花咲くいろはをすこれ

サービス開始日: 2019-03-11 (794日目)

視聴状況

お気に入りのキャラ

グレイ
ロード・エルメロイII世の事件簿
竈門禰豆子
鬼滅の刃
古手川千紗
ぐらんぶる
矢工部キノ
川柳少女

お気に入りのスタッフ

梶浦由記
14作品見た
240 が記録しました
評価
全体
良い

※原作未読です。
2期単体で見ると何ともしまりが悪い感じがしてしまうのがもったいないと感じた。
遠征艇の防衛、1期から続くランク戦がメインだったが、どちらも1期を受けての内容だし、これで終わりというわけではなく先へとつながりのありそうなストーリーだし...
ヒュースが加わってからの玉狛第二のランク戦(せめて遠征部隊入りできるのかまで)描き切って欲しかったという印象。3期が待たれる。

240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
評価
全体
普通

テレビ版で視聴した。
復讐するという強い意思で生きていくケアルガのダークヒーロー感に惹かれたし、そこは一貫していてよかった。
エロ要素モリモリなのに規制ゴリゴリだったので規制入りまくるテレビ版やる必要あったんか?というのが正直なところ。

240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
残り1件の記録を見る
240 がステータスを変更しました
見たい
240 がステータスを変更しました
見てる
見てる
240 がステータスを変更しました
見たい
見たい
残り5件のステータス変更を見る
240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
評価
全体
良い

戦闘シーンを期待していたため、ヒナタサカグチとの戦闘は燃えたが他は何とも微妙な印象を受けた。神之怒での蹂躙が特に簡素に感じてしまった。
魔王になって仲間を生き返らせるのが今クールのメインだったので仕方ないが、今後あるであろう魔王としての戦いに期待したい。ヴェルドラの復活やカリオンと何やらありそうなミリムが戦闘形態をお披露目したりと楽しみが尽きない。
ディアブロが声優・見た目も相まって良すぎるので今後の出番が待たれる。
OP・EDどちらも良かった。特にED映像のミリム・シオンに挟まれてるのが好き。
戦闘を期待していたので肩透かしみたいになったが、正味良かった。

240 が記録しました
240 が記録しました
評価
全体
普通

前半終わっての感想だが、FINALを謳っておきながら半年以上間が空くのは非常にがっかり
これが4期で次がファイナルとかは駄目だったんか?
主題歌については、今までのシーズンと本編の性質が打って変わっているからリンホラではないのは構わないが、OPうまぶってる感じがして個人的にはなんだかなぁって感じ
前半ラストについても、ジークのリヴァイ巻き込み雷槍で終わっておいた方が引きとしては良かったのではないだろうか?
中途半端に分割して勢いが途切れて謎に失速する感が否めず、このクールだけだと評価としては微妙

240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
評価
全体
良い

漫画きっかけで気になっていた作品がアニメ化したので視聴したが、原作も読みたいなと思えるものだった。
4話での友崎の熱弁がまず熱かったし、11話で10話までの世界観を揺るがすような出来事が起こって衝撃を受けた(12話で持ち直したが)。
OP,EDもキャッチーでOPは日常的に口ずさむほど。
ヒロインも素晴らしく、最初は優鈴がいいなと思っていたが菊池さんが天使過ぎて改心した
是非2期を放送してほしい

240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
見てる
240 が記録しました
240 が記録しました
評価
全体
良い

2クールだったが、ダレることなく最後まで楽しんで見れた。
特にななみんvs真人戦は熱かった。提示過ぎてネクタイ緩めるところイケメンすぎる。
主題歌が1,2クール共に良かったのも好印象。
作画も安定しており、今後が気になる伏線もたくさん残っているため発表された映画やあるかは分からないが2期に期待したい。
じゅじゅさんぽも本編とメリハリがついてて好き。

240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
評価
全体
普通

鬼やハウスの追手から逃げつつ生活するシリアスさだけではなく、邪血や鬼の退化といった「なぜ鬼が人を食うのか」という部分が徐々に明らかになっていったりと見応えがあった。
OP・EDも素晴らしく、世界観にマッチしていたと思う。
しいて言うなら、展開がやや急であったのが気になった。まず、ペンを頼りにしてきたのはいいのだが都合よく謎のチップが現れてハウスの設計図やラムダ計画の副作用を抑える薬のレシピが手に入るのは流石に無理があり過ぎるのではないか?
また、最終回ラストの駆け足っぷりもすさまじかった。邪血を疎ましく思う貴族鬼が生きたままだったり、ラスト駆け足で謎の竜のような姿の鬼が出てきたり、鬼が攻めてくる口実になりうる食用児を人間世界が特にいざこざもなく受け入れてくれたり、頭に疑問符が浮かびっぱなしだった。
これだったらちゃんと原作読んだ方がいいのかなぁと思った(最終回の駆け足展開は読みたくさせる演出では決してないが)

240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
評価
全体
良い

科学文明が発展してきてvs司帝国という構図で1クール進んできたが、1期に比べて科学的に難しい発明品だったりが増えてきて1期ほど科学要素に興奮することができなかったというのが本音
無血開城を目指していたため、結末が多少見えてしまっていたのも相まって面白みに欠けた

240 がステータスを変更しました
見た
240 が記録しました
240 がステータスを変更しました
一時中断
一時中断
残り1件のステータス変更を見る