メガロボクス
高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

メガロボクス

673
視聴者数
93.93%
満足度
323
評価数

基本情報

タイトル (かな)
めがろぼくす
タイトル (英)
Megalo Box
メディア
TV
リリース時期
公式サイト
公式Twitter
ハッシュタグ
しょぼいカレンダー
MyAnimeList

シェア

あらすじ

とどまるか、抗うか―
あしたを、選べ。

肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技―「メガロボクス」にすべてを賭ける男たちの熱い闘いがはじまる!

今日も未認可地区の賭け試合のリングに立つメガロボクサー“ジャンクドッグ”。実力はありながらも八百長試合で稼ぐしか生きる術のない自分の“現在(いま)”に苛立っていた。
だが、孤高のチャンピオン・勇利と出会い、メガロボクサーとして、男として、自分の“現在(いま)”に挑んでいく―。

引用元: http://megalobox.com/introduction.html

スタッフ

動画サービス

評価
映像
普通
音楽
普通
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
普通

「美男だけ」か「美少女だけ」がトレンドになりつつあるアニメ回に(ボクシングだけに)殴り込んできた泥臭いむせるアニメ。

「近未来、機械のプロテクター『ギア』を装着したボクサーの戦い『メガロボクス』が人気を博していた」という設定をハナから捨てるような、ジョーの「あえてギア無しでリングに上がり注目を集める」という設定がそもそも不満。
「ジョーの『ギアレス』設定から逆算して『メガロボクス』という舞台を作った」ようにしか見えないし、生身(=ジョー)に負けるメガロボクサーの格を間接的に落としている。
そもそも各選手のギアも「肉体の延長」でしかなく、ギアを付けたメガロボクスと我々の知るボクシングの違いが見いだせない。
もっと生身では出来ない、ギアだからこその超人的な動きや、「4本腕」など人体を逸脱したギアを見てみたかった。これなら一昨年の『アトム・ザ・ビギニング』の方がメガロボクス感がある。
「メガロボクスにあえて生身で出場して注目度を稼ぐ」という南部の意見は理にかなっているのだが、理にかなっていることと面白いことは別の話だ。

ストーリーは面白い部分もあり、南部の「立つんだ、ジョー!」のオマージュには燃えるものもあったが、
全体で見ると時間配分が歪で、サブキャラのアラガキや樹生のエピソードや、リング外のドラマに時間を取りすぎている印象。
ボクシングシーンはその割りを食ったのか淡白で見応えがなく、最終戦の勇利vsジョー戦も全然燃えない。
白都製の最新ギアを捨てて、勇利が生身でジョーとの決着を望む展開にも疑問符。
それ、メガロボクスじゃないじゃん。ただのボクシングじゃん。

先にも述べたとおり、ボクシングシーンは派手な動きもなく、ジョーが敵のパンチを耐えてカウンターで決めるパターンの一辺倒。
ボクシングアニメでボクシングがつまらないというのはダメでしょう。

「ギアの設定要る?」の一言に尽きるガッカリ作品。見どころもあっただけにもったいなかったな。

評価
映像
良い
音楽
良い
ストーリー
良い
キャラクター
とても良い
全体
とても良い

いいねえ

評価
映像
とても良い
音楽
良い
ストーリー
とても良い
キャラクター
良い
全体
良い

勇利戦まではどうせ勝ち進むだろうと高を括り、自らイカサマフィルターを通して試合を観ていました。
しかし、決勝戦は正にホンモノの試合。
久しぶりに熱くなれた良アニメだと思います。
未視聴の方は一度騙されたと思って観てみるといいですよ。

評価
映像
普通
音楽
とても良い
ストーリー
普通
キャラクター
普通
全体
良い

あっさり終わった感あるけど、変に盛り上がるよりもこれぐらいの方が好み。

評価
映像
とても良い
音楽
とても良い
ストーリー
良い
キャラクター
良い
全体
とても良い

かっこよかったです。最後は若干物足りなかった気がするものの、とにかく音楽が抜群にかっこよく、エンディング曲は浮くかなーと思ったけど全然そんなことはなく。舞台を荒廃した近未来(?)にするというアイディアが素晴らしかったと思います。

その日を全力で生きているか、明日のために今何をするのか。
ボクシングを通して(特に決勝戦)、今この瞬間に全力を出す幸せ。
そういったものが伝わってくるアニメだった。

統計

Watchers

Status