を持て」と。この状況で、のぞみが一番光っていた場面の回想は、やはり前作の折り返し回なんだよね。確かにあの回以上のピンチはなかった。わかる。

モンブラン国王がかれんへの感謝を伝えたシーンに好感。
見かけほど衰弱してたわけでもなさそうだったけどw

ぷーざ が記録しました
とても良い

本日の朝実況。

お題は「仲直り」。
良い関係であっても、些細なすれ違いで喧嘩をすることはある。喧嘩をしないことは難しいし、それほど重要でもない。むしろ「仲直り」が大事。このことを伝える為にラテが一肌脱ぎ、珍しく険しい表情をみせたシーンが印象的だった。
はた目にもラビリンが一方的に悪いと思うけど、のどか曰く「ラビリンの気持ちをわかってあげなかった」自分にも非があったと言う。ほんと、なんていい子なんだろう。

仲直り、実はのどかとラビリンの間だけでなく、もうひとつあった。ニャトランとペギタンが、ラベンだるまちゃんのことを「可愛くない」と言ったこと。謝るのもいいけど、どうなんだろう。
作品に対する感想が、多少なりとも人と違うのは当たり前のことと受け入れなければならない。例え親しい者が自分と異なる評価をしていても、それは当たり前のことなんだから、関係に影響するようなことがあってはならないのだ。
…という「推し」論として解釈するのは大げさか?

CMによれば、劇場版ミラクルリープの公開日が決まった頃だった様だ。

ぷーざ が記録しました
とても良い

本日の朝実況。ネタバレあり。
不安にさせる要素が一切ない、「すこやか饅頭」に象徴されるような、とにかく前向きな回だった。こんな回もたまにはいい。

イベント「すこやかフェスティバル」を通して、街の魅力や、秘密が語られる。のどかを元気にしたのは、病気に関わった多くの人々の協力だけでなく、助け合いを是とするこの街、すこやか市からもパワーをもらっていたのではないかと。
街の力と言っても結局はそこに住んでいる人の力であり、人の想いが巡り巡って、プリキュアとなったのどかの強さや正義を構成しているのだと再解釈。

テアティーヌがいつも語りかけていた女神然とした女性の正体、初回放送時から「先代プリキュアではないか?のちのち追加戦士になるのでは?」と予想していたが、それなりに的中していたことがわかった。
竪琴(アースウィンディハープの原形?)を奏でることで、人々のみならず、動物やエレメントにまで癒やしを与えたというフウ。キュアアースとは別人とのことだったけど、本来のシリーズ構成では彼女についてももう少し知ることができたのかも知れない。

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。

ミルクは一緒に戦ってはいたが、その実、独断や単独行動が多かった。
ドリームと力を合わせ、かつてない力を発揮することができたこと。赤い薔薇と青い薔薇の伝説が伝えていたのはまさにこの力で、それを知ったミルクは、ようやく真の「6人目のプリキュア」になれたと言えそう。

今回いつもと様子が違っていたのはもうひとり、それはシロップ。
キュアローズガーデンで、青い薔薇をみた記憶を断片的に取り戻したという。それが何を意味するのかはわからないが、シロップにガーデンとの深いゆかりがあるのは間違いなさそう。
短いシーンだけど、心配そうにシロップに付き添ううららが印象的だった。

ぷーざ が記録しました
良い

夏休みの間、学校からカブを使った仕事の斡旋を受ける。
都立高校普通課出身の自分には、想像もしなかったイベント。

雨が降った時の為に少しお値段のはる雨具を買ったり、バイク屋のおやじの助言通りに(相変わらず、口数少ないが親切なおやじだ)自分でオイル交換できる様になったり。
もちろん、自分の足で稼げるようになったことも。なんとたくましい。たくましいと言えば、雨に向かって「ざまあみろ」と言ったシーンにはクスリとしたw

礼子の行き先「近くて遠い場所」が気になっていたところ。
それがどこかをあえて訊かない距離感がよいとはいえ、そのうち分かるだろうと思っていたら、来週早速知ることができそう。

ぷーざ が記録しました
良い

本日の朝実況。

ひなたがプリキュアとしての自信をなくしたのは、プリキュアになる前からずっと持っていた姉や兄への劣等感という、根の深い問題だった。
そうは言ってもひなたは、キュアスパークルとしてもよくやっている。この点で恥じることなど何もないのだけど、自己肯定はまさに自分の問題だから、他人が解決するのは難しい。ただ、まわりの仲間が背中を押してあげてもいい。
「わたしこう見えても、雷こわかったことないんだから!」そう、その開き直りでよいのだ。意味はよくわからないけどw

空中を移動するメガビョーゲンが見つけられなかった時に、ひなたは「探しても意味ない」と言った。
後ろ向きな発言に見えるがある意味では真実で、やみくもに探すのではなく方法や視点を変えてみればよいのでは?という提案だったとも受け取れる。
こうした、ひなたの合理的な一面からくるひらめきに、のちのち助けられる。

本放送が再開した回が、この様な前向きな回で良かった。
再開と言えば、変身バンクが少し長めだったのもそれと関係している?

ぷーざ が記録しました

レギュラーの中では、真面目なライカが好きですね。そのライカの当番回。ドラゴンの結婚式と聞いたが、ドラゴンの姿のままで酒宴をする世界観がシュールだった。嫌いじゃない。
ブルードラゴンのブレスが電撃でないのは意外だったw

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。
おちゃらけた前編とはうって変わって、緊迫した展開。

先に挑戦した4人は、敵が決めたルールで争った為に負けたという一面がある。一度ゲームを始めてしまった以上は、どんなインチキであれルールへ同意をしたも同然。その点、主導権を手にする為にルールの交渉から始めたかれんはさすが。
「かれんが用意したコインを使う」ことと、「勝った者がローズパクトを手にする」という条件が対等なものだったかはわからない。ミスター・マジックはかれんの条件をあっさり飲んだから、事前に用意されたコインに特にイカサマの仕込みはなかったのかも知れない。

コインが床に落ちるという不測の事態の為に、ミスター・マジックの仕込みが全て無意味になったという、手に汗握る展開は面白かった。
純粋な運否天賦の勝負はかれんの勝利。ここで勝敗は概ね決して、残りの戦闘は消化試合のようなものだった。

前後編を見比べると、スタッフは入れ替えと言っていいほど違う。
前編との作画の違いに、少々違和感はあった。

ぷーざ が記録しました
ぷーざ が記録しました

バイオレンス描写に躊躇がないw

ぷーざ が記録しました
とても良い

リアタイ視聴が出来ず、2日遅れの視聴。
ジャンプコミックス11〜12巻収録分。遂にこの回が来てしまった。悲しいまでに原作通りだった。

ポップが自分の生命を犠牲にしたバランへの攻撃は、勝算のない特攻だったのか?そんなことはない。メガンテは、竜闘気に対抗出来る唯一の手段だった。
生命を犠牲とした行動に冷静でいられる者などいないだろうし(いや、アバンは意外と冷静だったかも…)、どんな物にも生命とつり合う価値などあるはずもないが、竜闘気を貫くほどのエネルギーを生むことができる手札として、冷静な分析として選ばれた節がある。
可能な限り多くの手札をもち、戦況を俯瞰し、必要ならば躊躇わずに手札を切る心得は、マトリフ師匠の教えだったかも知れないと想像。

生命を捨ててまで、バランを止めなければいけなかった。ポップを突き動かした狂おしいほどの動機は、もちろん本人の口からも語られている。人の未来の為、勇者の為に死ぬことが「カッコイイ」とも言っていたが、もちろん本心ではなかろう。(こんな状況でも軽口を叩くポップ)
ダイの溢れんばかりの勇気が、「いつも逃げ回って、強えヤツにペコペコして」いた自分を変え、ダイほどではないにしても、勇気を振り絞ることができる様になった。ダイが自分を変えたことに、生命以上の価値があったと言っている。
決して感情によって選ばれた行動ではなく、竜魔人に効く攻撃だったことに加えて、動機の面でも本質的に論理的な選択だったことがわかる。言い換えれば、昂ぶっていようがいまいが、同じ状況ならば何度でも同じ行動を選んだであろうということ。

これらを支えていたのは、ご自身もダイ大のファンであったという豊永さんの熱演である。
放送前、ポップ役を任されて真っ先に想像した未来は、恐らくこのメガンテ回だったことだろうと察するがどうだろう。

この30話に起きた出来事は他にもたくさんあるが、それらは次回以降に触れることにする。何を書いても蛇足になりそう。

ぷーざ が記録しました
ぷーざ が記録しました
良い

本日の朝実況。ネタバレあり。
前回のヌートリア捕食の伏線が早速回収され、新たなテラビョーゲン、バテテモーダが登場。

バテテモーダ、とにかくウザイ。初見では全く好きになれなかったが、好きになれない悪役は、ある意味よい悪役ではある。
戦うのが楽しいと言ったバテテモーダに対し、この発言をきっかけに強い嫌悪感が常時表情に現れるようになるキュアグレース。「この汚物」とでも言いたげな表情、心底嫌っているのがよくわかる。おれも嫌いだしw
この溜飲は、後の回でキュアアースにスカッと退治されることで下げることにしたい。

ひなたの不安そうな表情と、「プリキュアを辞める」とも受け取れる問題発言を含む次回予告で、本放送は一旦中断されたことを思い出す。
なんという間の悪さ。

ぷーざ が記録しました
とても良い

本日の夜実況。
伝説的なカオス回、ファイブDEチャンス!の前編。

ノリノリのミスター・マジック氏と、くだらない罠にはまるプリキュアたちの変顔に笑いが止まらない。ギャグのキレがこの回だけ別物という印象。
そんなギャグ回かと思えば、ミルクが出場を辞退するかれんとのやりとりはちょっといい話だし、作画もとてもいい。

もともと好きな回だったけど、隠れた良回だったと知った。

ぷーざ が記録しました
とても良い

ネタバレあり。
やる気を奪われたシチュエーションに、プリアラ17話を思い出した。

ジュリオにキラキラルを奪われ、変身出来なくなったいちかだったが、奪われたキラキラルを取り戻すことなく、ペコリンと共にキラキラルを生み出し復活。その時の台詞が、同作屈指の名言「いちか印のキラキラルに、賞味期限はないのだ」。
そう言えばスタプリにも、最終局面に自らイマジネーションを生み出す展開があった。プリキュアたるもの、たとえモチベーション的なものを敵に奪われても、自力で生み出すことが出来なければいけないということか。

ローラがアクアポットを探すシーンもよかった。あのいつもツンツンしてるローラが、まなつの為に臭いのを我慢してた。
EDで久々に成田良美の名前を見つけ、今回のまとまりの良さにも納得。もっとも、いつもの成田さんとは少し違う気もした。

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。
ナッツハウスに皆が集まることが少なくなったという。物語が終わりに近づいていることを象徴しているかの様。

サブタイにもある、ブンビーさんの「衝撃発言」。全然意味分からないし、突っ込まれたら逆ギレするしw
プリキュアのリーダーはのぞみというメンバーの合意は、最初からありましたよね。

アナコンディさんのチョロさとか、報告書がゴミ箱に捨てられているシーンに吹いた。

ぷーざ が記録しました
良い

1年の山ごもりを経て、飛鳥は「天狗」と呼ばれるようになっていた。
長い葛藤を経てようやくヤクザと縁を切ったのかと思えば、結局ヤクザと戦わされていることに、宿命を感じずにはいられないw
以下、山ごもりを経て「天狗」に昇格した空手家の教え。

- 得物を持って切り掛かってくるヤクザは、空手でぶちのめしていい。
- 但し、逃げるヤクザを追ってはいけない。それも空手。
- ヤクザはきっと仕返しに来る。再びぶちのめす日の為に備えなければいけない。それも空手。

次回、自然石割りに挑戦。「もはや人間に敵はいない」とでも言いたげな目標設定にも目が離せない。

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。
クレープ王女は本人にはっきりと言われるまでもなく、小々田の気持ちを察していたみたい。ババロア同様元気に帰ってはいったけど、ほろ苦い別れ。

小々田はのぞみと一緒に居たいと、はっきりと言った。しかも本人ではない相手に。
そののぞみは、随分勉強しているなと感じた。質問の程度が以前より格段に高くなっている。前作のラストで、教師になりたいと言っていたのは伊達じゃない。

増子が久々に本編に登場。
居るとうるさくても、しばらく見ないと寂しいもんだなぁと思ったw

ぷーざ が記録しました

完走出来るか不安になってきましたw

ぷーざ が記録しました
良い

本日の夜実況。

うららクラスメイト、よしみちゃん。うららにとって、プリキュア以外では数少ない友達のひとりでもある。
そのよしみちゃんの、家業のカレー屋さんが閉店の危機と知り、カレー好きとしては黙っていられないうららだった。最初は二人でがんばってみると言っていたところに、結局プリキュアたち全員が集まってきてしまう。ここ一番面白いw

最初に手を貸したのはシロップだった。今日はシロうら回ではないけど、その後もシロうらのふたりが仲が良いのがわかっていい。
シロップに限らず、今日はみんな暖かい。

ところで、よしみちゃんって成田さんのことだよね、やっぱりw

ぷーざ が記録しました
普通

ネタバレあり。

アテナに「ピクニックに誘われた」というアリス。
この作品を途中から観ているのでなければ、視聴者はピクニックへの招待が「昇格試験」を意味していることを当然知っている。もちろん灯里や藍華も同様で、練習仲間でもある親友にその機会が訪れたことを喜んでいる。
また、鳴り物入りでオレンジぷらねっとに入社した天才少女アリスが、今さらシングルの昇格試験ごときに落第するとは誰も思っていない。それは恐らくアテナも同様で、たとえ実際には試験であっても本当にピクニックとしても楽しんでしまおうという意図もみえてくる。

試験を楽しみにしているアリスが本当に微笑ましく、このようなアリスが観られるのは眼福だが、楽しい気分を一気に落胆させる出来事が起きる。
アテナの記憶喪失のふりにお茶目なところもなくもないけど、意図を知った上ではやはり、照れ隠しの度を過ぎている気がする。本来一番謝らなければいけないアリスをむしろ悲しませ、そうと知りつつ茶番を続けたことにも感心しない。

さて、この回は本当に評価が難しい。
次回はARIA全話で最高の神回と思っている回。この回にはその前日譚という一面がある。

ぷーざ が記録しました
良い

前から観たかったやつ。
ほんとに生き生きとしてますね。うれしいです。

尺がみじかいので、ちょっとした時間にも観られますね。