Go!プリンセスプリキュア

309
視聴者数
97.63%
満足度
161
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ごーぷりんせすぷりきゅあ
メディア
TV
リリース時期
2015年冬
公式サイト
www.toei-anim.co.jp
ハッシュタグ
#precure
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
3644

シェア

manabu,ももーんサポーター
とても良い

まさかカナタがきっかけになるとは…。
はるはるもカナタにプリンセスになるなと言われれば絶望するしかない。
うまい話のもって行き方だなぁ。
長く引きずらず次回には解決するようでなにより。

0

ラスト近辺でもないのに、1話完結しないのは珍しい。ハルカの心を折るのにカナタが一役買ってしまうなんてよく考えたな。直ぐに復活するだろうけど、次回見逃せない。

0
良い

シャットさん出番だ!と思ったら冒頭のみかーいw
いつもキーが映るラストカットがまさかの真っ黒。はるかの絶望は深い…夢を持ち続けるきっかけになった人に夢を否定されたらなぁ。。
「誰だか知らねえが…」ってことは黒須(クローズ)がカナタに何か植えつけてはるかを絶望させたわけではなさそうね。
てか、次回予告が気になる!返り咲きからのパワーアップか?
(2015/11/1)

0
とても良い

キッツ、、
爽やか黒須くんかっこよかったけどクローズに立ち向かうフローラの絶対諦めない気持ちと夢を大切にする言葉すごくよかった。けど、カナタ様…幼い頃失いかけた夢を支えてくれたカナタの言葉、そこからずっと支えにしてきて他にも応援し合える仲間ができたのにそんなカナタからあんなこと言われたら一番堪えるよ…

0
普通

本日のよる実況。
重大な部分でのネタバレを含む。

自分にとって、プリキュア屈指の良シリーズである姫プリの、唯一納得できない展開がこの回にある。
本放送当時、大変に物議を醸した回である。それにしても評価が難しい。

この回を前後編の前編として考えると、39話という神回の前段として、キュアフローラに挫折と試練を与える役割を持った回になっている。それがどのような試練だったかについては明日の39話で話すとして、まずは、この回が重要であることだけははっきりさせておく。
物議の対象になったカナタのことは、自分は問題にしていない。問題はクローズだが、彼は今回描かれたような行動原理を持ったキャラだっただろうか?

クローズは確かに、元々「正々堂々」というキャラではなく、転生後も大きくは変わってない。かといって、今回のような変化球を好む性格でもなかったというのが、自分のクローズ観。
構成上、はるはるを挫折させる必要は確かにあったが、その役目を今回はカナタが果たしている。今回の茶番はクローズというキャラの格を下げたと思うし、また、そもそもクローズにらしくない行動をさせる必要があったのかも疑問。

0
良い

うーむむ

0
統計
満足度
90.0%
記録数
23
評価数
5
コメント数
6
評価
記録数