Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

Vivy -Fluorite Eye's Song-

731
視聴者数
98.35%
満足度
300
評価数

基本情報

タイトル (かな)
ゔぃゔぃふろーらいとあいずそんぐ
メディア
TV
リリース時期
2021年春
放送開始日
2021-04-03
公式サイト
vivy-portal.com
公式Twitter
@vivy_portal
ハッシュタグ
#ヴィヴィ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5982
MyAnimeList
46095

動画サービス

シェア

良い

世界観はとてもいいおもしろそう、覇権のポテンシャルはあるので頑張って欲しい

0
とても良い

スタッフ陣を見る限り、今期の大本命はこれかな。細かな作画や各キャラクターのアフレコも凄くて、気合が伝わってきた。
AIの感情や権利、人間に対する反逆というテーマを扱う作品はこれまでも結構あったけど、シンギュラリティを控える今のご時世的により盛んになってくるような気がするな。
1話から世界観の見せ方や着地点/次の目的の視聴者への共有もしっかり出来ていて、久しぶりに1話から引力の強いアニメに出逢ったかもしれない。

0
良い

不必要な歴史の改変は厳禁…。

0
とても良い

アニメリゼロしか知らないけど、長月先生らしさが出てる気がする。中盤以降ワクワクした。面白い。
膝を打つトリック、軽妙な会話劇、容赦ない展開……最後、そこまでしなくてもいいじゃん(呆然)

ヴィヴィが選ばれた理由をマツモトが語っていたけれど、やはりヴィヴィは特別な印象。思考(アルゴリズム)に個性があるというか、どこか人間っぽさがある。
ウィットに富んだ会話ができながらも、冷徹なマツモトもいいキャラ。ヴィヴィとマツモト、面白いコンビ。

0
良い

設定はどこかで見たような気がしないでもないが面白そう

0

冒頭部分は、100年後の未来で、
物語は、過去に戻ってのお話?
(冒頭の惨事を回避をしていく)

0
良い

AIが人類に反逆する、なんて物語の世界では使い古されたネタだけど、本作ではヴィヴィに課せられた「歌で皆を幸せにする」使命を「AIを滅ぼす」マツモトの使命に絡ませて、徐々に双方の使命の一致点を探っている点は面白いね

ヴィヴィは心を込めて歌う使命を求められる。けれど、ナビが言うようにヴィヴィは心がないから歌に込めることなんて出来る筈がない。
だというのにヴィヴィにはそれが求められているし、ヴィヴィは優しい心を持っているとモモカは言う
それらの考えは一致しない

AIはたった一つの使命を持つが故に他の使命に順応しない。だからヒーローでも救世主でもない歌姫のヴィヴィはマツモトの使命にすぐには賛同出来ない
それがモモカとの約束、相川議員の「いつか君の歌を聞いてみたいものだ」という台詞がヴィヴィの使命を拡張させ、マツモトの使命との一致点を見いださせる

AIがAIを滅ぼすという展開。未来からやってきたマツモトは何処まで信用できる存在なのか。そしてたった一人で人類の未来のために奮闘することになるヴィヴィにこの使命が任された理由とは
色々と気になる点が多く、そして惹き込まれるような第一話になっていたね
これは意外と面白い作品になってくれるかも

0
とても良い

AIによる反乱のディストピアが絶望感満載だっただけに今のこの平和が不気味でいいな。
テンポよくていい感じ。

0

最適化が過ぎるとAIというより、「エキスパートシステム」じゃね?
ピノキオ(ヴィヴィ)とお付きのコオロギ(マツモト)が超優秀な感じ?
劇中で今になると、上下マスクが取れるのね

2話は録画HDDの不具合で録画できず
ネットで代替します

0

みんな好きそうですねって印象。

0
とても良い

中二病感濃厚なSF系。テーマ的にはコテコテのAIの反乱というやつですが、仏頂面のヴィヴィと小憎たらしいマツモトとの軽妙な掛け合いが良いです。草薙素子ばりのアクションも力はいっている。「目」が何かキーアイテムなのかなんなのか。1時間スペシャルはちょっと困ったがだれるということはない。

0
とても良い

作画がとても綺麗だな
未来のAI反乱を過去に戻って止めるのか~
どんな展開をするのか楽しみ!!

0

Vivy -Fluorite Eyeʼs Song- 第1話。要するに歴史改変ものだけど、タイムトラベルしてやってくる側も、現地時間軸側も、主人公コンビどちらもAIなのが特徴の作品ってことなのかな? とりあえず2話目も見てみよう。

0
とても良い

なんとなく気になってチェックしただけだったのだが、これは思わぬダークホースですな。ロボットの反乱やそれを防ぐための歴史介入はまぁ古典的な題材だけど、現代的な要素も取り入れながらうまく吸収してるし、手堅い構成で安心して見ていられると思わせておいて、最後にそれだけで1話作れそうなネタを惜しげもなく突っ込んで大どんでん返し。これはもう期待せざるを得ない。カドみたいに先細りにならないことを願うw

0
良い

1つのAIに1つの使命のみを与えることで、AIの開発が進み、普及しているという世界。
ニーアランドで議員を助けた時には、使命ではなくても動けていたのは、
マツモトが既に細工していたのか?使命以外でも出来ないことはないのか?それとも人命に関わることだから?

0
manabu,ももーんサポーター
とても良い

これは期待したい。
AIと人間の戦争なんてのはよくあるSFだけども、おもしろそうだ。

プロット的にはターミネーターっぽい。

ヴィヴィとマツモトの考えが逆なだけに、凸凹コンビ感がある。
思ったよりアクション部分も動くなぁ。

0
とても良い

心が痛いやつだった。。。
歌で世界を救う系かと思ったらそれでもなかった。。。
シンプルにストーリーが面白かったです。
あと、福山潤の真骨頂的な喋り芸(笑)
【★★★★☆】

0

「お困りですか?」バイオレンス!
Project=Singularity
100年後からきたおしゃべり福山潤。
AIは人を殺すことに勤勉
ひらっ ひらっ ひらっ
AI命名法
非常事態により立ち入りできたメインステージ
「YESですか?OKですか?」

0

過去に戻る系に強いのはリゼロ作者様様でアニメーションは流石のWITさん、安定感がすごい。今までAIに関して単純な対決系のストーリーしか無かったけど、シンギュラリティ問題や人権問題など、タイムリーな話題をうまく織り交ぜて現実感を持たせるシナリオ力には脱帽しかない。

あとは今度の伏線として、マツモトはなんなのか、なぜ戦闘系ではないヴィヴィにこの役目が与えられたのか、出だしの何かを送信した男の正体など、気になることが多い。続きが気になるなぁ(*´-`)

0
良い

進撃よりこっちを取ったWIT。AIの使命は一つだけしか出来なかった。100年後からきた松本プログラム。キリクマ懐かしい。それぞれの機体は無線通信しないのかね。

0
とても良い

今期SF枠。CM時から面白そうな作品はじまるぞと思って意気揚々と1話視聴。
初っ端から人間が惨殺されているという衝撃シーン。
その100年後の未来を変えるために、AIをなくしてほしいと、AIがAIに頼むというこの矛盾感。
人間を救うことが善なのか、AIをなくしていくことが正しいことなのか。
きっとここから色んな葛藤が出てくるんだろうなあ、ワクワクする。楽しみ。

0

容赦ないタイプの作品。
立て板に水 じゅんじゅんらしい喋り。

時折入るゴリゴリなメカニック描写 ヴィヴィ良き。

0
とても良い

性癖にぴったりハマりました

0
良い

こういうタイムスリップものは伏線回収が気持ちいいし、それだとリゼロの長月先生が関わってるのは期待せざるをえないな
あとマツモトの喋り好き

0
普通

AIの暴走がテーマか。100年というスケール感で物語が進んでいくだろうから、新鮮味があるだろうと期待している。

ただ、やたらヒロインのAIに人間味があるところが気に掛かる。

0
良い

これからって感じ。
期待

0
普通

1,2話同時で区切りがわからなかったので2話も
デカダンスと似たような感想
あっちはアニメの既視感だったけど
こっちは実写映画の既視感かな
面白そうではある

使命以外のことをし始めたことが気になった
これが100年後の反乱の遠因ではないかと思えてくる
細かいけど議員が無傷なのはどうかなと、骨折くらいはしたほうが良かったかな

0
とても良い

これはすごい。さすがリゼロの原作者が脚本担当してるだけある。
AIが主人公というのも新しい気がする。それも最初の自律思考型AI。それ自体が科学技術史上のシンギュラリティ(特異点)になり得る。人格を持つアンドロイドというのは鉄腕アトムからあるわけだけど、そこには現実のコンピュータサイエンスからの連続性を感じさせるものがなかった。その点で、この作品のVivyにはその連続性を現実との壁1枚隔てたぐらいに近く感じさせるものがあって、エポックメイキングではないかと思う。
作画も非常に美麗で、Vivyのビジュアルにも引き込まれる。fluoriteは蛍石。たしかに蛍石のように美しい瞳が印象的だ。

0
良い

このウィルス月面に飛ばさなきゃ…(使命感)

0
良い

100年というタイムスパン、スケールが物語にどう活かされるか楽しみ

0
統計
満足度
97.92%
記録数
211
評価数
72
コメント数
38
評価
記録数