幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

ヴィンランド・サガ

720
視聴者数
96.32%
満足度
758
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ゔぃんらんどさが
メディア
TV
リリース時期
2019年夏
放送開始日
2019-07-07
公式サイト
vinlandsaga.jp
公式Twitter
@V_SAGA_ANIME
ハッシュタグ
#VINLAND_SAGA
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5390
MyAnimeList
37521

動画サービス

シェア

良い

もう止まらない…!

0
とても良い

全てを捨てれるスタンスが強さにつながってたが、ここは引けない一線なはず。
守るものができてしまうとこの勝負勝てないぞ。
一方で惨めに打ちひしがれたトルフィンはここが潮時だと悟って、この憎しみの螺旋から抜け出せるか?

0

のーみそドクドク。

0
良い

何者の奴隷ではないように見えるアシェラッドだけど、故郷への愛着は捨てられないみたい。母への想いという行動原則は曲げられない。
アシェラッドの一瞬の表情の変化を見逃さないフローキ。食えない奴。
トルフィンはアシェラッドに見捨てられたショックでボロボロ。ギャーコラ反抗してても認めてもらいたい部分もあったのかな。このまま帰って家族孝行すれば良いのに。

0
良い

御前会議。トルフィンは牢屋行き。故郷のウェールズが襲われることを知るアシェラッドは果たして

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

レイフのおっちゃん…良い人過ぎやしないか。泣けてくる。
確かにトールズも生きていたらヴィンランドを目指したかもなぁ。
サブタイの誤算。アシェラッドでもデーン王のウェールズ侵攻は読めなかったか。
しかも虚を付かれすぎてフローキに表情を見られてしまうとは。
どういう手を打つのやら。

0
とても良い

アシェラッドはスヴェン王がウェールズ侵攻を企てることを想定していなかったと。
史実においてスヴェン1世は戦死したと思ってたのだけど、急死とされている資料が多いようで、戦死とも病死とも取れる感じ。
なので、このヴィンランド・サガではどうなるか。アシェラッドが春までに手を打つ可能性が高いかなと。
というのも、この時期、スヴェン王はイングランド王位に就いて第一次デーン朝を作ったものの、デーン人はアングロサクソン人から嫌われていたため、ブリタニア(ブリテン)の統治体制を固めるのに注力せねばならず、ウェールズに侵攻する余裕はなかったはずで。第一次デーン朝は1年で瓦解している。

レイフはトルフィンにヴィンランドに行くことを促しているけど、すぐにそうはならないだろうなと。ただ、史実のレイフは後にグリーンランドを経て本当にヴィンランドに到達、その後ヴァイキングが入植している。ヴィンランドは「ブドウの土地」の意。今のニューファンドランド付近だとする説が有力。同地は現在では寒すぎてブドウは育たないけど、当時は温暖だったという説がある。また、同地ではヴァイキングの入植を示す遺構が見つかっており、世界遺産となっている。

0
良い

御前の宴が行われ、トルフィンに会いに来るレイフ。
考えるアシェラッド、ヴィンランドへと誘うレイフ。

0
統計
満足度
96.15%
記録数
121
評価数
26
コメント数
8
評価
記録数